お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

老後に備えて資産運用は必要!関連知識や具体的な対策方法を徹底解説します

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -

「老後に向けて貯金をしたい…」

「資産運用ってどうやるんだろう?」

人生100年時代という言葉を聞くようになり、老後資金について悩んでいませんか?

 

老後に備えて資産形成することの重要性は、より一層増してきています。あなたが何歳であっても、先を見据えた対策をしておいて損はないでしょう。

 

本記事では、老後に向けた資産運用の具体的な方法について紹介します。

老後破産を知っていますか?資産運用しないと大変なことに…

「老後に向けて貯金は大切…だけどどうも実感がわかないな」

何となく資産形成が重要だと知っていても、どのくらい貯金すればいいのか、貯金しないとどうなるのか、イメージできない人もいるでしょう。

 

そこでまず、この章では「老後破産」について見ていきましょう。

 

老後破産とは、名前の通り老後に破産してしまうことで、国から支給される「年金」と「貯蓄」での生活が難しくなり、家計が赤字になった状態を指します。

 

「老後破産なんて、そうそうならないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そうでもありません。

 

総務省統計局のデータによると、老後の年金生活では、可処分所得を消費支出が上回っているのがわかります。

出典:統計局ホームページ/統計Today No.103

可処分所得とは、税金や社会保険料を除いた自由に使えるお金のことです。この金額が消費支出を上回っているため、差額の79,808円は赤字となっています。

 

つまり、貯蓄がない限り生活が成り立たなくなってしまうでしょう…。

 

このように、老後に備えて資産運用を行わなければ、老後破産になることは目に見えています。それゆえに、早い段階から貯金を始めると良いと言われるわけです。

 

なお、老後破産については以下の記事でより詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

当てはまってたらピンチ!老後破産しやすい人の特徴

前章で、老後破産について詳しく紹介しました。

 

老後破産に陥ってしまう原因には数々ありますが、破産しやすい人には一定の特徴があります。

老後破産してしまう人の特徴は、次に当てはまるタイプの人です。

 

  • 住宅ローンの返済負担が大きい
  • 子どもの教育費にお金をかけている
  • 生活レベルが現役時と同じ
  • 老後に想定外の病気で入院・手術があった
  • 夫婦仲の悪化で離婚した
  • 資産に関する相談を誰にもしていない

 

多額の出費がある人は、やはり老後破産しやすい傾向にあります。

 

また、熟年離婚した女性は、専業主婦の期間やバイト・パートの労働期間によっては、受け取れる年金額が少なくなることも。年金だけでは十分に生活できず、老後破産してしまう結果になるのです。

 

お金に関する相談をしてこず、いざ老後になって困ってしまう人もいます。

 

老後破産してしまう人の特徴を見てわかるように、早いうちからお金・貯金に関する知識を身につけ、資産形成することが大切です。

資産運用の前に年金について再確認しよう

ここまで、老後破産は誰にでも起こり得るものであること、資産形成が大切なことを解説しました。中には「資産形成と言われても、年金についても詳しく知らないのに…」という人もいるのではないでしょうか?

 

そこでこの章では、年金について簡単にお話しします。

まず、年金は「公的年金」と「私的年金」の2種類に分けられます。

 

公的年金は、国が管理・運営する年金制度であり、さらに2種類に分けられます。

  1. 国民全員の加入が義務づけられている「国民年金」
  2. 会社員・公務員が国民年金に上乗せする形で加入する「厚生年金」

ですので、会社員であればこの国民年金・厚生年金に必ず加入しています。

 

一方、私的年金は公的年金に上乗せする形で、企業・個人が任意で加入できる年金制度です。

私的年金には、会社・企業が、退職金制度の一環として取り入れている「企業年金」や、個人が任意で加入できる「国民年金基金」や「iDeCo(個人型確定拠出年金)」などがあります。

 

私的年金の加入は必須ではないので、老後に備えてより貯蓄を増やしたい人が加入します。

 

公的年金については、厚生労働省の「いっしょに検証!公的年金」が詳しく解説しているので、より理解を深めたい人は確認しておくといいですね。

 

また、私的年金のiDeCoについては、次の記事が参考になるはずです!

