お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

『永代供養|戒名の有無』戒名は必要?戒名の由来と構成

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -
人は亡くなった時、この世から仏様のもとへ旅立つために故人へ新たな「名前」をいただきます。

 

これを「戒名」といいます。戒名が持つ意味や宗派によっての違いを理解できないまま故人へ授けてから後悔しないために。今回は戒名にかかる費用と、戒名の必要性についてをご紹介いたします。

そもそも戒名とは?

戒名とは仏様の弟子になった証として故人への名前という意味でおくられるものをいいます。

 

戒名の本来の意味は「出家をして仏門に入った」際に戒律を受ける弟子が生前に与えられるものです。現在では故人が「極楽浄土へ旅立つために仏様の弟子になった」ということから、菩提寺があれば住職から、なければ葬儀社から手配された住職から故人へ戒名として授けていただきます。

宗派によって戒名は呼び方が異なり、浄土真宗・日蓮宗・神道では戒名とは呼ばず、浄土真宗は「法名(ほうみょう)・日蓮宗は「法号(ほうごう)」・神道では戒名と似た意味として「諡(おくりな)」と呼びます。

永代供養と戒名の関係

永代供養とは、お墓を守る継承者がいない場合に寺院や霊園で故人のお骨の管理・供養をしてくれる選択肢のことをいいます。

 

永代供養は故人だけが納骨されたお墓のタイプもありますが、多数の方と一緒に納骨される「合祀墓」に入る場合があるため、故人の戒名は付けることができないのではないかという考えが浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

戒名とは「極楽浄土で穏やかに眠ってほしい」という、故人を弔う思いを秘めています。

 

ですから永代供養の合祀墓だからといって戒名が付けられないということはありません。永代供養にはオプションで戒名が付けられるものがあるので、葬儀会社や僧侶に戒名についての相談をしてみましょう。

合祀墓に入る場合は「墓誌」を作ると戒名とともに没年月日を残すことができます。

仏教では永代供養でも戒名は必要なの?

日本では9割以上で仏教式のお葬式が執り行われています。戒名とは仏の世界へ入ったという証明をする故人の名前です。したがって、仏教式のお葬式は戒名がなければ執り行うことはできません。

 

しかし、宗派によっては戒名という考えではない葬儀方法や、「無宗派葬儀」という場合、俗名(生前の名前)で葬儀を執り行います。このように、仏教式のお葬式ではない場合では戒名という考えはなく、必ずしも必要ではありません。

 

また、戒名を授かるには費用が必要になりますし、故人が戒名を必要としないケースもあります。このような場合は菩提寺や葬儀会社としっかりと話し合い、葬儀を執り行いましょう。

戒名がない場合のデメリット

戒名がないと解決しない問題があります。

 

故人に菩提寺や納骨されるお墓がある場合、条件として戒名がないとお墓に入ることができないことが多いのが現状です。今後も菩提寺や寺院との関係を継続するのならば戒名が必要になるでしょう。また、選択肢として民間墓地や共同墓地への納骨、遺骨を海に撒いてもらう散骨を希望するのであれば戒名が必要はないと考える人もいるようです。

 

いずれにしても戒名の有無は、お葬式のスタイルと納骨場所を左右するということを考えなければいけません。

戒名の種類と位の意味

戒名の一番下には「位号」いう位を表す文字が位牌に書かれています。性別、年齢、地位によって異なりますが、お寺との関係性によっても位号と戒名にかかるお布施の金額によって位号に違いがでることもあります。戒名を決定の際はお布施の金額を含め、僧侶や寺院に必ず確認をしましょう。

・信士(しんじ)・信女(信女)
仏教に対して正しい信仰を持ち、煩悩やけがれのない人に授けられます。
お布施の目安・・・10万~50万円

・居士(こじ)・大姉(だいじ)・大居士(だいこじ)
居士とは出家をせずに修行をする仏教徒を表し男性の仏教徒という意味で、大姉は女性をあらわします。
お布施の目安・・・50万~80万円

・院号
院号は「生前にお寺や寺院を建立するほど貢献した人」という意味を持ち、身分や地位が高く、鉱石のあった人へ与えられます。
お布施の目安・・・100万円~

・院殿号
戒名で最もランクが高く、天皇や身分の高い貴族、武士がつけたといわれています。
お布施の目安・・・100万円以上

戒名の構成について

戒名は一見すると見慣れない漢字が含まれています。戒名はどのような構成になっているのかをまとめてみました。

・院殿号(いんでんごう)・院号(院号)
戒名の一番上に付けます。この院殿号・院号がついている戒名は寺院への寄与や信仰心が深い、社会貢献がなされているとみなされ、最高位にあたる戒名となります。

・道号(どうごう)
戒名のすぐ上に付き、仏教の教えや特が高い方に付けられます。ただし宗派によっては道号がそもそも無い場合があります。

・戒名
道号の下にある2文字が戒名です。戒名は故人の俗名に由来した文字や経典から文字をいただき付けます。戒名には身分の違いはありません。

・位号(いごう)
戒名の一番下に付けられる位号は、「~様」のような表し方になります。男性は「居士・信士」女性は「大姉・信女」となりますが、信仰の深さや社会貢献によって異なる位号が使われる場合もあります。

宗派による戒名の違い

戒名は宗派によって使われる文字と文字数が違います。位牌を見ると故人の信仰していた宗派がわかります。

天台宗 戒名の初めに梵字1文字が入り9文字で構成される
真言宗 戒名の初めに「ア号の梵字」が入り9文字で構成される。(大日如来の仏弟子となったことを表す)
浄土宗 戒名のなかに「誉」の文字が入り梵字1文字を使い、9文字で構成される
浄土真宗 戒名とは呼ばず「法名」と呼ぶ宗派です。法名の前に男性は「釋」女性は「釋尼」となる。6~7文字で構成される
日蓮宗 戒名とは呼ばず「法号」と呼ぶ宗派です。日蓮宗の開祖を表す「日」を上に必ず入れます。男性は「号」を、女性は「妙」を入れ、9文字で構成される
曹洞宗 梵字1文字を使い、9文字で構成される。地方色が豊かで土地ごとに違ってくる
臨済宗 9文字で構成される。戒名の上に「空」を入れる場合がある

戒名をいただく方法は?戒名の相場は?

戒名は生前にいただくこともできますが、一般的には故人のお通夜までに菩提寺の僧侶へお願いします。菩提寺がない場合は葬儀社から紹介してもらったお寺で戒名をいただくことができます。

菩提寺に相談をせず勝手に戒名を付けると菩提寺に納骨することができないことがあるので注意しましょう。

戒名を授かるということは、故人の信仰の深さや菩提寺への貢献度などと関わり、また、そのお寺が決めている金額を「お布施」として寄付するということも含まれています。さらに、宗派の位や地域によって相場が違いますが一般的には20万~となっています。

院号や位によって価格が異なるため、僧侶や葬儀会社としっかり相談をしましょう。

まとめ:『永代供養|戒名の有無』戒名は必要?戒名の由来と構成

戒名に対する考えは人それぞれあり、一概に当てはめることはできません。

 

戒名を授かるには費用が必要ですし位が高くなるとそれだけ価格も上がります。戒名がなくてもお葬式は執り行われますがその際どのような形式で執り行うのかなどの問題が発生します。戒名がない時のデメリットや親族への理解を得ることも考えなければいけません。

 

また、戒名は生前に授かることができます。費用の問題や自分の希望をあらかじめ菩提寺やまわりの親族へ相談をすることで問題なく自分も納得できる戒名を授かることができるでしょう。

お墓
お墓についてさらに知りたい方は→ お墓について関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.