0120-111-859

image

終活の相談窓口

永代供養|仏壇を処分する方法とかかる費用は?開眼供養と閉眼供養とは?

トップ > 永代供養|仏壇を処分する方法とかかる費用は?開眼供養と閉眼供養とは?

独身や子どものいない夫婦(カップル)の場合は、お墓などを管理する子孫がいません。

 

そのため、永代供養を選択する方が増えてきています。その場合、仏壇はどうするべきでしょうか。
今回は、

についてご紹介しています。処分に関する費用も記載していますので、ご参照ください。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 永代供養とは
  • 仏壇とは?仏壇の意味は?
  • 仏壇の魂入れ、開眼供養とは
  • 仏壇を開眼供養している場合は、閉眼供養をする
  • 閉眼供養後の仏壇の処分方法は3パターン
  • 仏壇を処分したら、位牌はどうする?
  • 永代供養にしたときの仏壇の処分にルールはない
  • まとめ

永代供養とは

永代供養とは亡くなった方の供養の方法の1つ。寺院や霊園が供養をすることです。一般的なお墓は、子孫が継承をして供養をしていきます。

しかし、近年では、少子化や未婚率の増加しています。そのため、お墓の継承者がいないことで永代供養を選択する方が増えてきているのです。また、お墓を継承する者がいないことで、今まであったお墓を撤去し(墓じまい)、永代供養を選択する方も増えてきています。

墓じまいについては、墓じまいと改葬~お墓の引っ越し~ にて詳しく解説しておりますのでご覧ください。

しかし、永代供養をするとなると、今ある仏壇はどうしたらよいのかと悩まれる方も多くいらっしゃいます。永代供養の場合に、仏壇は処分すべきなのか見てみましょう。

仏壇とは?仏壇の意味は?

仏壇

まず仏壇とは何かについて理解しておきましょう。仏壇とは2つの意味があります。

これだと、あまりピンと来ないかもしれません…。もうすこしわかりやすく書くと、「家のなかにある小さな寺という意味」と、「ご先祖様の家」という意味があるのです。

 

ご家族の方が亡くなった場合、仏壇に手を合わせて、亡くなった方を思い出しますよね。このように、一般的にはご先祖様の礼拝施設という認識が強くあります。

※この仏壇に対する考え方には、宗教・宗派で違いもありますので、ご了承ください。

位牌には、亡くなった方の戒名、没年月日、俗名そして享年が書かれています。位牌に亡くなった方の魂が宿るとされているのです。この位牌に宿る魂の家となるものが仏壇です。

宗教によっては位牌のない場合もあります。

ご先祖様の家という意味もある仏壇ですが、必ずしもご先祖様の魂が宿っているわけではありません。次で仏壇の開眼供養について見てみましょう。

仏壇の魂入れ、開眼供養とは

お坊さん供養

「魂入れ」「開眼供養」(かいげんくよう、かいがんくよう)という儀式があります。

 

仏壇は、設置すれば自然とご先祖様の魂が宿るわけではありません。僧侶による魂入れ、開眼供養の儀式が必要となるのです。この儀式を経て、ようやくご先祖様の魂が仏壇に宿ります。魂入れ、開眼供養は一般的に次のようなときに行います。

  • 新たに仏壇を設置したとき
  • 引っ越しで仏壇を移動させたとき
  • 魂抜きをしたあと
  • 仏壇の買い替えをしたとき

などです。魂入れ、開眼供養には費用がかかります。一般的な相場は1万円から3万円ほど。僧侶を自宅に呼ぶため、ここからさらにお車代をお支払いする場合も。

 

このように、魂入れ、開眼供養にはお金がかかるため、この儀式を省略するご家庭も近年では増えてきています。

仏壇を開眼供養している場合は、閉眼供養をする

仏壇の開眼供養をしている場合は、その仏壇にすでにご先祖様の魂が宿っていることになります。この場合は、勝手に仏壇を廃棄してしまうと、ご先祖様の魂まで廃棄することになるのです。

 

「魂抜き」、「閉眼供養(へいがんくよう)」をという儀式をする必要があります。

閉眼供養の費用の一般的な相場は、3万円から5万円ほど。開眼供養と同様に、僧侶に来てもらい、儀式を行います。自宅に来てもらうため、お車代が必要になることもありますので、余裕を持って準備しておきましょう。

 

仏壇の開眼供養をしているのかわからない場合もあるかと思います。その場合は、お寺に相談をしてみましょう。また処分についても併せて質問してみるのがおすすめです。

閉眼供養後の仏壇の処分方法は3パターン

閉眼供養の後は、次のような処分方法があります。

地域指定のルールに従って、仏壇を粗大ごみに出すことは違法ではありません。

しかし、粗大ごみに仏壇があると目立ちますので、費用に余裕がある場合は、お寺か仏具店に相談をして引き取ってもらうことをおすすめします。

仏壇をお寺に引き取ってもらう

お寺に引き取ってもらうといっても、どのお寺でも良いわけではありません。

 