老後資産はいくら必要?

老後に資産をつくるにあたって重要なのが金額ですよね。「結局いくらあれば大丈夫なの?」と思う人もいるでしょう。

 

金融庁の資料によると、不足額が毎月約5万円発生する場合には、老後20年で約1,300万円、30年で約2,000万円の取崩しが必要です。

 

総務省統計局のデータでは、収支差額が79,808円と取り崩しの額は多くなり、20年で約2,000万円、30年で約2,900万円となります。

 

これらの情報から、老後の資産は約1,500万円〜3,000万円ほど必要です。

簡単にできる!老後資産をシミュレーションしよう

前章で、老後に必要な貯蓄について解説しました。

 

中には、「自分たちの経済状況だと、どのくらい貯蓄が必要なのか知りたい」と考える人もいるはずです。その場合は、老後資金をシミュレーションしてみましょう。

 

例えば、JAバンクの老後資金シミュレーションでは、収入金額や支出金額を入力することで、簡単に必要な貯蓄をチェックできます。

大手金融サイトなどで、資産シミュレーションが用意されていることが多いので、気になる方は一度試してみると良いでしょう。

老後に向けた貯金・資産形成の方法

老後の生活を送るためには、多額の貯蓄が必要だと先ほどお話ししました。老後に備えて資産運用するのは、ほぼ必須と言えます。

 

ここでは、今からでもできる資産形成の方法を見ていきましょう。すぐにできる対策が、次の8つです。

  1. 現在の家計状況を確認・見直し
  2. 働けるうちは長く働く
  3. 夫婦であれば共働きする
  4. 住宅ローンはできるだけ早く返済する
  5. 少額でもいいので貯金する
  6. 制度を利用してお得に運用する
  7. 退職金や確定拠出年金は貯蓄する
  8. 健康を維持する

 

まず大切なのが、家計状況をしっかり確認しておくことです。よく聞く話ではありますが、無駄な出費がないかは確認しておきましょう。

節約できる部分はしっかり節約することで、貯金に回せます。

 

また、できるだけ働けるうちは働き、少しでも収入を増やしておくこともおすすめです。住宅ローンは後々に回すと負担が増えることになるため、ボーナスなどでお金に余裕ができたら繰り上げすると良いでしょう。合わせて、少額からでもいいので貯金する習慣をつけると、貯蓄は増えていきます。

 

NISAなどお得な制度を利用して資産運用したり、退職金もできるだけ貯金することを考えておくと良いですね。

 

貯金を考えた際に、お金を増やすことを考える人が多いと思います。貯蓄を増やすことが大切なのはもちろんですが、減らさないことも同じく大切です。

 

病気になると、入院費や手術代などがかかってしまうため、健康維持も資産形成に関わります。

 

以下の記事でも、老後の貯金について詳しく解説していますので、よければ参考にしてみてください!

老後に始めてもOK!おすすめの資産運用方法

老後に備えて、貯金をしようと考えている人は多いと思います。

 

確かに、貯金で資産形成する方法は悪くないのですが、低金利が続く経済状況の中では、投資の方が有効です

 

とは言え、投資は専門的な知識が必要で、ハードルが高いと感じる方もいるでしょう。そこで、おすすめできる投資方法が投資信託による積立です。

 

投資信託で資金を積み立てると、投資のプロが経済市場・企業の運営状況を確認しながら分散投資を行うため、リスクを抑えた投資ができます。

 

投資信託で資産を積み立てるには、「積立投資信託」や「つみたてNISA」といった種類があります。特に、つみたてNISAであれば資産運用で発生した利益が非課税になるため、利益のすべてを再投資に活用可能です。

