ダンボールと本

生前整理・遺品整理

生前整理のやり方〜自分にとって必要な物を知るステップごとの片付け方法

更新日:

  • 生前整理なんて、まだ自分には早すぎる気がする・・・
  • そもそもやり方がよく分からない
  • 「終活」をやり始めたけれど、生前整理までするのは億劫だ

そんな風に思っていませんか?

特に整理整頓や片付けが苦手な方なら尚更、後回しにしてしまいたくなりますよね。しかし生前整理とは、残された親族のためにすることだけが目的ではありません。

 

整理をすることで、自分自身が生きやすくなるというメリットもあります。

 

今回は、

・生前整理とは何なのか

・メリットや注意点

・やり方や、開始する時期

について解説していきます。

 

生前整理とは何? やる意味はあるの?

生前整理とは、生きている間に身の回りのものを整理することです。

 

似た言葉で「遺品整理」というものがありますが、これは自分の死後、遺族が遺品を整理することを指します。

 

「生前整理」は、残された遺族の負担を減らすために行うことが目的とされていますが、実は自分自身のメリットが非常に大きいのです。

 

なるべく早く、体が自由に動かせるうちに「生前整理」を行うことで、物事をシンプル化させ、自分自身を見つめ直すキッカケにもなります。

 

生前整理=面倒臭い

 

そんな風に感じてしまう人もいるかも知れませんが、「生前整理」には多くのメリットがあります。

 

生前整理を行うことのメリット

ほうきとバケツ

メリットがないと、面倒な「生前整理」の重い腰が上がりませんよね(笑)!

 

ここでは、生前整理を行うことのメリットについてお話ししていきます。

 

生前整理メリット1:家族(遺族)の負担を減らす

亡くなった方の遺品を一から整理するのは、想像以上に大変で苦痛を伴う作業です。また、残された遺品の分配を巡って、遺族同士が争いになる可能性も十分に考えられます。

 

自分の死後、残された大切な人たち(家族)に、そのような思いや負担をかけたくないですよね。ある程度「生前整理」をしておくことで、そういった負担やトラブルと防ぐことができます。

 

生前整理メリット2:自分自身のため

数年前から、ミニマリスト・断捨離・シンプルライフという言葉を耳にしたり、目にする機会が増えたと感じます。

 

流行った背景には、「自分にとって必要なものは何なのか」を考えシンプル化させることで、自分自身を見つめ直すキッカケとなり、人生を輝かせることができるということが挙げられます。

 

整理をしていると、「懐かしいな」という物に出会ったり「こういう事に興味があったんだよな」と、自分でも忘れかけていた物に出会うかも知れません。

 

それがキッカケとなり、新たな目標が見つかる可能性もありますよね。

 

元気なうちに生前整理を行うことは、残された時間を自分らしく素敵に生きることへも繋がります。

 

生前整理のメリット3:住みやすい環境で、ストレスのない安心した老後を送ることができる

体が元気で自由に動かせる時は、多少、物が上の方にあっても難なく取れるでしょう。

 

しかし歳をとると、そういった動作が難しくなったり、怪我の原因にもなりかねません。さらに日本は地震大国ですので、危険な箇所はできるだけ無くし、安全・安心できる環境を作ることも大切です。

 

また、身の回りが整理されていると、それだけで快適に過ごすことができ、ストレスフリーな生活を送ることができます。

 

家を整理することで、自分の身を守れるだけでなく、将来への不安やストレスも減らすことができるんです。

 

生前整理のやり方〜ステップごとに解説

 

「生前整理」でなくても、片付けは事前準備もなく始めると路頭に迷うことがあります(私のことです・笑)

 

やり始める前に、どのようなステップで、何日間かけて行うかを決めておくことで、スムーズに進めることが出来ます。ここではステップごとに解説していきますね!

