0120-111-859

image

終活の相談窓口

『墓じまい』お寺へのお布施は必要?相場や表書き渡すタイミングについて解説!

トップ > 『墓じまい』お寺へのお布施は必要?相場や表書き渡すタイミングについて解説!

ここ数年、少子化や都市部への移住が増え墓の面倒が見れなくなり、『墓じまい』を実施する人が増えています。ただ墓じまいをしようと考えてみたものの、何をすればいいのか分からないという意見が多いのも事実。

今回は、

  • 墓じまいとは何か?
  • お布施は必要なのか?
  • お布施の相場金額
  • お布施以外に必要な「離檀料」について
  • お布施を渡すタイミング
  • お布施の包み方
  • お布施の表書き(書き方)
  • 解体前の読経の理由
  • 墓じまいの流れ
  • 墓じまいの服装

など墓じまいについて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 墓じまいとは
  • 「墓じまい」お寺にお布施はいつ渡すの?
  • 墓じまいでのお布施の相場金額
  • 墓じまいではお布施以外に檀家料が必要
  • 墓じまいでのお布施を渡すタイミング
  • お布施の包み方
  • お布施袋の表書き(書き方)
  • お布施を袋に入れる向き
  • お布施の渡し方のついて
  • 墓じまいの流れ
  • 解体前の読経の理由
  • 墓じまいの服装
  • 墓の解体・墓地の撤去に掛かる費用の相場
  • まとめ:『墓じまい』お寺へのお布施は必要?相場や表書き渡すタイミングについて解説!

当サイト『終活の相談窓口』では、「墓じまい」のお悩みやちょっとした疑問についてご相談を受け付けております。ご相談は完全無料ですのでお気軽にお問い合わせくださいね。

墓じまいについての記事を集めています。あわせてご覧ください!

墓じまい記事一覧

墓じまいとは

墓じまいとは今ある墓を解体し、墓地を更地にして管理者に返還することです。

 

墓じまいをする理由は、大きく2つあります。

  • お墓を継いでくれるひとがいない。
  • お墓が遠方にあるので満足に供養ができない。

墓じまいをするには、墓地がある役所で、墓じまいの手続きが必要となってきます。

 

「墓じまい」お寺にお布施は渡すの?

墓じまいでは閉眼供養の際、お寺のお坊さんにお布施を渡す必要があります。

 

読経してくれた感謝の気持ちとして渡しましょう。

墓じまいでのお布施の相場金額

墓じまいのお布施の金額相場は、3万~5万円と言われています。

 

しかし、お布施には地域差や個人とどのような付き合いがあったのか様々な要因により、一概に金額は決められません。

 

用意する前に親族やお寺に確認しておくと安心です。

お寺に聞く際は「皆さんはどのくらい包まれていますか?」と聞いてみましょう。

 

他にもお布施とは別に以下の場合は別途お包みしましょう。

お寺の外に出向いてもらう場合の「御車代」 5千~1万円
法要後に会食をするが、お寺のお坊さんが来ない場合「御膳料」 5千~2万円

 

墓じまいではお布施以外に離檀料が必要

どのお寺にも必ずあるわけではありませんが、檀家をやめるときにお寺が請求する解約金のようなものを離檀料といいます。

 

今までお世話になった感謝の気持ちを込め、お布施より多く用意するのが一般的とされています。

一般的には、10万~20万が利檀料の相場と言われていますが、金額に決まりがあるわけではありません。

 

お金を出す人とお寺で話しをし、納得いく金額であれば相場と同じでなくていいでしょう。

 

お布施と別で用意しても、お布施を少し多く用意してまとめて渡しても、双方が納得していれば問題はありません。

 

お布施を渡すタイミング

お経を呼んでいただいたことに感謝の意として渡すお布施なので、読経後お坊さんがお寺に戻るタイミングで、お礼の言葉を述べて渡しましょう。

 

お布施の包み方

墓じまいのお布施は、通常のお布施と同じように、お布施袋に入れてお渡しするのが一般的です。

 

白い封筒に入れても問題ありませんが、郵便番号の枠がある封筒を使わないよう注意してください。

 

お布施袋の表書き(書き方)

表書きを書く場合、中央上部に「御布施」と記載。袋の中央株に、自身のフルネームや「●●(苗字)家」を記載します。

「御車代」「御膳料」も同様に、袋の中央上部に記載します。

 

裏面には、住所・氏名・金額を記載しておきます。金額を記載する際は、「金参萬円也」と、旧字体を使用します。

▼旧字体▼

できるだけ毛筆を用いて記載しますが、お悔みごとではございませんので、薄墨は使用せず、通常の黒墨を使いましょう。

お布施を袋に入れる向き

お布施は香典とは違い、新札を用意してください。

 

封筒の表面にお札の肖像がくる向きにして、袋の口の方に肖像が入るようにしましょう。

お布施の渡し方について

お布施を袋のままお渡しするのは、不作法だと言われています。

 

「切手盆」というお盆に乗せてお渡しするのがマナーですので、覚えておきましょう。


切手盆が用意できない場合は、袱紗を利用してお布施を渡すのが最低限のマナーです。お布施を袱紗から取り出し、袱紗の上でお渡しするようにしましょう。

 

袱紗の色ですが、派手な色のものを使用せず、落ち着いた色のものを選んでください。

 

切手盆や袱紗を床でスライドさせてお坊さんの前に出すことのないようにしてください。

 

