お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

【春・秋】2021年のお彼岸はいつ?期間や由来、お墓まいりの時期について解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

毎年お彼岸の時期がやってくると家族とお墓まいりに行き、そのあとはゆっくりとだんらんのひとときをお過ごしになる人が多いかと思います。

 

ところでお彼岸とはなんのためにあるのでしょうか?お彼岸の意味はなんとなく理解していたとしても「くわしいことは分からない」と、口ごもってしまう人もお見えです。

 

この記事では2021年度のお彼岸はいつごろなのかをご紹介します。ほかにもお彼岸の由来やお墓まいりに行くタイミングなどを解説。あわせておそなえに適した季節の花もおつたえします。

 

2021年度のお彼岸がいつなのかだけ、知りたい方は以下をご覧ください!

2021年度のお彼岸は(春)3月17日〜3月23日(秋)9月20日〜9月26日!

春・秋 彼岸の入り 彼岸の中日 彼岸の開け
2021年
(令和3年)
春の彼岸 3月17日(水) 3月20日(土) 3月23日(火)
秋の彼岸 9月20日(月) 9月23日(木) 9月26日(日)

 

お彼岸とは?意味や由来をご紹介

お彼岸とは到彼岸(とうひがん)との意味があり、煩悩や迷いのある世界からぬけだして、悟りのひらけた世界にやってくること、または悟りをひらくための修行のことを意味します。ちなみにお彼岸の語源は、サンスクリット語の※①波羅蜜多(パーラミタ、はらみった)です。

※①波羅蜜多:仏教用語で「彼岸(パーラム)」「至る(イタ)」の意味をもつ言葉。

仏教の世界では、あの世を彼岸(ひがん)というのに対し、人間の生きているこの世を此岸(しがん)と言います。

 

また「西方浄土」といって、むかしから西に極楽浄土があると考えられていました。とくに春分の日と秋分の日には、此岸のある真東から太陽がのぼって、彼岸のある真西に太陽がしずみ、※②冥土(めいど)とこの世がつうじやすくなると考えられていたのです。

※②冥土:死者のいる世界。すなわち、あの世。

そのため古来よりお彼岸の時期になると、冥土からやってきたご先祖と会うために、墓をおとずれる人がたくさんいました。

 

春分の日と秋分の日に先祖のお墓へ足をはこぶのには、このような理由があったのですね。

お彼岸とお盆とではどこがちがう?

お盆はご先祖さまの魂が、現世に帰ってくるとされる時期です。ちょうどその頃になると、この世で生きている私たちは提灯(ちょうちん)や精霊馬などのお盆飾りをだして、ご先祖さまが途中で迷われないよう「お迎え」します。

 

一方でお彼岸は、この世とあの世が通じやすくなるとされている時期です。

 

お彼岸の場合、この世で生活している私たちがご先祖さまのことを想い、そして感謝の気持ちをこめて「供養」することが目的です。

お彼岸の期間はいつからいつまで?

お彼岸は年に2回あり、※⑴春分の日と※⑵秋分の日が該当します。2つの祝日を中心に、前後3日間をあわせた7日間をお彼岸と呼んでいるのです。お彼岸の期間はそれぞれ彼岸の入り、中日、彼岸明けと呼ばれています。

※⑴春分の日: 3月20日ごろ(お彼岸の中日)

※⑵秋分の日:9月23日ごろ(お彼岸の中日)

国民の祝日のひとつで、1948年に法律で制定されました。以前は春季皇霊祭と呼ばれていたのだとか。

 

春分の日は“自然をたたえ、生物をいつくしむこと”を目的とした日です。ちなみに春分とは*二十四節気のひとつで、春の中間を意味します。

*二十四節気(にじゅうしせっき)とは?

1年を24分割し、もっとも昼の長い日を夏至、もっとも昼のみじかい日を冬至、そして昼と夜の長さが同じ日を春分・秋分とする考えのこと。つまり二十四節気とは、それぞれを春夏秋冬の中心とさだめることで、季節を決定した暦のことをいいます。

春分は、季節が冬から春にきりかわるタイミングです。よって春のお彼岸は、長い冬の終わりを意味し、土のなかで長らく眠っていた生き物や草花が顔を出しはじめます。

 

おだやかな雰囲気につつまれているこの時期に、お墓まいりへと出かける人もたくさんお見えではないでしょうか。

 

日本の祝日で、“先祖をうやまい、亡くなった人々をしのぶ”ための日です。一般財団法人日本石材産業協会は、このようにさだめられていることを受け、秋分の日を「お墓まいりの日」と名づけて記念日申請をし、無事に制定されました。

日本にはご先祖様の霊をお迎えする「お盆」や先祖を敬い亡き人を偲ぶ日として「春秋の彼岸」があり、地域ごとに歴史と風土が育んできた尊い風習です。こうした先祖代々に手を合わせる日本らしい文化を絶やすことなく未来へつなげていきたいという願いをこめ、「お墓参りの日」を記念日申請し、制定されました。

(引用:一般財団法人日本石材産業協会)

秋分の日をむかえると、季節は暑い夏からすずしい秋へと変わりはじめ、昼の長さと夜の長さが同じになります。日本人にとってこの時期は、稲刈りのシーズンです。ほかにも田んぼのあぜ道に咲きほこる赤い彼岸花が、秋を知らせてくれます。

 

むかしから秋彼岸は、稲穂の収穫をよろこび、ご先祖さまに感謝を告げることを目的とする風習です。現代にいたっても、おはぎやお団子などを仏壇におそなえしたり、お線香をあげたり、お墓まいりをしたりします。

お彼岸の日程はどのように決められる?

