お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

【片付け業者受付が語る】婚礼家具、婚礼タンスの行方|時代の流れと大型家具

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

豪華な婚礼家具・婚礼タンス。

 

結婚し、嫁入り道具の1つとして親から贈られるのが一般的でした。

 

今では結婚の在り方も大きく変わり、最近はビルトイン式の収納やウォークインクローゼットが備え付けられている住宅が多くなり、大きな家具を使うことも少なくなりました。

 

時代や生活スタイルの変化とともに、婚礼タンスが邪魔になったと不用に思う人も増えてきました。しかし、お祝いとして贈られた婚礼タンスを自分のライフスタイルの変化で軽んじることに悩み、また手放すことを縁起悪く感じてしまいます。

 

せっかく親から贈られた豪華な婚礼タンス。
しかし、今の自分の生活では必要ない――。

 

わたしは、片付けやモノを回収する仕事の受付もしています。

 

いろいろな依頼がある中で、婚礼タンスなどの大型家具の処分で悩まれているお客様はとても多く、深刻なものばかり。

 

お祝いで贈られた婚礼タンスなのに、不用に感じている、手放したい、断捨離したい…
そんな現代事情をコラムにまとめました。

婚礼家具、婚礼タンスの時代の流れ

結婚

一昔前は、結婚すると立派な婚礼家具・婚礼タンス一式を親が贈り、新生活をスタートさせていました。

 

特に名古屋地方では、立派な婚礼家具を紅白の垂れ幕のかかったガラス貼りの“寿トラック”で新居に運搬されていたという話は有名です。婚礼タンスは高額なため「女の子が3人いれば家が傾く」などとも言われていました。
それほど、婚礼家具を持たすことは親の思いが詰まったものでした。

 

近年、衣類の収納は備え付けられた棚やウォークインクローゼットが主流

 

また、軽くて丈夫なプラスチック製(樹脂製)ケースがタンスの役割を果たし、押し入れや収納スペースのサイズに合わせて上手に使っている人も多くいます。

 

無印良品のプラスチック製ケースを組み合わせ、雑誌やメディアでおしゃれ収納としてよく取り上げられ、わたしも無印のケースを揃えた一人です。

大型婚礼家具に、途方に暮れる人たち

新婚家具イラスト

困り果てた電話の話

片付けやモノを回収する仕事の受付では、いろいろな問い合わせの電話がかかってきます。

 

  • モノが不用になり、どうしていいのかわからなくて途方に暮れている
  • 身内が亡くなったため遺品整理したい、など。

その中でも、自分たちで動かすことができない大型家具の婚礼タンスの場合、つい後回しになり、家の退去日や取り壊しまでの期限がギリギリの状態で相談してこられます。

 

また持ち主が亡くなられて、引き継がれた相続人や不動産会社からの連絡もあります。この場合、家中のモノや家具がそのまま残っている状態です。

  • 断捨離で使わなくなった家具を片付けしたい
  • 家を空けなければならないが、大型家具を動かすことができない
  • 親が介護施設に入居するので、ほとんどのモノが必要ない

モノを手放すにはどうしていいのかといった相談ばかり。

 

小物なら自分たちで片付けられますが、大型家具、特に婚礼タンスを手放すこと本当に大変なことです。
生きているうちでも、亡くなったあとでも、大変。

突然喪服でやってきた話

亡くなった人が単身だった場合、家の中の片付けや整理、回収作業は想像以上に苦労します。

 

関わる人全員が忙しく、お葬式や法事後に、遺産相続の話や手続きをする場合が多いようです。そこで話し合いをするものの、モノ処分や片付けをしたいが時間がない、何からどうすればいいのかわからない、集まった喪服姿のまま駆け込んでこられます。

 

何をどう手をつけていけばいいのか――。

 

亡くなった方の家に何があるのか全く把握していない、売れるものは売って相続を考えたいと話してこられますが、時間と手間がかかるのは厳しいと口を揃えて言われます。

 

結局、全て業者任せになり、もちろん費用は掛かります。
大型家具・婚礼タンスの場合は想像以上に高額な処分費用がかかり、大きさや搬出状況にもよりますが、一棹(さお)10万円も請求される場合もあります。

このようなことから、モノはできるだけシンプルに持ちたい。
自分にもしものことがあっても、のこされる人が不安にならないように整えておきたいと強く思うようになりました。

介護施設を終の棲家にされた話

一人で暮らすことに不安を感じ、介護施設を終の棲家にされた方。

 

もしもの場合を考えると実は幸せなことかもしれません。

もしものこととは、急な体調不良のことでもありますし、亡くなったあとの片付けや手探り状態の遺品整理においてもです。

 

元気なうちに、居住を今までと違うところへ移すことで、強制的にモノを処分したり、減らすことができます。大型家具も仕方なくかもしれませんが、手放すことができます。

 

本人だけでなく、周りの人へも好影響で、亡くなってもモノは少ないため、遺品整理や片付けをする人の負担がかなり軽減されます。Win-Winです。

婚礼ダンスが3セットある家の話

こちらは、終活の整理収納講座を受講した時にお会いした受講生さんの話。

 

その方は結婚の風習、婚礼家具など持たせることが華々しい地域にお住まいで、

①自分の婚礼タンス

②母親の婚礼タンス

③親戚の婚礼タンスの3セットが家にあるそうです。

 

家は本家になり広くて納屋もあります。置いておくには困らないようですが、いずれ誰かがこの婚礼タンスを処分しなければなりません。

 

処分したい覚悟はあるものの、思い入れのある婚礼タンスをどう手を付けていいのかわからない。
しかも、親戚が置いている婚礼タンスを勝手に処分するのは気が引ける。

 

このことから、誰かに託せばそれでおしまいではありません。

 

自分に必要ないからと、人に任せることは本人の気は済んだかもしれませんが、実は何の解決にもなっておらず、無責任なことかもしれません。

自分の婚礼タンスの終わりは、自分できちんと終わらせる。

婚礼家具

実際に大型婚礼家具を手放した人はどうやったのか?

