お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

【永代供養の生前申し込み】予約方法や手続きの注意点を徹底解説

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

近年、血縁者がお墓を管理をすることが難しいという人が急激に増えました。

 

その為、自分が生きているうちに永代供養を生前申し込みしたいと考える人が多くなっています。

生前申し込みとは

生前申し込みとは、読んで字のごとく、生前に申し込みをすることです。

現在、存命の方が自分の死後に葬儀や供養について申し込むことを言います。

永代供養の生前申し込みをすることで、自分の死後の周囲への負担を軽減できますし自分の希望通りに供養・納骨してもらうことができます。

 

今回は、終活の一環となる永代供養の生前申し込みをする人たちについて説明したのちに、申し込み方法や手続きの注意点をお伝えしていきます。

永代供養の生前申し込みをする人ってどんな人?

人気が高まる永代供養ですが生前の申し込みをするのは、どのような人が多いのでしょうか。理由は色々ありますが一般的に以下のような方が多いようです。

  1. お墓の管理をしてくれる家族がいない人
  2. 遺された家族はいるが、お墓の管理が難しい人
  3. お墓という制度に疑問を感じ始める場合   など

一番多いのは「お墓の管理をしてくれる家族がいない人」「残された家族はいるが、お墓の管理が難しい人」です。少子高齢化や未婚が増えたことで「お墓の管理をしてくれる人がいない」「子孫がいない」といった人の増加が社会問題にもなりつつあります。

 

続いて多いのは「遺された家族が、お墓の管理をするのが難しい場合」です。

 

例えば、子ども達が全員遠方に住んでおり、お墓の管理をすることが経済的にも時間的にも負担となるケースはとても増えています。そうした場合、親が子どもに迷惑をかけたくないとの思いから、永代供養を選んで生前に申し込みをしようかと検討する人も多くなっています。

 

もうひとつ意外な理由で、生前申し込みをする人が増えています。それは「お墓という制度に疑問を感じ始める場合です。

 

核家族化により、新たにお墓を建てる必要に迫られた方も増えました。そうした方々が終活を考え始めたときに、風習自体に疑問を感じるようになったようです。。

 

もし自分が亡くなった場合、お墓を自分たちの都合のいい場所へ立ててしまえば、残された家族や子孫はその後長きに渡って供養と管理を担う必要があります。それが負担になるのではないか、という考え方です。

 

お寺にお墓を建てれば、檀家になる必要も出てきます。

檀家(だんか)とは

檀家(だんか)とは、そのお寺に所属する家のことを指します。

一般的に檀家は入れてもらうにも、辞めるにも費用がかかります。

その後も、長きに渡ってお寺の運営をお布施などで支える経済的支援を行う必要があります。その代わり、供養を手厚く支えて貰えるというものです。

そのことで、次のような考えを持つ人が出てきたのです。

  • 檀家になることで、残された家族に経済的な負担が増える
  • 今後、法要を行なう制約が増える
  • 清掃や維持管理の負担がかかる

永代供養を考えていなかった家族までもが、終活を始めたことをきっかけに「それならばお墓はなくてもよい」と、考えるようにりました。

 

次ではこうした場合に必要になってくる、永代供養の生前申し込みについて解説していきたいとおもいます。

永代供養の生前申し込み方法

永代供養の生前申し込みの流れは、主にこの2つとなります。

  1. 永代供養したい場所を決める
  2. 申し込み手続きをする

 

非常に簡潔に思えますが、決めることはとても多いです。

 

手続きの流れや気になる費用も一緒に、詳しく解説していきたいと思います。

【申し込み方法①】永代供養したい場所を決める

まずは永代供養を申し込む場所を見つけなければいけません。

複数の場所へ見学に行くことをおすすめします。

永代供養といっても、内容も、供養の仕方も、費用も様々ですので、ホームページやパンフレットを取り寄せて気になる場所を見学させてもらい、自分の希望に合うところを見つけましょう。

永代供養は大きく分けて2つあります

合祀墓(ごうしぼ)・・・すべての遺骨が同じ場所に納められており、後に家族の遺骨を取り出すことができない。

個別墓(こべつぼ)・・・遺骨ごとに場所が設けられており、後に遺族が遺骨の管理方法を変えた場合や、供養に訪れる場合に適している。

それ以外にも「屋外か屋内か」といったお墓のあり方も、お寺や霊園によってかなり違いがあります。じっくり話しを聞いてから決めましょう。

~費用は?~

確認する際に、費用についても詳しく尋ねましょう。

 

