改葬の手続き手順:改葬許可申請書提出方法や費用〜開眼法要まで

更新日:

「先祖代々の墓を、現在の住まいの近くに移したい」

「お寺との関係を断ち切りたい」

など様々な理由から、現在のお墓を閉じて(墓じまい)新しい場所に移すことを『改葬』といいます。

 

参考

 

『改葬』では、書類上の手続きと宗教上のしきたりに乗っ取った供養が必要なのですが、何から始めたら良いのか迷ってしまいますよね。

 

たけうち
今回は、記事を読み進めながらできる「改葬の流れ・やり方」についてご紹介していきます!

 

改葬の手順・流れ

たけうち
まずは、大体の流れを把握しましょう。

 

手順 書類 供養
1:新しい墓地を購入する
2:新墓地の管理者より書類を発行してもらう 墓地利用許可証(a)
受け入れ証明書(b)
3:現墓地のある役所で必要な書類をもらう 改葬許可申請書(c)
埋葬証明書(d)
4:現墓所の管理者に改葬(移転)の許可を得る 管理者から(d)の書類に署名、捺印をしてもらう
5:現墓地の市区町村役所から改葬許可を得る 必要事項を記入した(c)の書類に(a)(b)(d)をつけて申請する
6:現墓地の御魂抜き供養後、遺骨を取り出す 閉眼供養を行う。
7:現墓地を更地にする

暮石の移転、処分を暮石店に依頼
8:新墓地の御魂入れの開眼供養後、納骨 (c)の書類を新墓地に提出する 開眼供養を行う

 

一つ一つ、詳しく解説していきますね!

 

改葬の手順1:新しい墓地を購入する

改葬をするには、まず新しいお墓を購入しなければいけません。

 

お墓選びでは、

  • 予算について
  • どのようなお墓にするのか
  • どの墓地にするのか

などなど、選択するべき項目が沢山あります。

 

たけうち
お墓選びに迷ったら、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

改葬の手順2:新墓地の管理者より書類(墓地利用許可証・受け入れ証明書)を発行してもらう

新しい墓地を購入したら、『墓地利用許可証』と『受け入れ証明書』を発行してもらいます。

 

ポイント

受け入れ証明書とは?

改葬先の、墓地の使用権を得ていることを証明する書類です。

『受け入れ証明書』は、『改葬許可申請書』を市区町村役場に提出する際に、添付して提出します。

 

改葬の手順3:現墓地のある役所で必要な書類(改葬許可申請書)をもらう

現墓地のお墓から遺骨を移動させるためには、お墓のある所在地の役所で改葬許可を受けなければいけません。

 

ポイント

役所でもらう必要書類

『改葬許可申請書』

『埋葬証明書』

 

『改葬許可申請書』は、『改葬許可証』を発行してもらうための申請書類です。

 

改葬の手順4:現墓所の管理者に改葬(移転)の許可を得る

『改葬許可申請書』を役所に提出する際、現墓地の管理者に許可を得る必要があります。

 

許可がおりましたら、書類に署名・押印をもらい、所在地の役所へ提出します。

 

注意ポイント

許可証の申請は代理人に依頼することも可能ですが、その場合は申請者の直筆による委任状が必要となります

 

改葬の手順5:現墓地の市区町村役所から改葬許可を得る

改葬許可申請書を提出するときに必要な書類は、以下の通りです。

 

メモ

  • 改葬許可申請書・・・現墓地管理者の署名と押印をもらう
  • 墓地利用許可書
  • 受け入れ証明書
  • 埋葬証明書
  • 本人確認できる書類(運転免許証・健康保険証など)

 

たけうち
改葬許可を得ましたら(改葬許可証が発行されたら)、新墓地に書類を提出し、遺骨を埋葬します。 書類上の手続きはここで終了です(例外もあります)

 

改葬の手順6:現墓地の御魂抜き供養後、遺骨を取り出す

現墓地は、改装後更地に戻すのですが、その前に遺骨を取り出します。

 

解体前には僧侶に依頼して御魂抜き(閉眼供養)を行います。

 