 

投資信託で資産運用を始めると、銀行預金に比べてお金が増えやすく、資産寿命を延ばせるといったメリットもあります。一方で、状況によっては資産が一時的に目減りする可能性もあるでしょう。しかし、目減りしても一喜一憂せず、長期投資を心がけるのがポイントです。

 

ここまでの内容から「投資信託を始めよう!」と思っても、どの商品を選べばいいのか迷いますよね。次の章で、おすすめの投資信託の選び方を見ていきましょう。

資産運用前に確認!おすすめの投資信託の選び方

投資信託では、さまざまな種類の商品が販売されています。

ここでは、老後の貯蓄を増やすのにおすすめの投資信託の選び方を確認しましょう。それが次の3つです。

  1. 運用コストの低いものを選ぼう
  2. インデックスファンドを選ぼう
  3. 毎月分配型は避けよう

1つずつ説明しますね。

運用コストの低いものを選ぼう

投資信託では、運用するにあたって次のような手数料・コストがかかります。

  • 購入時手数料
  • 運用管理費用
  • 監査報酬
  • 売買委託手数料
  • 信託財産留保額

当然ですが、コストが高くなるほど、資産の運用成績が減ることになります。そのため、運用コストが低いに越したことはありません。

 

どのような費用を自分で負担することになるかは、目論見書などで確認できます。購入前に、しっかりチェックしてから選ぶようにしてくださいね。

インデックスファンドを選ぼう

投資信託には、「インデックスファンド」と「アクティブファンド」という種類があり、選ぶ際はインデックスファンドがおすすめできます。

 

インデックスファンドは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など、あらかじめ定めた指数(インデックス)に連動するのを目標に運用されるファンドです。例えば、日経平均株価のインデックスファンドであれば、日経平均株価が上がると利益が発生し、下がると損失が発生します。

 

一方、アクティブファンドは、あらかじめ決められた指数を上回る運用成果を目標に運用されるファンドです。振れ幅が大きいことから、大きく利益を出したり、損失する可能性があります。

 

そのため、アクティブファンドは運用リスクが高いとも言えるのです。

 

このような特性から、老後のために長期的に貯蓄をつくるなら、インデックスファンドが向いているでしょう。

毎月分配型は避けよう

毎月分配型の投資信託は、1ヵ月ごとに決算を行い、収益等の一部を分配金として毎月分配するファンドです。投資信託の運用を継続しながら、運用成果のみは毎月しっかり受け取りたい方に向いています。

 

しかし、老後に向けて資産運用するのであれば、毎月分配型はあまりおすすめできません。

 

なぜなら、分配金を受け取るよりも発生した利益を再投資した方が、複利によって老後の資産が増えるからです。

 

あくまで、老後に向けた長期投資という点では、毎月分配型のファンドは避けておきたいですね。

まとめ:老後に備えて資産運用は必要!関連知識や具体的な対策方法を徹底解説します

老後の資産運用に関して解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

本記事を通してわかったように、年金だけでの生活では老後破綻になりかねません。老後に備えた資産運用は必須と言えます。

 

家計の見直しや少額の貯蓄は、すぐできる資産形成の方法です。また、「積立投資信託」や「つみたてNISA」は、リスクが低くて投資初心者にもおすすめできる資産運用方法となっています。

 

ぜひこの記事を参考に、今日から老後に向けて対策してみてくださいね!

『無料で取得できる!』終活ガイド検定にチャレンジしてみませんか?

  • 老後に役立つ知識を学びたい
  • 終活を始める前にある程度の土台を作りたい
  • 今持っている資格との、ダブルライセンスとして活用したい
  • セカンドキャリアや再就職を考えている
  • 無料だし、とりあえず取得してみようかな

目的や活用方法はあなた次第!まずは無料で取得できる「終活ガイド検定」にチャレンジしてみませんか?

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお問い合わせください。

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.