お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

20代前半の私が老後資金作りとしてiDeCoではなく「つみたてNISA」にした理由

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

少し前の20代の方であれば、「若いうちにしっかりと働き年金を収めていれば老後は退職金と年金である程度安心して生活できる。」と思っている方が多く、それが事実でもありました。

 

しかし今はどうでしょうか?

 

退職金は年々減らされ、終身雇用の崩壊、年金受給年齢の引き上げ、金額削減、老後2,000万円問題などなど…

老後、あまりにも不安過ぎる情報だけが飛び込んでくるようになりました。

 

「まだ若いから」
「老後の事なんて分からないよね」
「もっと大人になってから始めよう」

そんなことはもう言ってられる時代ではありません。

 

しかし、今20代前半の私が70代になった時どうなっているかは全く分かりません。

 

今言われているように厳しい老後生活になっているかもしれませんし、もしかすると改革的な何かがあり、何の心配もなく老後を過ごしているかもしれません。

 

あまり期待はできませんが、どっちに転んでも生きていく力を自分でつける必要が今の私達にはあります。

20代の私が始めた、老後資金計画

老後の自分の為に私が始めたこと、それは老後資金を作ることです。

 

もちろん、お金が全てとは言えませんがお金があれば大体の問題を解決することが出来ますしお金がなければ生活すらできなくなります。

ただ、私を含めほとんどの若者は毎月それほど多くない給料から生活費を出しています。

 

毎月頑張って貯金を行っても貯められる金額は多くなく、「老後に2,000万円絶対に貯められるよ」という方がどれほどいるでしょうか?

 

実際に某銀行が行った会社員に対して”老後資金2,000万円貯められると思いますか?”という問いに対して貯められると答えたのは3人に1人だったそうです。

 

つまり3人に2人は貯められないと思っていると言う事です。

私もこの貯められないと思っている人でした。

 

しかし、貯められない!と言っても誰も私のための老後資金をポンとくれる人はいません。

 

なので私は20代前半と言う老後の事は良く分からない今から老後資金を作ることを決め、実際に今も月に12,000円を老後資金のために貯金しています。

 

「え?月に12,000円でいいの?」と思うかもしれませんが今の私の給料と生活費を鑑みて決めた金額です。

私がどのように月々12,000円で老後資金を作ろうとしているのか詳しくお話していきます。

20代の私が老後資金に「iDeCo」ではなく「つみたてNISA」を選んだ理由

株や外貨、投資信託など、「老後資金作り」と検索するとまず出てくるのはiDeCoではないでしょうか?

 

iDeCoは個人確定拠出年金と言われ、私的年金という制度でまさに老後資金を作るための制度です。

しかし、私はiDeCoではなく「つみたてNISA」を選びました。

 

それはどうしてか、お話していきます。

iDeCoとつみたてNISAの違い

どちらを始めるか決めるにあたり、それぞれの違いをまとめました。

つみたてNISA iDeCo
利用期間 20年間 60歳まで
非課税上限額 年間40万まで非課税 職業によって変わる
非課税対象 運用利益 運用利益
積立額全額
受け取り時一定金額非課税
対象商品 国の基準を満たした投資信託 投資信託
定期預金
保険商品
お金を引き出すタイミング いつでも 60歳以降
運用方法 積立 積立

私が注目したのは対象商品とお金を引き出すタイミングです。

 

iDeCoと「つみたてNISA」の違いについては『iDeCo』と『つみたてNISA』の違いを比較?どういう人に向いてるの?で詳しく解説しています。

対象商品

私は老後資金作りで積立NISAを始めるまで投資とは無縁で完全な初心者でした。

 

どんな商品がいいのか、どんな商品があるのかさえ全く分からなかったのです。そのためiDeCoのように投資信託や定期預金、保険商品と言われても良く分からない、調べても…良く分からないと言うのが正直な所だったのです。

 

それに比べて積立NISAは国の基準を満たしたものだけを購入することが出来るというところに強い魅力を感じたのです。

 

iDeCoも「つみたてNISA」も積立であり投資であることに違いはないので、損をする可能性もあると言う事は分かっていたのですが国の基準を満たしたと言うだけでより損をする可能性が低いのでは?と思いました。

 

もちろんこれは私の見解であり、実際にはiDeCoより「つみたてNISA」のほうが損が少ないかどうかはっきりはしていません。

 

