お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

ペットと同じお墓に入りたい|お墓選びのポイント

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

少し前までは、自宅で飼っている犬や猫が亡くなったら、亡骸は家の庭に埋めるか、ペット霊園など専用の埋葬施設に遺骨を管理してもらうのが一般的でした。

 

しかし最近、日本では子どもの数より飼育されているペットの数の方が多くなっており、単なる愛玩動物=ペットから、家族、一緒に暮らす伴侶動物という感覚を多くの人が持つようになっています。それとともに、ペットと同じお墓に入りたいと願う人が増加していますが、実際にところ、どこの霊園や墓地でも一緒に入れるというわけではありません。

 

では、どういうところならペットと一緒のお墓に入れるのか、ご説明しましょう。

宗教上、ペットは不可のお墓がある

一般的に、人間の遺骨を埋葬する際には「墓地埋葬等に関する法律」に従って、埋葬、供養されます。この法律には墓地以外の場所に遺骨を埋めてはいけないなどということが規定されていますが、ペットと一緒に埋葬してはいけないという決まりはありません。

 

ペットと一緒のお墓に入ることがダメというのは、ほとんどの場合宗教上の理由からということが多いのです。つまり墓地や霊園自体が、ペットと一緒にお墓に入ることを禁止しているケースです。

 

仏教では、命のあるものがその世の業によって赴く六種の世界「六道」があり、輪廻転生で生死を繰り返し地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道のいずれかに行くと言われます。そして人間以外の動物は「畜生」に分類されます。人間よりも下位であり、生前に悪い行いをした者がこの「畜生」に生まれ変わるという考え方です。

 

これに基づいて、ペットを人と一緒に埋葬してはいけないと考える墓地や霊園が多いのが実情です。

現在、ペットと同じお墓に入れるところも増えてきた

これまではペットと同じお墓に入ることはなかなか難しく、ペット霊園などに遺骨を預けて供養してもらうという方法しかなかったのですが、最近のペットブームを受けて、一緒に入れるお墓をアピールしているところも多くなっています。

 

次のところでは、ペットと一緒に埋葬というところが増えています。

一般墓

一般のお寺や霊園などでも、ペットを受け入れるところが。公設の霊園では一部でOK、さらに一般のお寺でもペットと一緒に入れることをアピールしているところが見られるようになっています。しかし、本当に同じお墓に入れる場合と、同じ敷地内のペット専用の供養施設にペットの遺骨を安置するところなど、実態はさまざま。

 

ペットと一緒のお墓を考えるなら、どのような方法で可能なのか事前に確認しましょう。お寺によっては、墓石にペットの名前を刻んで文字通り同じお墓に入れるようになっているなど、最近のペットに対する人の思いに応えるところも出てきています。

樹木葬

最近、ニーズが高まっているのがこの樹木葬。

 

霊園やお寺の敷地内に遺骨を埋葬し、側に木を植えたのが始まりでしたが、現在は、木々や花を植えた庭園の中に埋葬場所をつくっているところの方が多くなっています。それぞれ千差万別ですが、遺骨を1体しか埋葬できないところから何体までOKというところまで、いろいろあります。

 

その中でペットも同じところに埋葬できる樹木葬も増えてきています。

納骨堂

お墓の維持管理をしなくてもいいのに加えて、お参りの気軽さから人気なのが、納骨堂です。仏壇が並んだお墓のマンションのような印象で、屋内にあるものが多いようです。

 

ペットも一緒に遺骨を安置できるところ増えているので、そういうところなら安心しておまかせできますね。

ペットと一緒に入れるお墓を選ぶポイント

実際に選ぶ際には、次の4点を確認しましょう。

同じところに納骨されるか

まず初めに確認したいのは、実際に納骨されるところが同じかどうかです。

 

ここのところ、ペットと一緒の埋葬を望む方が増えていることもあって、「ペットと同じところに納骨」をアピールしているところは多いのですが、その全てがペットと同じところに納骨されるのではなく、同じ敷地内にペット専用のお墓を用意していて、「ペットと近くにいられます」という場合もあります。

 

ペットと同じお墓への納骨を望む方であれば、同じ境内でも離れてしまっては意味がないですね。そうならないためにも、同じところに納骨できるのか確認しましょう。

ペットを先に納骨できるか

ペットの種類によっては寿命が変わってきますが、長生きしたとしても、人間よりも長く生きるペットは少ないでしょう。

 

通常は人が、大切なペットの最期を見届けて、先にその遺骨を埋葬することがほとんど。その際に、人間の遺骨が入っていないとペットの遺骨は納骨できないと、自分が亡くなるまでペットの遺骨を手元に置いておくことが必要になってきます。それではペットも安らかに眠れないと思う方もいるのでは。

 

そういう思いを解消するためにも、自分が生きているうちに購入でき、ペットの遺骨を先に納骨できるかは重要。

事前に確かめてから契約しましょう。

お参りに行きやすいところか

やはり頻繁にではないにしても、命日などにお参りできる場所であることは大事。なかなか行けないのでは、せっかくペットとの同じお墓でも先に納骨したペットが寂しがってしまうかも。また自分が亡き後に、家族がお墓参りに来やすいということは大事なポイントです。

 

その他、施設内の清掃や管理は行き届いているのか、駅からのアクセスがいい場所か、管理者やスタッフの方の対応は良いかなどの基本的な点は、購入前に見学に行き、自分の目で確認しておきましょう。

費用面はどうか

何度も購入することがないものですが、費用面はきちんとチェックしましょう。広告などに「ペットと入れるお墓 00万円から」というような文面が書かれていますが、本当にそれだけか、他に管理費や会費などがかからないかをしっかりチェックしましょう。

 

ペットと一緒にということになると、人一人にかかる費用に加えて、いくらかプラスの費用が必要になるでしょう。全てを含めて、総費用にどのぐらいかかるのかを事前に確かめておきましょう。

 

また生前に購入した場合、年会費など別途料金が必要な場合も。会費もまとめて数十年分支払えば、それが永代供養になるものもあります。費用はどういう形態なのか、説明を聞いて、十分に納得してから購入するようにしましょう。

まとめ:ペットと同じお墓に入りたい|お墓選びのポイント

ペットを家族ととらえている方が多くなり、同じお墓に入りたいと願うケースが増える傾向にあります。

 

宗教上の理由などで同じお墓に埋葬できないところもありますが、最近は「同じお墓に入れる」ことをアピールする墓地や霊園も増えてきています。一般の墓地より樹木葬や納骨堂などの方が、ペット可能なところが多い傾向に。ただし、本当に同じところに埋葬されるか、ペットを先に埋葬することができるかなどを事前にしっかり確認しましょう。

 

さらに費用も埋葬以外にどんな料金が必要か、年会費などを支払わないといけないのかなど、よく確かめてから契約するようにしたいものですね。

番外編:ペットと一緒に終活をはじめてみてはいかがでしょうか?

ペットの終活は、限りある命を意識し、ペットと人が今という時間をより有意義に幸せに過ごすために欠かせないもの。

それは自分のためでもあり、ペットのためでもあります。

 

いつか必ずくるお別れの日に、後悔を残さないためにも、ペットと飼い主、どちらが先に旅立っても対応できるように、しっかりと準備しておきたいものです。

『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.