お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

大切なペットを永代供養する方法|納骨までの流れや費用を紹介!

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

大切なペットとのお別れはある日、突然にやってきます。はじめてペットのお別れをする場合、何をどうしたらいいのか迷う飼い主さんも多いでしょう。

 

「どのような方法で供養をしてあげたらいいのか?」

「遺骨の管理はどのようにしたらいいのか?」

はじめての供養で迷っている方にご紹介したいのが「永代供養」です。

 

家族の一員であるペットをしっかりと供養してあげたい方に、現在、注目されている永代供養をご紹介します。

なぜペットの供養に、永代供養が注目されているの?

「永代供養」の言葉をあまり耳にする機会がない飼い主さんも多いでしょう。

 

永代供養とは、お墓参りへ行けない飼い主さんの代わりに、遺骨を管理している霊園や寺院が続く限りお経などを上げ、供養してくれることを言います。

大切なペットのお墓参りができない飼い主さんの代わりに、ペット霊園や寺院がお墓などを管理してくれるのです。

 

以前はペットが亡くなると土葬や保健所の焼却場で焼く方法が一般的でした。しかし、「家族の一員として生活をしてきたペットをしっかりと送り出したい」と想いから火葬から納骨まで人と同じように供養することが増えてきました。

 

では、供養を執り行うまでどのような運びになるのか紹介します。

ペットの死亡に関する届け出

ペットが亡くなってからは、届け出や法律での決まりは特にありませんが、狂犬病予防注射を行うときに登録をした自治体や役所に死亡届を出しましょう。

 

火葬や納骨も期限はありませんので、火葬も飼い主さんの気持ちが落ち着いてから行えます。

 

永代供養の流れ1:自宅で安置する

大切なペットが病院など亡くなっった場合は、病院側が火葬前の準備、体を拭いてもらい、棺やその代わりになるダンボールを準備をして、花も入れてくれえる病院もあります。

しかし、自宅で亡くなった場合は、火葬場へ連れて行く準備を飼い主さんが行わなければならず、死後硬直が始まる前に眠ったように体を整えなければなりません。

 

「どのように準備をしたらいいのか?」「火葬場は、どこにいけばいいのか?」

困ったときには、かかりつけだった動物病院へ相談をし、火葬場も紹介してくれます。

永代供養の流れ2:ペット専門の葬儀社へ連絡

ペット専門の火葬場や葬儀社はインターネットで検索すれば、簡単に見つけることができます。以下のサイトではペット専門の葬儀社についてまとめているので分かりやすいかと思います。

ペット葬儀社一覧

死後、ドライアイスなどで冷却しても、腐敗が進みますので、きれいな状態で荼毘に付すことができませんので、なるべく早めに供養してあげましょう。

永代供養の流れ3:火葬する

ほとんどのペット火葬場は、事前予約制です。

 

火葬場の予約のとき、手元に最近測った体重があると、費用もすぐわかり、火葬場へ行くときも安心できます。予約の電話の時に、副葬品に何を入れていいか、また火葬ができないものなどを確認します。

また、火葬場まで遠かったり、仕事など止む終えない事情があり、火葬場まで行けない方にあった火葬方法があります。

 

ペット火葬には、

  • 合同火葬
  • 個別火葬

2種類があり、費用も違いますので、飼い主さんが費用や精神的にも無理のないように送り出せる火葬方法を選びましょう。以下で合同火葬と個別火葬について詳しく解説していきます。

 

ペットの合同火葬

他のペットと一緒に火葬を行う方法になり火葬後は、火葬業者に一任します。

霊園や寺院と併設されている場合、ペットの遺骨は、合同墓地などに合祀されますので、返骨はされません。

費用は1万~

合祀とは・・骨壷から遺骨を取り出し、他のペットとまとめて埋葬すること

 

個別火葬

火葬を単独で行う方法です。

個別火葬は

  1. 一任火葬
  2. 立会火葬

の2種類。

 

一任火葬と立会火葬は、費用も違いますので、予約時に確認が必要です。

一任火葬

一任火葬は、火葬業者へ一任します。

止む得ない事情があり、火葬場へ行けない場合、ご自宅まで火葬業者が迎えに来てくれます。火葬後は、職員が骨を拾い、飼い主さんの元へ返骨されます。

費用は、1万円~

立会火葬

立会火葬は、火葬場へ飼い主さんが立ち会い、人と同じように火葬場でお経を読んでもらうことができ、最期までお見送りができます。

火葬後は飼い主さんで、骨を拾い霊園や納骨堂が併設されている場合、そのまま納骨されます。

遺骨を持ち帰り、自宅で供養することも可能です。

費用は、1万円5千円~

永代供養の流れ4:納骨方法は3種類!その費用は?

