0120-111-859

image

終活の相談窓口

財前直見『自分で作る ありがとうファイル』レビュー!作ってみた感想も!

トップ > 財前直見『自分で作る ありがとうファイル』レビュー!作ってみた感想も!

「終活」「エンディングノート」そんな言葉を聞くと、「人生の最期に向けての準備か・・・」と少しマイナスなイメージを持ってしまう人もいるかもしれません。

 

当サイトでも、エンディングノートについては幾度となく触れてきました。

 

 

今回ご紹介するのは、女優・財前直見さんの著書『自分で作る〜ありがとうファイル』。エンディングノートについて書かれた書籍なのですが、本作では『エンディングノート』という呼び名ではなく『ありがとうファイル』という呼び方でご紹介されています。

書籍を読んだ感想や内容について簡単にレビューしていきます!

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 財前直見さんとは?~出演ドラマ多数の大女優がエンディングノート作った理由
  • 自分で作る『ありがとうファイル』〜エンディングノートとは一味違った良さとは?
  • 『ありがとうファイル』の作り方〜シートはダウンロードもできる!
  • まとめ:『自分で作る ありがとうファイル』作ってみた感想

財前直見さんとは?~出演ドラマ多数の大女優がエンディングノート作った理由

財前直見さんといえばシリアスからコメディまで幅広くこなす、大女優です。

代表作は

 

『お水の花道』

『QUIZ』

『ごちそうさん」

『おんな城主 直虎』

『スカーレット』

『天と地と』

など多数に及びます。

 

なぜ大女優がエンディングノートを?! と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

財前さん自身、終活の一環として始めた「エンディングノート」ですが、実際書き始めてみると、死にまつわる項目の多さ、書きづらさを感じてしまったそうです。

 

「それなら、自分でオリジナルを作ってみよう!」

 

そんな気持ちから『ありがとうファイル』は作られたと言います。

財前直見(ざいぜん なおみ)

1966年生まれ、大分県在住。

メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラー、行動心理士、シニアピアカウンセラー、終活ライフケアプランナー、エレガンスマナーなど、数多くの資格をもつ。

 

自分で作る『ありがとうファイル』〜エンディングノートとは一味違った良さとは?

★「あの書類どこだっけ?」そんなストレスが激減
★自分と家族の「未来」を具体的にイメージできる
★うちの家族、いいねって思える
★大事なお金の見直し・リセットのきっかけにも
★災害・病気etc…「もしもの時」も、頼りになる!
家族の今を見つめ直し、『安心』と『夢』をくれるファイルです!

引用元:Amazon

 

『エンディングノート』も『ありがとうファイル』も、共通していえることは「自分の最期考えることで、今を見つめ直し未来を輝かせるために作るもの」だということです。

 

違いは、それぞれの項目に対しての割合です。

 

エンディングノートでは、

死にまつわる項目が中心にあります。もちろん、それがダメという訳ではありません。自分の死後、家族の負担を減らすためにも、自分の希望を叶えるためにも大切な項目です。

 

対して『ありがとうファイル』では

など、家族の今と未来をワクワク考えたくなるような項目が多数(もちろん、エンディングノートに必要な葬儀やお墓などの項目もあります)。ライフプランでは、「自分が50歳になる頃には子供は20歳。子供のための貯金はこれくらいで・・・」と、具体的に将来を考えることもできます。

 

『ありがとうファイル』は、家計簿と手帳とエンディングノートを掛け合わせたような感じですね。

ワクワクする項目が多いので、若いうちから将来(最期)について準備したり考える人に特におすすめです!

に合うのではないかと私は感じました。

 

『ありがとうファイル』の作り方〜シートはダウンロードもできる!

ありがとうファイルの一番の良さは、一度書いたらしまい込んでしまうイメージのあるエンディングノートと違い、一度書いても生活スタイルや自分の意思が変わった時に新たに書き直せるところです。

 

死を意識した項目だけでなく、家族の今後についても定期的に考えるキッカケにもなりますし、ファイルにすることでオリジナリティ溢れる一冊となります。

 

ファイルの具体的な作り方については書籍を読まなければ分かりませんが、概要だけ記してみると以下の通りです。

 

ありがとうファイルの作り方

1:特設サイトで書き込み用PDFをダウンロード

(書籍にダウンロード出来るQRコードとURLが記載されています。)

2:必要な項目を必要枚数印刷する

3:かけるところから気軽に書いてみる。(書けないところは飛ばしてOK)

4:A4サイズのクリアファイルにどんどん入れていく

 

私も印刷してみました! A4のクリアファイルを購入したら、どんどん入れていこうと思っています!

 

まとめ:『自分で作る ありがとうファイル』作ってみた感想

 

お店のアンケートに答えたり、プロフィールの項目(好きな食べ物は? 好きな映画は?など)に答えるのって、ワクワクしませんか?(私だけでしょうか?笑)

 

財前さんの『ありがとうファイル』には、そんなワクワクが沢山詰まっていました。

 

  • 表紙はどんなデザインにしよう?
  • 家族のライフプランについて考えながら、「子供が20歳になる頃には、自分は○歳かぁ」と想像してみたり・・・
  • 大切なものの置き場所を改めて見直したり
  • 家族が好きなレシピを書いたり
  • 貯金について改めて考えたり

エンディングノートとはまた違った楽しさがあります。『ありがとうファイル』という呼び方がもう、ワクワクしますよね!

 

に全力でオススメできる一冊です!

 

財前直見さん以外にも、終活に取り組んでいる芸能人は多くいらっしゃいます。ご興味のある方は【最新版】終活をしているタレントや芸能人【総勢26名】 の記事も、ぜひご覧ください。

▼次はこちらの記事がおすすめ▼

エンディングノートを自作する方法〜手作りの魅力と書き方について

トップへ戻る