永代供養の費用は、一般的に「永代供養料・納骨法要料・刻字料金」などが全て含まれていますので、自分の死後に追加料金は一切不要な場合が多いです。

場所によって違いがあり、追加料金が発生するところもあります。その上「年会費や管理費」が必要な場合もあるので、必ず確認するようにしましょう。

~収蔵期間は?~

一般的にほとんどの永代供養について、遺骨の収蔵期間を設けられています。

期間は、場所や契約内容によって様々ですが、三十三回忌や五十回忌を節目とされている場合が多いです。

 

その後は、全く供養されないわけではないようですが、個別のお墓から合祀型のお墓に移されて、他のご遺骨とともに収蔵されることとなるようです。最終的にはどうなるのかといったことも、その場で確認しましょう。

あとで申し込みしたことを後悔しないためにも、しっかりと考えて決めましょう。

【申し込み方法②】生前申し込み手続きをする

永代供養先が決まったら、いよいよ生前申し込み手続きをしましょう。申し込みといっても、永代供養の生前予約申し込みをする前には決めることも多いです。

 

一般的に以下のことがあります。

・お墓の種類
・墓地
・納骨の期間
・支払方法
・葬儀に関すること(葬儀社・式の内容・費用など)  など

決めることも多いですし「お墓の種類」などは、自分自身が理解するのに時間がかかるものもあります。

 

一度に急いで理解したり決めたりしようとせず、生前申し込みには「時間をかけて決めるもの」と思い時間と心に余裕をもっておくようにしましょう。

生前申し込み手続き~予備知識~

永代供養の生前申し込み手続きについて、あらかじめ知っておいたほうがいい予備知識をまとめておきます。

 

実際に申し込みを記入する際、必要な記入情報は主に以下になります。
※申し込み先によって違いがあります。

・申込者の連絡先
・埋葬者の連絡先
・送骨の希望・確認
・お寺の場合は戒名  など

申し込み用紙記入前には、必ず「使用約款・使用規約」を確認しましょう。

準備された申し込み用紙に、必要事項を記入・押印をして契約完了となりますが、疑問や不安に思うことがあれば、必ずその場で運営者側に確認し、確かめたうえで署名押印をしましょう。

永代供養生前申し込み時の豆知識
  • 戸籍謄本が必要
  • 申し込みには家族または親族などの信頼できる人の連絡先が必要となる

~戸籍謄本が必要な理由~

申込者の本籍地を確認するため申込用紙と同時に提出が求められます。

 

~家族や親族の連絡先が必要な理由~

永代供養の生前予約の際は「自分の入るお墓の契約」となるために、家族または親族などの連絡先の提出をもって「契約」となるようです。

 

一般の契約と同じように、万が一のことが契約者本人にあっても、すぐに連絡をとることが出来るようにするためです。(連絡者の署名押印も必要となります)

生前申し込みを決めたら、謄本の準備と連絡者へのお願いなどをしておくとスムーズにことが運ぶでしょう。

書類の記入と提出・永代供養の支払いが終われば契約成立です。

 

契約成立の証として「永代供養墓使用証書」という、申し込み証明書が発行されます。

 

次は、「永代供養墓使用証書」のことも含めて、永代供養の生前申し込みの注意点をお伝えしていきたいと思います。

永代供養の生前申し込みの注意点「永代供養墓使用証書」について

お墓のあり方として人気とはいえ、若い頃には考えなかったことですし、親から伝えられた風習でもありません。自分自身が生前申し込みをするとなれば、一生に一度の経験となります。まとまった費用を支払い契約を執り行うために不安にもなることでしょう。

 

そうした時に、注意点はどんなことがあるのかを知っているのと知らないのでは、契約の際の不安感が違ってきます。

 

不安感を少しでも軽減してもいただきたく、永代供養の生前申し込みに関して注意点をまとめておきますので参考にしてください。

永代供養墓使用証書の管理について

契約成立後に受け取った「永代供養墓使用証書」は、契約が成立した証明となるので紛失しないように大切に保管してください。

 

しかし「永代供養墓使用証書」を紛失した場合でも、申し込み自体が無効になるわけではありません。

「永代供養墓使用証書」は葬儀の際に葬儀責任者の手元に残すことができれば、葬儀、納骨、供養をはじめとする一環の流れがスムーズになるからです。

 

自分の死後、身寄りがないという場合にはエンディングノートや遺書など残すべきものと一緒に、誰もがわかる場所に保管したり、信頼できる人などに伝えておく方いらっしゃるようです。

 

家族や親族に自分の死後のことをお願いできる場合は、永代供養墓使用証書の保管場所を伝えておくと安心です。

永代供養の契約内容の確認

「永代供養の生前申し込み方法」でも述べましたが、永代供養を申し込みする際は契約内容を理解できるまで確認しましょう。

  • 自分の望む墓地のあり方なのか
  • 複数を検討したうえで、一番希望に合った場所だったのか
  • 費用は払っても問題ない額なのか
  • 追加費用は発生しないのか(年会費や維持管理費についても確認しましょう)
  • お寺の場合は、檀家料が今後必要になるか
  • 自分の死後、お墓参りをしてくれる家族がいる場合は遠すぎないかどうか  など