閉眼供養とは・・・

閉眼供養とは、墓石に宿っている仏様の魂を抜き取るという意味を持つ儀式です。閉眼には仏像の目を閉じるという意味があります。 御魂抜き、お性根抜きなどと呼ばれることもあります。

引用元:やまと石材

 

改葬の手順7:現墓地を更地にする

現墓地は、改装後更地に戻すのがマナー。暮石を置いて行く場合は処分します。

 

暮石を処分したり移動したり、更地にしたりする場合は、石材店へ相談すると良いでしょう。

改葬の手順8:新墓地の御魂入れの開眼法要後、納骨

書類上の手続き、現墓地での後始末を終えたら、次は新墓地へ御魂入れの開眼法要を行います。開眼法要とは・・・

 

開眼法要は、仏像、仏画、仏壇、墓などの完成の際に営まれる法要のこと。開眼供養、入魂式、魂入れとも言う。

引用元:ウィキペディア

 

たけうち
つまり開眼法要とは、暮石を意味のある存在にするための儀式です。

 

開眼法要の時に納骨を同時に行う場合もあります。

 

改葬にかかる費用について

保険金未請求

改葬を行うには、新しいお墓の費用の他に、いまの墓地を墓じまいするための費用がかかります。

 

改葬にかかる主な費用は以下の通りです。

 

たけうち
改葬にかかる費用は、管理者や業者、寺院墓地によってはお寺によって差があります。ある程度の目安について記載していきますね

 

閉眼供養のお布施

現在のお墓から遺骨を取り出す時に閉眼供養を行いますが、その際、法要を行ってくれた僧侶に対してお布施をお渡しすることになります。

 

閉眼供養のお布施は一般的な目安として、僧侶に対し3万円〜5万円が目安となりますが、寺院との付き合いや地域の方のお話などを参考に上乗せしてお支払いする場合もあります。

 

墓地を更地にする費用(暮石撤去費)

お墓から遺骨を取り出した後は、墓地区画を更地にします。

 

お墓の撤去、更地にするためには石材店へお願いするのですが、費用は

 

  • 区画の広さや造り
  • 墓地の地形

によって差がありますが、通常のお墓の場合、50万円以内となっています(平均的な金額は25万〜50万)。

 

離檀料

離檀料は、これまでお世話になった菩提寺に、感謝の気持ちとしてお礼としてお渡しするものです。

 

自分のできる範囲で行いたいものですが、離檀料では

 

  • 寺院によって、予め金額が決められている場合
  • 檀家同士で平均相場が決まっている場合

 

がありますので、お渡しする前に確認すると良いでしょう。

 

改葬先に遺骨を納骨する費用

改葬先が一般的なお墓の場合、石材店に費用をお支払いします。

 

費用目安は、3万円〜5万円となります。

 

メモ

永代供養墓の場合は不要。納骨時の費用は一式料金に含まれていることが多い

 

開眼供養、納骨法要のお布施

開眼供養、納骨法要では、僧侶に対しお布施をお渡しします。

 

一般的なお墓で3万円〜5万円が目安となります。

 

まとめ:改葬の手続き手順〜改葬許可申請書提出方法から開眼法要まで

 

菩提寺が現在のお住まいから遠く、なかなかお参りに行けないなど、お参りをしたいという気持ちはあるのに出来ないという方もいらっしゃるかと思います。

 

「お墓を別の場所に移す」というのは、書類や供養などやるべきことが多く感じてしまい、面倒に感じてしまうかもしれません。

 

しかし現在のお住まいの近くにお墓を移したり、面倒な寺院との付き合いを断ち切ったり、自分にとって現在のお墓に不満がある場合は「改葬」を検討してみるとよいでしょう。

 

たけうち
改葬の準備は余裕を持って、お寺や親戚への説明は十分に行ってくださいね。

 

▼次はこちらの記事がおすすめ▼

お墓を選ぶ時・建てる時のポイントや注意点〜失敗しないお墓選び

-お墓

Copyright© 終活の相談窓口 , 2019 All Rights Reserved.