永代供養墓選びは住職選び:費用や注意点、選び方のポイントについて解説!

更新日:

当たり前ですが、お墓を選ぶということは、人生でそう多くないことです。初めてという方の方が多いでしょう。

 

こちらの記事にも書きましたが、永代供養墓は一般のお墓に比べ安いところも魅力の一つと言えます。

 

ただ、最近では「永代供養料0(ゼロ)円!などと謳っている業者などもあり、選ぶ側にとっては「費用の違いって何なの?!と思ってしまうこともあるでしょう。

 

そこで今回は、

  • 永代供養墓にかかる費用とは?一般的なお墓との比較
  • 『永代供養料金0(ゼロ)円』は大丈夫?!仲介業者を選ぶときの注意点
  • 永代供養墓選びは住職選び〜選び方やポイント

について解説していきます。

 

永代供養墓にかかる費用とは?一般のお墓との違い

お金

永代供養墓は他のお墓に比べて費用が安いと言われています。

 

年間管理費やお布施などを定期的に支払う必要がなく、申し込み時に一括で支払いできる(その後の支払いがない)ので、長期的に見ても費用を抑える事ができます。

 

永代供養墓の場合、

永代供養料 永代にわたって供養・弔いをしてもらうお布施代
納骨供養料 お骨を納骨する際にかかってくる費用
刻字料 墓誌やプレートなどに個人名を刻字する費用

これらが基本的な一式料金となっています。

 

たけうち
 永代供養墓というのは永代にわたり供養・弔いをして頂くので、一式料金に何が含まれているのかをしっかり確認しましょう。

費用は10万〜200万と大きく幅があります。

 

これは、お墓の種類(タイプ)によっても変わりますし、寺院や施設の環境や充実度によっても変わってきます。

 

どのお墓を選ぶかによって相場は変わってきますが、ここでは

  • 合祀墓
  • 納骨堂
  • 個人墓

について説明します

 

永代供養墓の費用ー合祀墓の場合

合祀墓とは、複数の方の遺骨が納められている大きな共同のお墓です。造りや形態は管理する場所によって様々です。

 

最初から合祀する場合は、基本使用料(永代供養料・納骨供養料・刻字費など)として10万から50万が相場と言えますが、場所によっては100万円以上のところもあります。

 

合祀墓の費用相場 10万〜50万円(100万円)

 

永代供養墓の費用ー納骨堂の場合

納骨堂とは、一般的なお墓の形態・造りとは異なります。

 

屋内で遺骨を管理してもらえる施設で、多くの納骨堂では一定期間は納骨堂、一定期間を過ぎると合祀墓に移されて、そこで供養となります。

 

費用内訳として

  • 永代供養料
  • 永代使用料
  • 開眼法要料
  • 納骨料

などが含まれる場合が多く、費用目安は『一人用・・・50万円』『家族用・・・100万円』程度です。(参考: 納骨堂なび

 

納骨堂:一人用 50万円
納骨堂:家族用 100万円

 

これらは、納骨堂の種類によっても費用が変わります。

 

ロッカー式納骨堂

見た目がコインロッカーのようになっており、収納スペースに骨壷などをおく事ができます。

費用・・・10万円〜

 

仏壇式

納骨スペースの上段に仏壇などがあり、参拝できるようになっています。

費用・・・30万〜100万円

 

自動搬送式

ICカードなどを用いた認証で、参拝場所に遺骨が搬送されてくる形式です。

費用・・・50万〜100万円

 

永代供養墓の費用ー個人墓の場合

個人墓とは、継承を前提としない個人(一人用)のお墓です。

 

墓石を健立するものもあります。そのため費用は上記(合祀墓・納骨堂)と比べると高くなります。一般の家族墓と同程度、もしくはそれ以上する場合もあります。

 

個人墓の費用 100万円〜200万円

 

「永代供養料金0(ゼロ)円」は大丈夫?!選ぶときの注意点

永代供養墓を探されている方であれば、一度くらい目にした事があるかも知れませんが『永代供養料0(ゼロ)円』と、安さのみを強調した案内もあります。

 

永代供養墓選びで忘れてはいけないのが、墓選びは商品選びではなく供養や弔いを託せるかどうか?という事です。

 

安さだけで選ぶのではなく、信頼できる永代供養墓なのか?が大切です。安さだけで飛びついても、蓋を開けてみるとオプションなど、予想外の出費で結局高くつく場合も・・・。

 

また、募集を業者任せにしているお寺の永代供養墓は注意が必要です。

 

たけうち
 選び方やポイントについて、詳しく解説していきましょう!

 

永代供養墓選びは住職選び〜選び方やポイント

チェックリスト

永代供養墓を選ぶ際、確認するポイントは、一式料金に何が含まれているのか?です。

 

また、現地へ赴き、必ず自分の目と足で確認をしましょう。

 

なかでも一番のポイントは住職と直接お話をし、面談する事。『お墓選び=お寺選び=住職選び』と言われるほど、住職お人柄や人間性はとても大切です。

 

たけうち
永代供養墓選びでチェックするべきことは以下の通りです!

 

  • 一式料金に含まれるものは何か
  • 別途料金としてかかる項目はあるのか
  • 生前申込はできるのか
  • 年間管理料はかかるのか
  • お骨の安置スペース、合祀スペースはどこか?
  • 参拝スペースはどこか?
  • 参拝時間
  • 宗教・宗派について
  • 檀家になるのが条件かどうか
  • お骨はそのまま安置されるのか、一定期間後に合祀されるのか。その場合、安置期間は何年なのか
  • 年回忌法要はお願いできるのか

 

まとめ:永代供養墓選びは住職選び:費用や注意点、選び方のポイントについて解説!

永代供養墓を選ぶということは、永代にわたって供養・弔いを託すということです。

 

費用や条件も、外す事ができないくらい大事なポイントですが、信頼度がもっとも大切です。

 

少子高齢化・人口流動化など社会環境の変化に伴い、ニーズの高まりを見せている『永代供養墓』。家や家族に代わって、管理や供養をしてもらうわけですから、住職の人間性やお人柄など自分自身が心から信頼できるお寺選びをしてくださいね。

 

▼次はこちらの記事がおすすめ▼

永代供養墓とは?特徴やメリットなどから自分にあったお墓選びを考えよう

-お墓

Copyright© 終活の相談窓口 , 2019 All Rights Reserved.