基本的には、菩提寺(ぼだいじ)に相談をしてください。菩提寺とは、先祖のお墓がある(あった)お寺のことです。関係の深いお寺であることと、同じ宗教・宗派であるためです。
菩提寺が遠方にある場合は、同じ宗教・宗派のお寺に相談することをおすすめします。

費用は約3万円から7万円ほど。

仏壇を仏具店に引き取ってもらう

仏壇を購入した仏壇店を覚えている場合は、そちらに引き取りを依頼しましょう。

 

自社で購入した仏壇に限って、引き取り費用を安くしている仏具店もあります。購入履歴がわかる書類がある場合は、念のため持参することもおすすめします。

費用は2万円から8万円ほど。

仏壇の大きさで費用が異なります。

仏壇を粗大ごみに出す

地域にもよりますが、費用は1千円から3千円ほどです。ゴミ置き場に粗大ごみとして出す方法と、ゴミ回収センターに持ちこむ方法があります。仏壇が大きくて持ちこみが困難な場合が多いかと思いますので、ゴミ置き場に出すことをおすすめします。

粗大ごみの出し方は地域のルールに従ってください。

仏壇を処分したら、位牌はどうする?

冒頭で仏壇は位牌の家であるとお伝えしましたが、仏壇を処分するとなると位牌はどうしたら良いのでしょう?

閉眼供養後の位牌は、基本的には地域のルールに従いごみとして処分することも可能です。
しかしながらごみとして出すのは忍びない思いや、自治体により仏具の処分が禁止されていることもありますよね。仏壇処分後の位牌の扱いについては、次の方法があげられます。

詳しく解説していきましょう。

位牌は残して供養を続ける

仏壇を処分したからといって、必ずしも位牌も処分する必要はありません。

位牌を手元に置いて引き続き供養を行いたい場合は、目線より上の位置になる棚の上などに位牌を祀り、ご供養を続けてください。

位牌のお焚き上げをしてもらう

位牌を処分したい場合は、お寺にお焚き上げをお願いします。

閉眼供養をお願いしたお寺や仏壇を引き取ってもらう仏具店に、位牌のお焚き上げについても相談してみましょう。また、位牌のお焚き上げだけをお願いできるお寺もあります。必要に応じて相談してみましょう。

費用は5千円ほど。(参考:實相院 大乘寺

位牌も永代供養をしてもらう

位牌もお墓と同様に、寺院や霊園に永代供養をしてもらう方法があります。

こちらについても閉眼供養をお願いしたお寺や永代供養をお願いしたお寺に、位牌の永代供養もお願いできないか相談してみましょう。もちろん、位牌の永代供養だけをお願いできるお寺もあります。

 

注意点としては、永代供養といっても一定期間位牌を安置したのちに、お焚き上げが行われるのが一般的です。 また費用についても、年間管理料などの費用が必要なお寺もありますので、お願いするときは確認するようにしましょう。

費用は3万円ほど。(参考:宝徳寺

永代供養にしたときの仏壇の処分にルールはない

さて、ここまで仏壇の処分方法についてご紹介してきました。確かに、子どもがいないなどの理由でお墓の継承者がいない場合や永代供養を選択した場合は、仏壇も手放すことが多いです。

 

しかし、必ずしも仏壇を処分しなければいけないわけではありません。開眼供養をしているか否かに関わらず、仏壇があることで手を合わせ、故人を思いだし、想いを寄せることができます。スペースに問題がない場合は、仏壇は残しておいても良いかもしれません。

また、後にトラブルとならないように、仏壇を処分する場合は、よく家族で話し合うことをおすすめします。

まとめ

近年は少子化や未婚率の増加しています。子孫がいないことで、お墓の継承者がおらず不安を感じる方も少なくありません。そのため、永代供養が注目を集めているのです。永代供養は今後もさらに増えていくことでしょう。また、それに伴い、仏壇の閉眼供養も増えると予想されます。

 

開眼供養をして仏壇にご先祖様の魂が宿っている場合は、お金はかかりますが、しっかりと閉眼供養をした後に処分をしたほうが安心です。仏壇を処分するのは、申し訳ない気持ちがあるかもしれませんが、手を合わせて事情を説明すればご先祖様も理解してくれるはず。たとえ仏壇がなくなっても、故人に想いを寄せることは忘れないようにしたいですね。

お墓
永代供養についてさらに知りたい方は→ お墓について関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る