火葬後は、納骨などの供養になります。

ペット永代供養の納骨方法として

  1. 単独墓
  2. 合祀墓
  3. 納骨堂

の3種類あります。

合祀墓は、1度納骨してしまうと改葬ができません。どの永代供養が飼い主さんにとって、無理がないのか考えてみましょう。

単独墓で納骨し、永代供養をした場合の費用は?

墓地などにペットごとに墓石を建て、一定期間は単独で供養ができます。

個別安置型と呼ばれることが多いです。

  • 一定期間が過ぎると、合祀されること。
  • 費用が高いこと

が特徴です。

 

しかし最近では、ペットと一緒に入れる単独墓が増えてきており、飼い主さんの終活でペットと一緒に入れるお墓を購入し、先にペットが入る準備ができると注目されています。

 

費用は、10万~になり、年間費が別途必要になります。

霊園や寺院によっては、墓石が必要になるので、問い合わせてみましょう。

 

ほかのペットと一緒に入る合祀墓の費用は?

共同墓や合同墓地など、施設によって呼び方が様々です。

 

合祀墓の場合、骨壷から遺骨を取り出し、記念碑などの中で他のペットと一緒に埋葬されます。また、自然葬というかたちでシンボル木などの植物に散骨するペット霊園もあります。

 

こちらも、改葬が出来ないため、合祀墓に埋葬すると供養方法を変更ができません。

改葬とは・・・埋葬されている遺体や遺骨を所定の手続きを行い、別の方法で供養させる方法

管理はもちろん、供養もペット霊園や寺院が行い、飼い主さんの事情でなかなか供養へ行けない方には、安心できます。

費用は、5千円~

永代供養してもらえる納骨堂の費用は?

納骨堂とは遺骨を安置できる施設のこと。

納骨堂は、室内や屋外とペット霊園によってタイプが変わります。

  • 室内の場合、天候を気にせずお参りができ、お供え物もペットの好きだった食べ物をそえられます。
  • 屋外は、霊園の時間など気にせずお参りができます。
霊園によっては、閉園時間があるので注意が必要です

また、納骨堂では、共同供養と個別供養壇の2種類あります。

共同供養壇では、他のペットと一緒に共用します。

たくさんのお友達と一緒に。との想いで、選ばれる飼い主さんが多く、共同供養壇が華やかになりちょっとにぎやかな供養壇になります。

 

個別供養壇では、1つの区画を1家族や1匹で利用します。

大切なペットの好きだったもので埋め尽くしたり、写真を飾ったり、洋服をかざったり、飼い主さんの好みで供養壇ができます。

また、最近では、ペットと一緒に入れる納骨堂もあります。

人の遺骨が保管されている納骨堂では、人と一緒に納骨することが難しいことで、ペットと一緒に入れる納骨堂も人気があります。

 

費用は、5千円~になり、別途年間費が必要になります。

永代供養以外のペット供養方法をご紹介

ペット霊園や寺院などで、他のペットたちと一緒に供養ができるなら永代供養がいいと思っても、気持ちの整理がつかずに遺骨を手元に置いていたい飼い主さんもいます。

 

また、大切なペットを亡くしてからゆっくり考える時間がなかったため、飼い主さんにとってどの供養方法がいいのかと悩むあいだに手元供養として、供養するといいでしょう。

手元供養

ペットの供養は、永代供養の他にも手元供養と呼ばれる供養方法があります。手元供養は、自宅などで遺骨を保管し文字とおり、手元で供養することを言います。

ここでは、手元供養について紹介します。

お仏壇や祭壇

火葬後に、自宅で仏壇や祭壇で保管する方法があります。

最近では、仏具の専門店でペット用の仏壇や仏具を取り扱うお店が増えてきました。

アクセサリーやチャーム

遺骨の一部をアクセサリーやチャームなどに入れ、肌見放さずだいじなペットといつも一緒に痛い飼い主さんもいます。

アクサリーやチャームに入るようの加工は、ペット霊園や火葬場で相談ができます。

「大切なペットを永代供養する方法と費用を紹介!」のまとめ

ペットの供養をしっかりとしたい。だけど飼い主さんの生活もだいじにしなければなりません。

 

その1つの供養として、永代供養をご紹介しました。

ペット供養は、ペットの気持ちを聞くことができないので、どのような供養をするのが正解なのかわからず、飼い主さんも悩むことになりますが、気持ちのこもった供養が何よりも大切なペットの供養です。

番外編:ペットと一緒に終活をはじめてみてはいかがでしょうか?

ペットの終活は、限りある命を意識し、ペットと人が今という時間をより有意義に幸せに過ごすために欠かせないもの。

それは自分のためでもあり、ペットのためでもあります。

 

いつか必ずくるお別れの日に、後悔を残さないためにも、ペットと飼い主、どちらが先に旅立っても対応できるように、しっかりと準備しておきたいものです。

『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.