お寺のお坊さんが読める向きに変え、お坊さんの手の届くところにお盆を置くか、お盆ごと直接お渡しするようにしましょう。

 

お布施が数袋ある場合は、上から「お布施」「御車代」「御膳料」の順番に重ねてください。

墓じまいの流れ

役所で手続きが完了したら、墓から遺骨を取り出します。

 

遺骨を取り出す前には、お寺のお坊さんに読経をお願いする場合がほとんです。読経は、家族や親族が立ち会う必要があります。

読経が完了したのち、石材店に依頼して墓石の解体工事を開始します。

 

管理者に更地を返還し、遺骨を新しい場所で供養して、一連の流れが完了します。詳しくは以下をご覧ください。

手順 書類 供養
1:新しい墓地を購入する
2:新墓地の管理者より書類を発行してもらう 墓地利用許可証(a)
受け入れ証明書(b)
3:現墓地のある役所で必要な書類をもらう 改葬許可申請書(c)
埋葬証明書(d)
4:現墓所の管理者に改葬(移転)の許可を得る 管理者から(d)の書類に署名、捺印をしてもらう
5:現墓地の市区町村役所から改葬許可を得る 必要事項を記入した(c)の書類に(a)(b)(d)をつけて申請する
6:現墓地の御魂抜き供養後、遺骨を取り出す 閉眼供養を行う。
7:現墓地を更地にする

暮石の移転、処分を暮石店に依頼
8:新墓地の御魂入れの開眼供養後、納骨 (c)の書類を新墓地に提出する 開眼供養を行う

 

▼墓じまいに必要な書類については、以下で詳しくまとめています▼

墓じまいに必要な受入証明書とは?改葬許可証発行までの手続きや流れを解説

 

▼墓じまいの流れについて詳しくはこちらにまとめています▼

『わかりやすく解説』墓じまい〜永代供養までの流れや手順|書類や手続き

 

解体前の読経の理由

墓じまいの前に読経をしてもらうことを、「閉眼供養」「魂抜き」「お根性抜き」などと言います。

墓石には、仏様や霊魂が宿るっているので、読経してただの石に戻してから解体作業を開始するのが一般的です。

 

読経と解体は、必ずしも同日に実行しなくてはならないという決まりはありませんが、2回墓に行くことになるので、なるべく1回で済むよう調整するといいでしょう。

 

お寺のお坊さんを呼ばずに墓じまいをする場合もありますが、墓を建てたときに「開眼供養」をしていれば、閉眼供養は必須となります。

また、石材店によっては閉眼供養をしていないと、解体作業を断るケースが大半なので、必ず行いましょう。

 

墓じまいの服装

お寺のお坊さんが読経を行う場合、正装である喪服を着用しましょう。

 

ただし、閉眼供養と解体作業の日程が別日になった場合、解体作業の日は平服で構いません。派手な服装は避けて、落ち着いた服装で参加します。

墓の解体・墓地の撤去に掛かる費用の相場

墓じまいではお寺へのお布施の他に、石材店への費用が発生します。

 

石材店によって費用が異なりますし、墓地の面積によっても費用が変動しますので、おおよその目安としてご覧ください。

解体・撤去の相場費用

おおよそですが、1平方メートルあたりで10~15万円程度、坪で計算すると1坪40~50万程度料金が発生します。

墓の形状や墓地の形状が一般的なものと異なっていると、追加料金が発生する場合がありますので、何件か石材店に相談し見積もりを出してもらうといいでしょう。

 

あまりにも安価な石材店だと、解体した墓石を違法に処理している可能性も考えられます。作業を任せて安心できる石材店を見つけてください。

 

トラブルにならないようお金のことはしっかり聞くのが大切です。

 

お寺に渡すお布施などは先ほども説明したとおり、相場はありますが決まった額があるわけではありません。

その為、お寺や実際に墓じまいを行ったことのある人、親族などと話して感謝の気持ちとして納めるようにしましょう。

 

石材店との費用についても同様、墓じまいについてあまり理解していないからと言って費用を水増ししようする業者も中にはあるようで、トラブルに繋がるケースもあるそうです。

 

不明なことを不明なままにせず、きちんと作業してもらうべく、打ち合わせは入念にしていきましょう。

専門業者や行政書士に相談ができる

役所への書類から、日程決めや費用の準備など、やることがとても多く、墓じまいを初めてやる人は大変苦労するでしょう。

近くに詳しい人や相談できる親族がいれば問題ありませんが、なかなか難しい場合があるかもしれません。

そんな時は、無料で相談できる墓じまいの専門業者や行政書士事務所がいくつかありますので、相談するのも一つの方法です。

まとめ:『墓じまい』お寺へのお布施は必要?相場や表書き渡すタイミングについて解説!

「墓地の世話ができないけど、先祖代々の墓を潰すわけには…」

とお悩みの方がいるかもしれません。

 

しかし、墓じまいは先祖の遺骨を「別の形で供養する」という意味があります。

 

墓じまいに対してマイナスなイメージを持たず、墓を片付けて新しく供養できる場所を作ると考えていいのです。

放置している墓地があれば、一度思い切って墓じまいを検討してみてはいかがでしょうか。

 

当サイト『終活の相談窓口』では、「墓じまい」のお悩みやちょっとした疑問についてご相談を受け付けております。ご相談は完全無料ですのでお気軽にお問い合わせくださいね。

墓じまいについての記事を集めています。あわせてご覧ください!

墓じまい記事一覧

トップへ戻る