しかし、大切なお金を使い老後資金にするのであればより自分の納得する方を選ぶことを強くおすすめします。

お金を引き出すタイミング

私が「つみたてNISA」に決めた一番大きい理由がここです。

  • 「つみたてNISA」はいつでもお金を引き出すことができる
  • iDeCoは60歳以降でなければお金を引き出せない

 

20代前半の私が、60歳のiDeCoのお金を受け取ることが出来るようになるまでの期間、大きい病気や怪我がなく健康に過ごせるか、大きな出費がなく生活できるか分かりません。

 

未来が見えるわけではありませんし確信もありません。

 

iDeCoで老後資金をためていて大きな出費がなく60歳を迎える事が出来ればいいですがもし、60歳になるまでに大きな出費が必要になって貯金では足りずにiDeCoのお金を使いたいと思っても引き出すことが出来ないのです。

 

60歳になるまでにiDeCoのお金を引きだす方法は途中脱退のみとなります。

 

途中脱退でも、要件を満たせば脱退一時金を受け取ることが出来るようですがこの要件がかなり厳しく、積み立てた全額やその時の損益を含めた全額がもらえるわけではありません。

 

iDeCoは60歳になるまで積み立てる事が出来れば大きな利益を得られる可能性が高くなりますが、60歳になるまでに中途脱退をする場合かなりの損を被る可能性がはるかに高くなるのです。

 

それに比べ「つみたてNISA」は、お金を引き出す手続きを行って2~3日すればいつでもお金を受け取ることが出来ます。

 

しかし非課税期間は20年だけでそれ以降は課税対象になりますがいつでもお金を引き出せるという安心感のほうが大きいと思いました。

20代|「つみたてNISA」にメリットを感じた理由

私が40代後半であったり、iDeCoと「つみたてNISA」のどちらにも投資する資金力があればiDeCoも初めていたかもしれません。

 

ただ、私がiDeCoではなく「つみたてNISA」を選んだ理由としては大きく3つ

  • まだ20代前半である事
  • 今後結婚や妊娠、子育てなどお金のかかる出来事が多いことが予想される事
  • 60代まで大きな病気や怪我をせずにいるという自信がなかった事

 

お金が必要!となった時にお金を引き出せる安心感は大きいと思ったのです。

 

お金があるのに引き出せないと思って、やりたいことを極度に我慢する事はしたくないのです。

 

もちろん老後資金作りのために多少の我慢や節約は必要で大切ですが、老後資金のために”今”病気の治療を我慢したり、お金がないから子どもを産むことを我慢したりはしなくないのです。

 

そのため私にはiDeCoではなくいつでもお金を引き出せる「つみたてNISA」を選びました。

iDeCoを始めるタイミング

しかし、iDeCoにはiDeCoの良さがあることは間違いなく、私も私的年金に特化したその部分に魅力を感じています。

 

そのため、「つみたてNISA」の限度額である年間40万円を積み立てる事が出来るようになりそれ以上に投資をしたいと思った場合か40代になった頃iDeCoを始めようと検討しています。

 

子どもが居たとしても40代には大学の終わりが見えているか就職をしているでしょうし、40代以降で大きな病気や怪我をしても今迄の「つみたてNISA」のお金で支払える自信があるからです。

 

それまでは毎月こつこつと「つみたてNISA」を育てることに専念するつもりです。

まとめ

今回のお話はあくまで私の1意見です。

 

積立NISAのいつでもお金を引き出せると言う事に安心して、すぐにお金を引き出してしまうのであれば少額でもiDeCoを始めたほうがいいかもしれません。

 

私には積立NISAがあっていると思いそちらを始めましたが、あなたにはどちらが合うか「つみたてNISA」とiDeCoの違いをまとめた表などを参考にじっくりと考えて老後資金を作り始めてはいかがでしょうか?

老後のお金や、資産運用について、さらに詳しく知りたい方は→ 『老後のお金、資産運用』記事一覧

この記事を書いた人

津々樹 唯
Twitterアカウント→@arusutoro0613
放課後等デイサービス勤務兼WEBライター
料理とお菓子と文鳥が好きな基本引きこもりライター2年目です。
可愛いけど仕事中もかまってちゃんな文鳥2匹に困らされながら毎日を楽しく忙しく過ごしています。

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.