お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

年金の種類や仕組み|公的年金と私的年金の違い、被保険者の違いについて解説!

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

皆さんは「年金」という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。年金=(イコール)公的年金と考えている方も多いはずです。

 

それは日本の公的年金が20歳以上60歳未満のすべての人が加入する義務がある「国民皆保険(こくみんかいほけん)」との特徴を持つからかもしれません。

 

“「世代間での支え合い」の仕組み”(厚労省HPより

 

として機能してきた日本の年金。しかし少子高齢化でそのシステムにひずみが生まれ、年金未納などの問題も出てきています。

 

年金のあり方は、私たちの終活や将来設計にも深く関係しています。そこで今回は、公的年金やそれ以外の年金の種類やシステム、違いに注目して解説します。

公的年金である国民年金と厚生年金のしくみ

年金には公的なもの、私的なものがあります。

 

公的なものは公的年金と呼ばれ、現在働いている世代が保険料を支払い、高齢者など受給対象者の年金給付に充てるシステムが採用されています。先ほどもふれましたが、20歳以上60歳未満のすべての人が加入する義務があります。

 

また公的年金は3つのシステムがあります。その中でも65歳で支給がはじまる老齢基礎年金が一般的にイメージされる「年金」にあたるものです。

1階部分は国民年金、2階部分が厚生年金となる

公的年金は、国民年金と厚生年金に分けられます。

 

国民年金は別名老齢基礎年金ともいい、20歳以上60歳未満のすべての国民が加入するものです。年金の土台になるもので、フリーランスや自営業者、20歳以上の学生などが対象になります。

 

老齢基礎年金の給付を受けるためには、保険料納付済期間と保険料免除期間などを合わせた受給資格期間が10年以上必要です。

 

一方、厚生年金は国民年金に上乗せされて給付される年金をいいます。会社員や公務員の方であれば、給与から天引きされている場合がほとんどです。

 

1階部分の国民年金に加えて給付されるため、2階建て、2階部分の年金と表現されます。会社員や公務員などは老齢基礎年金+老齢厚生年金が給付されることになるわけですね。

平成27年10月まで、2階部分の年金は公務員(共済年金)と会社員で別の制度となっていましたが、現在は厚生年金に一元化されています。

 

老齢厚生年金の給付には条件があり、まず土台である国民年金(老齢基礎年金)の受給条件をクリアしているのが大前提です。加えて、厚生年金の加入者であった期間が1カ月以上あれば、老齢厚生年金が受け取れます。

アルバイト・パート、契約社員でも厚生年金の加入者になり得る

これまでは、厚生年金(社会保険)は、所定労働時間がおおむね週30時間以上の人が対象でした。しかし、平成28年10月より適用範囲が広がっており、従業員501人以上の会社で週20時間以上働く人など条件によって加入対象となります。

 

平成29年4月からは従業員数が500人以下の会社で働く人も、労使合意(労働者と事業主との合意)のもと厚生年金の加入対象者となります。今後もその範囲は広がる予定となっています。

 

加入の条件は次のようなものです。

1週間あたりの所定労働時間が20時間以上である

1カ月あたりの所定内賃金が88,000円以上である

雇用期間の見込みが1年以上

学生ではないこと(ただし、夜間・通信・定時制の学生は対象)

引用元:厚生労働省HPより

いつ、どんなとき?公的年金が受け取れる要件とは

公的年金のシステムは3つあり、一般的な年金にあたる老齢基礎年金は65歳から支給がはじまります。老齢基礎年金以外に受け取れる公的年金は以下となります。

遺族年金

国民年金の国民年金の被保険者であり、一定の条件を満たす人が亡くなったら、その遺族が受け取れる年金のことです。

 

原則として遺族年金は「子のある配偶者(妻または夫)」または「子」、遺族厚生年金は遺族(配偶者や子など)が受け取れます。それぞれ条件は少し異なります。

障害年金

保険料の納付期間などの条件を満たしている加入者が、病気やけがによって障害を持った場合に支給される年金です。

 

国民年金の加入者は障害基礎年金、厚生年金にも加入していると障害基礎年金プラス障害厚生年金が支給されます。障害の程度や加入期間などの条件により支給額などは変わります。

年金の繰下げ、繰上げ受給とは

老齢厚生年金は一定の条件において、支給時期を選ぶことも可能です。それが60歳からの繰上げ受給や受給年齢を後ろ倒しにする繰下げ受給にあたります。

 

