お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

「檀家」とは何?意味について解説

 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

檀家

(読み方:だんか、だんけ)

  • 「檀家」とは
  • 「檀家」になるには
  • 「離檀」するには
  • 「檀家」のメリット
  • 「檀家」のデメリット

について解説します。

「檀家」とは

「檀家」とは一つの寺と信者になる契約を結んだ家をいいます。

 

個人単位ではなく家単位である点がポイントで、契約先の寺は「菩提寺」と呼ばれます。檀家となった家と寺とは、先祖代々長い間の関係であることが多いため、自分では知らないうちに特定の寺院の檀家になっていることもあり得ます。

 

お墓が霊園ではなく、寺院にある場合には檀家になっている可能性が高く、寺院に問合せをすれば檀家名簿で確認してもらえます。

 

「檀家」にとって「菩提寺」と呼べるのは契約を結んだ一つのお寺だけで、同じ宗派の他の寺院や、その宗派の本拠地である「大本山」は菩提寺ではありません。

 

「檀家」と「菩提寺」の関係は「檀家制度」「寺請制度」「寺檀制度」とも呼ばれます。「檀家制度」の原型は飛鳥時代に仏教が日本に伝来した頃から存在したと言われています。江戸時代になってキリスト教が禁止され、民衆はキリスト教徒でないことの証明として寺院と檀家制度を結んだところから、現在の檀家制度がスタートしました。

 

「檀家」は古代インドのサンスクリット語「ダーナパティ」を音写して「檀家」になったとされます。「檀家」とは、「檀越(だんおつ)」の家を意味し、「檀越」は「寺や僧を援助する庇護者」を意味すると言われています。

 

  • 浄土真宗では「檀家」にあたる存在が「門徒(もんと)」
  • 浄土宗では「信徒」
  • 個人で寺院に所属する場合は「檀家」ではなく「信徒」

と呼ばれます。

 

「檀家」に関係する言葉に「檀家総代」がありますが、「檀家総代」とは、檀家を代表する立場の家や人を指します。宗派によって、「世話役」「世話人」「護持会役員」などの名称があり、それぞれに役割が異なる場合もあります。また、「檀家総代」の選出方法についても、宗派によって変わり、所属年数や投票、持ち回りとなっているケースもあります。

 

檀家制度には2種類の寺院があり、檀家制度を結ぶ寺院を「回向寺」、檀家制度とは関係なく、商売繁盛や家内安全などの祈祷を行う寺を「祈祷寺」と言いました。

「檀家」になるには

最近は「檀家制度」を廃止する動きもありますが、多くの寺院で「檀家」を募集しています。「檀家」になるとは、決めたお寺にお墓を持つことを意味します。

 

「檀家」になることを「入檀(にゅうだん)」といい、入檀料は平均的に10万〜30万円程度と言われています。お寺や宗派によって異なるので、事前の確認が必要です。また、この他に墓地の使用料が必要な場合がありますので、こちらも確認してください。

 

具体的な手続きは、檀家契約書と墓地契約書を交わし、入檀料と墓地使用料、会費(志納金、護持会費)を支払います。ただし入檀料、墓地使用料、会費のいずれもお寺や宗派によって不要な場合もありますので、確認が必要です。

 

「檀家」になると、維持費、護持会費と呼ばれるお墓の清掃管理や寺院の管理費として年間5,000円〜2万円の負担が必要です。

「離檀」するには

「離檀(りだん)」は、「入檀」と反対に「菩提寺」との契約関係を解消し、檀家制度から離れることをいいます。離檀すると、お墓を移転、改葬する必要があります。

 

離檀することが決まったらまずお寺に申し出ますが、この時、口頭でお伝えする場合と書類(離檀届け)が必要な場合とがあります。手元に契約書があれば、離檀する際の手続きが確認できるでしょう。離檀料が必要な場合の相場は、5万円から20万円といわれています。

 

契約書がなく口頭での約束であった場合には、離檀する際も口頭で伝えるだけで済む場合もありますが、この時に、これまでの感謝の気持ちを誠意を持って伝えることが大切です。一方的な通達の形ではなく、理由を説明して相談としてお伝えするのが良いでしょう。

 

離檀の際に、菩提寺とトラブルになる事例があり、高額な離檀料を請求されたり、離檀を認めてもらえないなどのケースもあります。トラブルになった場合には、弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。

「檀家」のメリット

「檀家」になるメリットは4つあります。

 

①檀家制度のもと、日常的に手厚く供養してもらえる。

②お彼岸、お盆といった寺院の繁忙期に不幸があった場合にも、優先して法事などの対応を受けられる。

③葬儀、法事などの仏事に関するあらゆる相談ができる。

④祭りなどの行事の運営に関わることで地域社会に貢献できる

「檀家」のデメリット

「檀家」になるデメリットは6つあります。

 

①毎年の維持費、護持会費など出費が必要となる。

②寺院行事や寺の修繕、改修などに際して寄付を求められる。

③葬儀や法事を他のお寺に依頼することはできない。

④入檀時には入檀料、離檀時に離檀料が必要である。

⑤戒名を付ける際、お寺のルールに従う決まりがある。

⑥多忙な場合、行事の運営など時間的な拘束が負担となる

まとめ:檀家とは何?意味について

終活をしていると「檀家」という言葉をたびたび目にするのではないでしょうか。ここでは、「檀家」の意味や「檀家」になる方法、「檀家」をやめる「離檀(りだん)」の方法、「檀家」のメリット、デメリットをご紹介しました。

 

檀家になると、いつでも仏事に関する相談にのってもらえる心強さがあります。ご自身やご家族のライフスタイルや将来、メリット、デメリットを検討して、より良い選択ができると良いですね。

お墓
お墓についてさらに知りたい方は→ お墓について関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2020 All Rights Reserved.