 

1:やることリストを作る

前述した通り、突然

「さぁて! 生前整理でも始めるかっ!」

と勢いに任せて始めると・・・・

 

「何が何だかわからなくなってきた! 捨てようと思ったけど、やっぱり捨てられない! 余計散らかった気がするっっ!」

と、最悪な展開が予想されます。

 

そうならないために、まずは生前整理でやることをリストアップしていきましょう。

例えば

○日までに〇〇を終わらせる

1日目:本棚の整理

2日目:押入れの整理

〜〜

〜〜

のように、日別にやることをリストアップしても良いですし、物別にリストアップしても良いですね。

 

リストアップすることで、自分がやるべきことが明白になりますし「いつ、生前整理が終わるんだろう・・・」と途方にくれることも無くなります

 

2:捨てるもの・残すもの・リサイクル(譲る)ものの基準を決める

次に、物の基準を決めていきます。

 

人生がときめく片づけの魔法の、近藤麻理恵(こんまり)さんの言葉で言うなら「ときめくモノ」「ときめかないモノ」です。

 

例えば

  • 昨年着なかった服は捨てる
  • 「読もう」と思いながらも、いまだに読んでいない本は全捨て
  • 新品で押入れにしまってあるものは、誰かに譲るか、リサイクルショップに出す

など、マイルールを決めていきます。

 

そうすることで、

「あ〜、この本、読んでないけど捨てるの勿体無いな」とか

「昨年は着なかったけど、来年はもしかしたら着るかも」

という迷いに支配されて、手が止まってしまうことを防止することが出来ます。

 

3:実際に分別していく

リストを作り、基準(マイルール)を決めたら、次は実際に分別していきましょう。

 

1日で終わらせようとするのではなく、最初に作ったリストの通り、今日は押入れ!と決めたら、あとはマイルールに沿って淡々と作業を進めていきます。

 

分別するとき「捨てるもの」「残すもの」「譲るもの」と、ダンボールなどで分別できるようにすると便利ですよ!

分別する人

 

ジュエリー・貴金属の遺品整理なら

4:分別したものを処分または所定の位置に戻す

最後に「3」で分別したものを、処分または所定の位置に戻していきます。

「捨てるもの」・・・自治体の決まりを守って、ゴミの日に捨てましょう

「残すもの」・・・出し入れしやすい位置へ、戻していきます

「譲るもの」・・・譲る人がいる場合は連絡をとったり、リサイクルショップなどに売る場合は、その手続きをしましょう

生前整理が終わった部屋を改めて見てみると、必要なものだけに囲まれた生活がいかに快適か実感することでしょう

 

生前整理はいつやる? 時期やタイミングについて

結論から言いますと、思い立った日に「生前整理」の準備を進めることを、オススメします。

 

「生前整理」と言ってしまうと自分の死後、遺族に迷惑をかけないため・・・と思いがちですが(目的はそれも、もちろんあるのですが)自分自身が快適に暮らすために必要な片付けだと思えば、早く始めるに越したことはありませんよね。

 

「生前整理」は、家中の不要なもの、必要なものを分けるのですから、思った以上に大変なことです。

 

体力・気力が十分あるうちに行うことで、スムーズに取り組むことができますよ!

 

まとめ:生前整理のやり方〜自分にとって必要な物を知るステップごとの片付け方法

 

「生前整理」と聞くと、元気なうちから死後の準備をしているようで、縁起が悪い・・・と思ってしまう方もいるようです。

 

しかし身の回りを整理し、必要なもの・不要なものを分ける作業というのは、何も生前整理に限らず、生きていく上で必要な作業だとも言えますよね。

 

生前整理をすることで、自分にとって必要なものは何なのかを知り、整理整頓された家で心機一転、新たなスタートを切るキッカケとなれば良いなと思います。

 

ぜひ、体力・気力のあるうちに、重い腰を上げて生前整理をしてみましょう!

 

▼次はこちらの記事がおすすめ▼

終活の片付けは断捨離とは違うの?生前整理のポイントやメリットについて

【徹底解説】終活とは?準備や進め方、始めるタイミングまで全部まとめて説明します!

終活をしている中で出てくる様々な問題については▼

サービス案内

-生前整理・遺品整理

Copyright© 終活の相談窓口 , 2019 All Rights Reserved.