 

「見学もしたし、説明も聞いて納得した」「読まなくても何とかなる」とは思わず、内容を細かく踏み込んで理解してから契約しましょう。

家族や信頼できる人に相談すること

「永代供養の契約内容の確認」のところでお伝えしたことの最周知となりますが、大切なことなのでもう少し詳しくお伝えしておきたいと思います。

 

自分の死後も残された家族や親族がいる場合は「永代供養の生前申し込み」をしようと考えていることを伝えておきましょう。

 

終活や永代供養の人気が高まり知名度が広まっているといっても、家族としては身内が死の準備を進めているのを辛く感じたり、悲しみから喧嘩になってしまう人も少なからずいるようです。

 

それに自分自身は永代供養を望んでも、残された親族はそれを望んでいないこともあります。

 

生前申し込みはとても便利な制度ですが、まだ理解不足な人が多いために、家族間でトラブルになることは少ないことではありません。人生の最期を温かに見送ってもらえるように計画・相談をするようにしましょう。

永代供養はキャンセルを行った場合もお金は戻ってこない

永代供養の生前契約は、契約後に気持ちが変わり契約の取り消しを行っても、既に支払った費用が返ってくることはありません。

 

自分が生前予約をしていたとしても、親族に相談をしていなければ自分の死後に家族が契約を辞めてしまうことだってあるかもしれません。そうなれば「なんのために生前申し込みをしたのか」と、行動そのものが無意味になってしまうことだってあります。

 

それ以外にも自分の死後に合祀墓に遺骨をいれたのち、遺族の方から「遺骨を取り出したい」と希望があったとしても、他の遺骨と一緒になってしまっているために応じることが出来ません。

 

そうしたトラブルをさけるためにも、家族や信頼できる誰かと話し合って理解や了承を得るようにしましょう。

永代供養を依頼する場所の運営を知ること

永代供養を依頼する場所の運営を知ることも大切です。

 

その場所の経営状況がすぐ傾いてしまうよな所には、安心して多額のお金を支払うことはできないでしょうし、セキュリティー状態なども確認したいところです。運営管理者と話しを重ねれば、お寺や施設の雰囲気・相手が信頼できるのかどうかも判断しやすくなります

 

サービスや方針だけでなく、多方面から信頼できると確信しておくことで安心して申し込みが出来ます。

永代供養の生前申し込みについて思うこと

「終活」や「永代供養の生前申し込み」といった、自分の人生の終え方を考え決めていくことで日々の暮らし方が変わるのではないかと思います。

 

それは「人生を終えるために、全てを諦める」ということではありません。むしろ、その逆です。

 

自分の人生が終えかたを考え「自分に残された時間」「自分の残りの人生の生き方」を意識しながら暮らすというのは、自分にとって本当は何が大切なのかを最後にもう一度確認するという、人生において重要なことなのではないでしょうか。

 

「自分に残された時間」と真剣に向き合うということは、悲観的に思えたり少し怖いことのように思えますが本当は何も考えずただ淡々と生きていることの方が怖いのです。残された時間を「誰のために」「どのように使って過ごしたいのか」などを、明確にできている人と出来ていない人とでは時間の使いかたが大きくかわってきます。

 

「死への不安」は、ほとんどの人が抱えているものですが、自分の人生の終え方を考え始めることで、残された自分の人生には何が大事なのかが分かってくるのではないかと思っています。

まとめ:【永代供養の生前申し込み】予約方法や手続きの注意点を徹底解説

永代供養の生前申し込み方法について、お伝えしてきましたのでまとめておきたいと思います。

永代供養の生前申し込みをする人とは

・子供や残された家族に負担をかけたくない人
・お墓という制度に疑問を感じ始める人    など

永代供養の生前申し込み方法は「永代供養を依頼したい場所を決め」「生前申し込み」をするだけなのですが注意点がいくつかあります。それが、以下になります。

  • 永代供養墓使用証書を大切に管理すること
  • 永代供養の契約内容の確認
  • 家族や信頼できる人に相談してから決めること
  • 永代供養を依頼する場所の運営をしること

 

身寄りがないかたはもちろんのことですが、身寄りがあってもお墓の管理や供養が負担になり過ぎてしまう場合にも、永代供養の生前申し込みは普及し始めています。

 

そして、とても身近なものとなりつつあります。

 

みなさんも、永代供養の生前申し込みをされる際は、ぜひ参考にしてくださいね。

お墓
お墓についてさらに知りたい方は→ お墓について関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.