0120-111-859

image

終活の相談窓口

ゆうパックで遺骨を送れる?郵便での送骨の方法を解説

トップ > ゆうパックで遺骨を送れる?郵便での送骨の方法を解説

家族の形が多様化する中、お墓の管理も多様化しています。

 

「先祖代々のお墓の管理が難しいと感じている方」「実家が遠くて頻繁にお墓に行けず、自宅近くにお墓を移すことや墓じまいを検討している方」などもいるのではないでしょうか?

 

しかし重い遺骨を運ぶのは体力的に難しかったり、送る場所が複数あったりすると大変ですよね。そこで活用したいのが、ゆうパックで遺骨を送れる「送骨」です。

 

この記事では、送骨についてや、ゆうパックで送る具体的な方法について詳しく解説します。

送骨とは?

送骨とは、配送会社に遺骨を送る依頼をすることです。

などの場合に利用されます。

遺骨を送るのは法律で禁止されてない?

亡くなった方の遺骨を送骨してもいいのか?と心配になる方も多いでしょう。

 

日本の法律では「遺骨を郵送してはいけない」との決まりはなく、通常の荷物と同じ扱いで送れます。

 

送骨についての法律はありませんが、お墓に関する法律は定められているので、送骨に関連するものは確認しておきましょう。一方「墓地、埋葬等に関する法律」では、「埋葬は墓地以外の区域には行ってはならない」「墓の移動は市区町村長の許可が必要」とあります。

送骨した後の埋葬先や、同時にお墓を移動する場合は該当するので、事前に自治体に確認しておくのがおすすめです。

ゆうパック・ヤマト・佐川、送骨に対応している配送業者は?

送骨に対応している大手配送業者は、日本郵便のゆうパックだけです。

 

日本郵便以外にも、ヤマト運輸や佐川急便といった配送業者がありますが、遺骨は対象外となります。理由は、紛失や破損した際に補償や代替えできないからです。遺骨は繊細で、扱いに最新の注意が必要だからでしょう。

 

また位牌や仏壇も同様で、対応していません。

「ゆうパック」での送骨は日本国内のみ可能で、海外へ送ることはできません。ゆうパックを取り扱う日本郵便では、遺骨だけでなく、海外へ位牌を送ることも禁止しているので注意が必要です。

 

海外へ遺骨を送りたい場合は、空港まで自分自身で公共交通機関や自家用車を利用し、輸送は各空港会社のルールに従う必要があります。

送骨する際の手順

遺骨を送骨する際の手順や、準備するものを紹介します。

オンライン通販では、送骨専用の梱包キッドが販売されているので、そちらを利用してもよいでしょう。

準備する梱包材料

遺骨はデリケートです。

送骨の最中、動いて破損したり紛失したりしないため、しっかり梱包材料を準備しましょう。

送骨に必要なもの
  • 骨壺が入る木箱
  • 木箱が入る段ボール
  • ガムテープ
  • 緩衝材(プチプチなど)
あると便利なもの
  • 新聞紙
  • 骨壺が包めるビニール袋
  • タオル

梱包方法

  1. 骨壺の中を確認します。場合によっては湿気で濡れているかもしれないで、梱包する前に風通しのよいところで乾燥させます。
  2. 骨壺の蓋がしっかり閉じるか確認します。少しでも隙間があるとこぼれ落ちる危険性があるので、テープで固定したり新聞紙やビニール袋でくるむとよいでしょう。
  3. 骨壺を木箱に入れ、隙間を緩衝材(プチプチなど)で埋めます。木箱の蓋もしっかりテープで止めましょう。
  4. 骨壺の入った木箱を段ボールに入れます。木箱を緩衝材で包み、隙間があれば緩衝材で埋めます。木箱を包むのは、緩衝材の代わりにタオルを使っても大丈夫です。

ゆうパックでの送骨の手順

しっかり梱包した段ボールに、必要事項を書いたゆうパックの送り状を貼ります。

 

「依頼主」「届け先に住所」の他に重要なのが、品名の欄です。

遺骨と書くのに抵抗があるなら「割物」と書いても問題ありませんが、はっきりと「遺骨」と書いたほうが丁寧に扱ってくれる可能性が上がります。

用意できた荷物は、郵便局へ持ち込むか、自宅に取りに来てもらう集荷サービスも利用できます。

遺骨をゆうパックで送骨するときの料金

ゆうパックで遺骨を送骨するときの料金は、通常のゆうパックの料金と同じです。

で料金が異なります。

料金は郵便局のホームページから計算できますので、重さと大きさを測っておきましょう。

ゆうパックは日付や時間帯の指定ができるので、再配達を防ぐために指定しておくのがおすすめです。

大切な遺骨の送骨にはセキュリティーサービスをつけよう

ゆうパックのセキュリティーサービスとは、引き受けから配達までの過程を記録し、万が一のことがあったとき損害要償額(50万円まで)の範囲内で賠償してくれるサービスです。

遺骨は賠償できるものではありませんが、安心材料として利用してみてもよいでしょう。

 

セキュリティーサービスは、郵便局の窓口から発送するときのみ利用できます。

送骨先で納骨を依頼する場合に必要な書類

送骨先が遠方だったり、高齢で現地まで行くのが難しかったりする場合、寺院や霊園に納骨まで依頼するケースがあります。

納骨を依頼するには、必要な許可証があるので、遺骨と一緒に送りましょう。

埋葬のときに必要な埋葬許可証

埋葬許可証は、遺骨をお墓などの納骨する際必要な書類です。

 

多くの自治体では、「死体埋火葬許可証」として、埋葬と火葬同時に許可する書類として発行されています。

もし無くした場合は、有料で再発行が可能ですが、自治体の保管義務は5年なので注意しましょう。

改葬のときに必要な埋葬証明書と改葬許可証

すでに納骨された遺骨を移動する際に必要なのが、「埋葬証明書」と「改葬許可証」です。

 

「埋葬証明書」は、お墓の管理者から発行してもらいます。

 

各自治体窓口で、埋葬証明書と改葬許可申請を出すと、「改葬許可証」が発行されるので、新しく埋葬するお墓の管理者に、改葬許可証を提出しましょう。

まとめ|ゆうパックを利用して遺骨を送る方法

少子高齢化や核家族化が進み、送骨のサービスを利用する方が増えると予想されます。

 

送骨はゆうパックで郵送でき、しっかり梱包すれば他の荷物と同じ扱いなので、難しくありません。しかし遺骨はデリケートなものなので、送る前にしっかり準備し、郵送中破損しないよう梱包が必要です。

 

大手配送業者で送骨を扱っているのは日本郵便だけで、ヤマト運輸や佐川急便では取り扱っていないので注意しましょう。

*電話でのお問い合わせは10時〜17時(年中無休)

トップへ戻る