国民の祝日である春分の日秋分の日を中日として、前後3日間、合計7日間をお彼岸と呼んでいます。毎年2月になると、内閣にて会議がおこなわれ翌年のお彼岸はいつになるのか決められるのです。

 

春分の日と秋分の日は、国立天文台が作成する「歴要項(れきようこう)」をもとに決定されます。毎年日付の変わることから「移動祝日」とも呼ばれているのです。

2021〜2024年のお彼岸の予定は?

お彼岸の日程を知りたい人のために、2021年から2024年までの予定をまとめました。

春・秋 彼岸の入り 彼岸の中日 彼岸の開け
2021年
(令和3年)
春の彼岸 3月17日(水) 3月20日(土) 3月23日(火)
秋の彼岸 9月20日(月) 9月23日(木) 9月26日(日)
2022年
(令和4年)
春の彼岸 3月18日(金) 3月21日(月) 3月24日(木)
秋の彼岸 9月20日(火) 9月23日(金) 9月26日(月)
2023年
(令和5年)
春の彼岸 3月18日(土) 3月21日(火) 3月24日(金)
秋の彼岸 9月20日(水) 9月23日(土) 9月26日(火)
2024年
(令和6年)
春の彼岸 3月17日(日) 3月20日(水) 3月23日(土)
秋の彼岸 9月19日(木) 9月22日(日) 9月25日(水)

(参考:販促マップ

春と秋のおそなえもの「ぼたもち」と「おはぎ」について

お彼岸のおそなえものである「ぼたもち」と「おはぎ」は同じ食べ物です。それではなぜ、呼びかたが異なるのでしょうか?

理由は以下のとおりです。

  • 時期によって春分の日はぼたもち、秋分の日はおはぎと呼び名が変わる。春彼岸は春の花である牡丹(ぼたん)にたとえ、秋は萩の花から由来しているため。
  • ぼたもちはこしあん、おはぎはつぶあんが使用されている。あんこの原料(小豆)が、秋に収穫されるため、春は保存された小豆をすりつぶして使う。一方で秋は収穫後の小豆をそのまま使用する。

春はぼたもち、秋はおはぎと呼び分けられるのには、上記のような理由があったのですね!

お彼岸のお墓まいりはいつ行くべき?

1年の中でもお彼岸はお盆や大晦日などとならぶ、大切な仏事です。多くの人がお墓まいりに出かけることでしょう。

 

お彼岸の中日である春分の日、秋分の日は祝日のためお墓まいりをされる人が多いと聞きますが、彼岸中であればいつ行っても問題ありません。

 

お墓まいりの際はとくに特別なことをする必要はなく、いつもと同じようにお墓まわりを掃除して、花や線香をおそなえしたあとご先祖さまにご挨拶しましょう。

お彼岸にはどのような花をえらべばいい?

お墓にそなえる花束は対(=2束)になっているものをえらびます。あらゆる花の中でも「トゲのある花」「匂いのつよい花」「毒のある花」はさけましょう。

 

また、お墓は外にあることが多いため花も外気にさらされます。そのため、できるだけ日持ちする花をえらぶとよいかもしれません。こちらでは春・秋の花をそれぞれご紹介します。

春の花:菊、カーネーション、スターチス、フリージア、スイートピー、ユリ、トルコキキョウ、ラン、キンセンカ、アイリス、マーガレット、牡丹、ストックなど

お彼岸のみならず、仏花の定番といえば菊の花です。古来より菊には邪気(=悪いもの)をはらう力がやどっていると信じられ、使用されてきました。日持ちのする花のため、長寿のシンボルとしてもたとえられます。

ユリ

ご供花には白いユリが使われることが多いです。おごそかな場面にふさわしく、長持ちする花のため重宝されています。

カーネーション

母の日に贈る花のイメージがつよいカーネーション。1907年に、アメリカのヴァージニア州に住むアンナ・ジャービスという女性が「亡き母への追悼」として、教会で白いカーネーションを配布したのがきっかけで、母の日が誕生したとされています。このことからもわかるように、カーネーションはお彼岸に適した花です。

秋の花:リンドウ、菊、ケイトウ、ソリダコ、カーネーション、ユリなど

春と同様に、秋には菊やカーネーションが咲きます。ほかにもリンドウやソリダコなど、気品に満ちた花々をおそなえするのが一般的です。

まとめ:【春・秋】2021年のお彼岸はいつ?期間や由来、お墓まいりの時期について解説

2021年のお彼岸について特集しました。春は3月17日から3月23日まで、秋は9月20日から26日までがお彼岸の時期です。

 

今年は感染症拡大が懸念されるため、帰省するのはなかなかむずかしいかもしれませんが、可能な範囲でご先祖さまの供養をし、よいお彼岸をおむかえください。

冠婚葬祭、贈り物などのマナーについて知りたい方は→ 『マナー』記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧

『無料で取得できる!』終活ガイド検定にチャレンジしてみませんか?

  • 老後に役立つ知識を学びたい
  • 終活を始める前にある程度の土台を作りたい
  • 今持っている資格との、ダブルライセンスとして活用したい
  • セカンドキャリアや再就職を考えている
  • 無料だし、とりあえず取得してみようかな

目的や活用方法はあなた次第!まずは無料で取得できる「終活ガイド検定」にチャレンジしてみませんか?

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお問い合わせください。

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.