繰上げは早い段階で受給できるメリットがありますが、年金総額が減額されるデメリットが出てきます。また、後々の変更はできません。繰下げは受給できる期間が短くなる可能性がありますが、1カ月の支給額が増額されるのが利点です。

 

その他にもそれぞれメリット、デメリットがありますので、個々人の状況に応じて選択する必要が出てきます。

国民年金・厚生年金の対象者である被保険者の種類

年金の加入対象者である被保険者は、3種類に区分されます。

第1号被保険者

国民年金のみに加入

 

20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業者、学生および無職の方とその配偶者(厚生年金保険や共済組合等に加入していない、第3号被保険者でない人)。保険料は自ら支払ったり、免除を受けたりします。

第2号被保険者

国民年金に加え、厚生年金に加入している会社員や公務員など。

 

所得に応じた保険料を、事業主と従業員が折半して納付しています(給与天引きなど)。厚生年金の保険料は収入によって異なるため、受け取れる金額も変わります。収入が高く、加入期間がながければ受け取れる金額は多くなります。

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者(年収130万円未満で、20歳以上60歳未満の人)。

公的年金にプラスできる私的年金の種類とは

国が行う年金である公的年金に対し、任意で加入できる私的年金があります。公的年金に上乗せして行うもので、老後の生活をゆとりあるものにする年金として注目されています。

 

私的年金は確定給付型と確定拠出型に大別されます。

■確定給付型
加入した期間などに応じ、あらかじめ給付額が決まっているタイプ

■確定拠出型
加入者自身が資産を運用するため、運用によって年金支給額が変わるもの

企業年金

会社や団体が責任を負う企業年金です。

確定給付企業年金制度(DB)

日本で最もポピュラーな企業年金制度。

 

実施の主体は会社ですが、生命保険会社・信託会社等が管理し、運用や給付を担う規約型、企業とは別の法人格を持った企業年金基金を設立、企業年金基金が運用・給付を担う基金型が存在します。

確定拠出年金(DC)

会社が掛金を拠出し、加入者(従業員)が運用するしくみです。

 

運用次第で受け取る年金の金額は変わってきます。確定給付型を実施するのが難しい中小企業や離職・転職にも対応しやすいため、徐々に広がりつつあります。企業の掛金に、従業員が掛金をプラスするマッチング拠出も登場。

厚生年金基金

国が行う厚生年金の一部を厚生年金基金が代行し、厚生年金に給付を上乗せして年金の支給を行う制度です。

平成26年4月1日以降、新規設立は認められなくなっているため、DBやDCへの以降が増え、減少する見込み。

個人年金

国民年金基金

自営業者やフリーランスなど国民年金の第1号被保険者が任意で加入する基金です。

 

掛金を納付し、老齢年金として受給する事が可能です。基本的に終身年金で、年金額や掛金額も一定なのが特徴です。1口~複数口加入できます。

 

掛金は、全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税も軽減されます。

iDeCo(個人型確定拠出年金:イデコ)

最近よく耳にするiDeCoは、個人型確定拠出年金のことです。

 

日本に住む20歳以上60歳未満の人なら誰でも申し込める制度です。確定拠出年金法に基づいて実施されており、個人が運用方法をチョイスし、掛金を運用します。運用方法は投資信託や預金などから選べます。

 

積立時、運用時、受取時にそれぞれ税制上の優遇措置があり、節税のメリットが大きいしくみとなっています。

公的年金受給額や現状を知りたいなら

人生には結婚や就職、退職などで状況が変わるタイミングが多数あります。節目節目で自分の年金の状況がどう変わったのか、記憶が曖昧になるケースも少なくありません。これまでの年金記録や、今後受け取る年金の見込額などを知りたいなら、日本年金機構のねんきんネットを利用するのも一案です。

 

また毎年の誕生月には、同機構より「ねんきん定期便」が郵送されてきます。必要な年金情報が記されていますから、確認しておくといいでしょう。ねんきんネットで電子版(PDFファイル)の確認もできます。

まとめ:将来に備えて年金の種類を認識しておこう

国が行う社会保障の1つである公的年金には、国民年金と厚生年金があります。

 

会社員や公務員であれば給与からの天引きであるため、あまり意識することはないかもしれません。しかし将来や第二の人生を豊かに過ごすためには年金の種類を理解しておくことが重要です。

 

自分の年金の今を認識すると、保険の加入や見直しをしたり、iDeCoのように、プラスアルファの資産形成について検討したりする機会にもなります。終活の一環として、まずは年金について学んでいきましょう。

老後のお金や、資産運用について、さらに詳しく知りたい方は→ 『老後のお金、資産運用』記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.