実際に婚礼タンスを手放せた人の行動で多いと言われるのが、家のリフォーム時。納得できます。
置き場となる家に家具を置けないとなると手放さざるをえません。

 

それでも、どうしても処分できない、大切にしたい人は、部屋の設計を婚礼タンスに合わせてしてもらうこともよくあります。婚礼タンスはしっかりしたつくりなので虫がつきにくく、婚礼家具を大切に使い続けたい人にはいいですね。

 

婚礼タンスはお嫁入りする時、親からの大切な贈り物でした。
しかし時代は変わり、住宅事情も変わってきました。

 

重厚で奥行き60センチもある婚礼タンスは圧迫感があり部屋も手狭になります。インテリア的にも時代と合わなくなります。
せっかくいただいたお祝いの気持ちを考えると、自分を苦しめます。

 

近年、防災意識の高まりによって、大型家具の見直しを考えることも増えてきました
地震によって大型家具が転倒すると危険だという認識がひろまり、防災をきっかけに手放す人も多くなりました。

 

お祝いの気持ちを大切にしつつ、手放したあとの生活をイメージしてみませんか?

 

家具回収

もし、婚礼タンスを邪魔に感じ、使っていない、不用と思っているなら、思い切って手放してみませんか?
手放すといっても希望しない人にあげる、場所の移動というのではありません。

 

処分する!捨てる!

 

しかし、あとで「やっぱり必要」とならないように、不安がある場合は無理に処分を考えないでください。捨てると簡単にいっても、今は処分するにはお金がかかります。

処分にお金がかかる、移動することは大変だということは、しっかり頭に置いておきます。

処分を考えられている場合、まずは中古の大型家具を必要とする人がいないか、使用してくれる人がいないか探してみましょう。立派な家具であったとしても今は需要は少ないですが、売れるかどうかも探してみます。

 

海外では日本製のしっかりした家具の需要があるので、そういう買取りを強化しているリサイクル・リユース店を探してみるとよいでしょう。

 

お店が買取してくれそうな場合でも、搬出費用はかかりますので、そのあたりはしっかりと見積りしておきます。

 

ちなみに階段から大型家具を下ろす場合、重量があるため作業費が上乗せでかかる場合が多く、また2階の窓からしか搬出できない場合は、クレーン車での対応になる場合があります。想像以上に大変です。

婚礼家具、婚礼タンスをリメイクして使い続ける

親からの贈り物である婚礼タンスは、やっぱり処分せずに大切に持っておきたい、でも生活に合わない、大きすぎる――。

 

このようなお悩みの方は、リメイクするという方法があります。

 

家具をリメイクしてくれる業者に依頼して、キャビネットやテレビボードやデスク、テーブルに変えることができます。

 

意外なことに仏壇にリメイクする実例もあります。

 

婚礼タンスを自分好みにリメイクすることで、いつまでも使い続けられる。贈ってくれた人の気持ち、大切に使い続けたい自分の気持ちに合い、とても素敵なことだなと思います。

 

また、思い切って自分でDIYして変えてみるのはかがでしょうか?婚礼タンスを収納棚に作り直す、倒してベッドにするといった斬新なことも可能です。

 

生活様式も価値観も多様化している時代。
モノや世間体にとらわれず柔軟に暮らすことは、自分にとってベストではないかなと思います。

大型婚礼家具との付き合い方と生前整理

昔は、家屋を解体する時に不用になった家具も一緒に処分してもらおうこともできていました。
現在は、不法投棄の問題から処分をすることが厳しくなり、業者は市町村から「一般廃棄物収集運搬業の許可」を取得、そのため処分するそれぞれのものに対して処分費用を上乗せするようになっています。

 

昔より高額になったという話はよくあります。

自分にもしものことがあって、何も片付けられないまま死亡してしまったら――
住んでいた家や家具のお金は誰が負担するのでしょうか?

やはり元気なうち、行動できるうちに自分の身の回りのモノを最小限にしておくことは大事です。終活ではこれを生前整理といいます。

 

結婚のお祝いとして親から贈られた婚礼タンスだけど、不用に思う人はいます。
そして、どうすればいいのか悩まれている人は実はとても多いです。

 

生活スタイルも価値観も多様化している時代。

 

婚礼タンスを持ち続けておくこと、手放すこと、リメイクして変えてみること――。
自分が居心地よく暮らせるように、自分にとってベストなモノの持ち方をしていきたいですね。

  • 人生をより良いものにするため
  • 老後の安心のため
  • もしもの時、残された家族の負担にならないように

終活では生前整理というものを行います。生前整理については以下から記事一覧を見ることができますので、気になる方は合わせてお読みくださいね。

この記事を書いた人

きむらなみ
元気なうちに整える。今をよりよく生きることを考え、終活をDesignしていきたい。子どもが2人いる兼業主婦、香川県在住。

ダンボールと本
生前整理についてさらに詳しく知りたい方は→ 『生前整理』記事一覧

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.