『改葬』とは何?改葬する理由ややるべきことについて

更新日:

「お墓参りのために、毎年遠方の故郷に帰省するのが大変・・・」

「お寺との付き合いが、少し面倒になってきたからお寺を離れたい」

 

など、お墓を別の場所に移したいと考える方がいます。

 

そんな、お墓の引越しのことを『改葬』といい、改葬する理由は人によって様々です。

 

たけうち
同様の言葉で『墓じまい』というものがありますが、『墓じまい』とは、要は「改葬」のことを言います。

 

そこで今回は、『改葬』について、その理由や、やることについて解説していきます。

 

今回の記事でわかること

  • 改葬とは何か
  • 改葬する理由について
  • 改葬を考えたときにやるべきこと

 

 

 

改装とは何か?墓じまいとは意味が違うの?

『改葬』とは、お墓のお引越しで、遺骨も含めて移転することを言います。

 

よく似た言葉に『墓じまい』というものがあるのですが、現在のお墓を撤去(処分)するという意味で使われます。

 

「墓じまい」と聞くと、撤去・処分をイメージしてしまうのですが、遺骨は撤去・処分ではなくどこかに移さなくては墓じまいできません。

 

たけうち
墓じまいとは、要は「改葬」と同じような意味であり、つまりはお墓のお引越しなのです。

 

改葬する理由は人それぞれ、ケース別に例を紹介

改葬の理由は、「引越しなど故郷を離れて定住しているため、お墓参りに行くのが大変になった」というものが多いような気がしますが、それだけではありません。

 

人によって改葬を検討するケースは様々です。例えば

 

  • 土地を離れるので、お墓も一緒に移転させたい
  • 親が亡くなった等の理由により自分が継承者になったけれど、檀家としてのお寺との付き合い(寄付やお布施)が負担に感じるので、お墓を写してお寺との関係を断ち切りたい
  • お寺(住職)とのトラブル等により離檀し(檀家をやめること)、お墓も引越ししたい
  • 自分の死後、遺された家族に実家のお墓のことで負担をかけたくないのでお墓を永代供養墓に移転させたい

 

上記は一例ですが、皆さん何らかの理由により、お墓の引越し(改葬)を考えます。

 

たけうち
どのような理由であっても、継承者がしっかりと手続きを踏めばお墓を改葬することは自由です。

 

改葬を考えたときにやるべきこととは?

「改葬」は何からやったらいいのか以前に、現状あるものを移動させるわけですから、煩わしさを感じてしまう人も少なくありません。

 

「改葬の費用を知りたい」

「(寺院墓地の場合)住職にどのようにお話ししたら良いのだろうか」

そんな不安も、当然ながらあることでしょう。

 

しかし「改葬」とはお墓のお引越しですから、まず何よりも『どこに移動させるのか』、改葬先を決めなければいけませんよね。

 

・どのようなお墓にするのか

関連記事

 

・どこの墓地にするのか?

関連記事

 

・永代供養を考えるのか

関連記事

 

この3つ

  • どのようなお墓にするのか
  • どこの墓地にするのか
  • 永代供養を考えるのか

から候補先を絞り、資料を取り寄せたり、実際現地へ出向いてみることをオススメします。

 

たけうち
疑問点や不明な点はしっかり解消し、改葬先がある程度絞れてから手続きを考えましょう

 

 寺院墓地の場合、お寺の檀家をやめることになります。これを『離檀』といいます。

寺院墓地の場合は、改葬先がある程度決まったら住職に、その旨連絡をすると良いでしょう。

 

まとめ:お墓の引越し『改葬』とは?改葬する理由ややるべきことについて

住居の引越しもかなりの労力を使いますが、お墓のお引越し(改葬)も同様、いや、それ以上に労力を使います。

 

特に寺院墓地の場合は、住職との付き合いからスムーズに話が進まないといったケースも見受けられます。

 

今回の記事では、『改葬』とは何か、改葬をする理由について解説しました。

 

たけうち
次の記事では、改葬の手続きや手順について解説していきますので、改葬を検討されている方は引き続きご覧いただければと思います。 

▼次はこちらの記事がおすすめ▼

改葬の手続き手順〜改葬許可申請書提出方法から開眼法要まで

-お墓

Copyright© 終活の相談窓口 , 2019 All Rights Reserved.