0120-111-859

image

終活の相談窓口

在宅ワークを40代で始めるメリットやおすすめ職・資格をご紹介

トップ > 在宅ワークを40代で始めるメリットやおすすめ職・資格をご紹介

「在宅ワークに興味がある」「40代でもできるかな?どんな仕事が良いんだろう?」

 

こんな風に在宅ワークをやってみようと考えていたり、そもそも在宅ワークができるのか気になっているのではないでしょうか?

 

昨今ではリモートワークも一般化してきており、自宅で仕事をこなす方も増えてきました。

 

そのため、40代でも在宅ワークは十分可能です!

 

本記事では、40代が在宅ワークで働くメリットやデメリット、おすすめの在宅ワークなどを解説しています。

 

これから在宅ワークをしようと考えている方の参考になるよう情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 在宅ワークとは?
  • 40代が在宅ワークで働くメリット
  • 40代が在宅ワークで働くデメリット
  • 自分にあう在宅ワークの探し方
  • 40代におすすめの在宅ワーク
  • 40代で在宅ワークにおすすめな資格
  • 在宅ワークの注意点
  • まとめ:在宅ワークを40代で始めるメリットやおすすめ職・資格をご紹介

在宅ワークとは?

まずは、そもそも在宅ワークとは何かという点について解説します。

 

在宅ワークとは、自宅で仕事をすることを意味します。

 

会社へ通勤する必要がなく自宅でお仕事ができるため、出社が難しい方やまとまった時間を確保できない方などに向いている働き方です。

 

特に、女性はライフスタイルが変化しやすいため、在宅ワークに適しているでしょう。

 

例えば、在宅ワークには以下のようなお仕事が存在します。

 

 

上記で挙げたもの以外にも、パソコンを使った仕事の幅は広がっており在宅ワークの需要は増加しています。

40代が在宅ワークで働くメリット

自宅で仕事ができるのが魅力在宅ワークですが、40代で在宅ワークするメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

 

気になる在宅ワークで働くメリットには以下の6つが挙げられます。

 

  1. 好きな場所で働ける
  2. 個々の都合で働ける
  3. 人付き合いが減る
  4. パソコン上で完結できる仕事が豊富
  5. 経験や経歴を活かした仕事ができる
  6. 副業・兼業も可能である

 

順番に説明します。

好きな場所で働ける

在宅ワークの大きな魅力に好きな場所で働けるが挙げられます。

 

自宅以外にもカフェやコワーキングスペースなど、自分で作業が捗る場所を選びお仕事ができるのはいいですよね。

 

会社員の方の中には「毎日出勤するのが辛い」「満員電車に乗りたくない」と思っている方も多いはずです。

 

在宅ワークであればこのような悩みから解放されます。

 

近年では新型コロナウイルスをはじめとする感染予防意識が高まっており、在宅ワークは感染予防対策にもぴったりです。

 

好きな場所で働けるのは身体的にも精神的にもストレスフリーなため、自由度高く生産性を保った仕事ができるでしょう。

個々の都合で働ける

在宅ワークの多くは時間で縛られておらず、成果に対して報酬が支払われます。

 

そのため、会社員よりは個々の都合に合わせた働き方がしやすいのも特徴です。

 

例えば、お子さんのいる主婦であれば8時間などのまとまった時間を取ることは難しいかもしれませんが、空いた時間でコツコツ作業はできます。

 

自分の使える時間を活用しながらお仕事できるため在宅ワークは最適です。

 

他にも、

「水曜日は休みたいけど土日は働ける」
「外に出るのは難しいが自宅でなら仕事ができる」
「日中は本業があるが、夜なら時間がある」

といった、様々な働き方に在宅ワークは対応できます。

 

働き方の幅や自由度がある点も在宅ワークのメリットと言えるでしょう。

人付き合いが減る

在宅ワークではチャットやオンライン会議などの最低限のコミュニケーションは必要なものの、対面での人付き合いはグッと減ります。

 

そのため、人との関わりを最低限に抑えられる点も人によっては利点です。

 

会社員だと仕事終わりに飲みに行ったり、社内での人間関係に疲れたりといった経験のある方が多いでしょう。

 

このような煩わしさから解放される点も在宅ワークの良いところです。

パソコン上で完結できる仕事が豊富

在宅ワークの種類にもよりますが、基本的にパソコン上で完結できる仕事が多いです。

 

パソコン一つあればお仕事できるので、先述したように出勤や対面打ち合わせは不要、好きな場所で仕事に取り組めます。

 

余計な手間を省いて仕事に集中したい方には非常に嬉しいメリットと言えますね。

経験や経歴を活かした仕事ができる

在宅ワークでも、ご自身の経験や経歴を活かしたお仕事が可能です。

 

会社員時代にコンサルティングを行っていた方は、同じコンサルティングを在宅ワークでもできますよね。

 

「そういった職歴がないよ」という方であっても、例えばブログやアンケート、YouTubeなどの動画コンテンツなどはあなたの知識や経験を発信できます。

 

こんな風にあなたの経験や経歴を活かしたお仕事ができる点も、在宅ワークのメリットです。

副業・兼業も可能である

在宅ワークは何も本業に限った話ではなく、副業や兼業もできる柔軟性のある働き方です。

 

インターネット上で取り組める在宅ワークが増加していることで、サラリーマンの副業として始めている方も多いですよね。

 

本業を辞めて在宅ワークに変えるのもいいですし、一度副業として在宅ワークを始めることもできるのです。

 

「40代でいきなり在宅ワークに変えるのは難しい」と思う方は、まずは副業という形で在宅ワークを始めても良いかもしれません。

40代が在宅ワークで働くデメリット

前章で在宅ワークで働くメリットをご紹介しましたが、一方で在宅ワークにはデメリットも存在します。

 

在宅ワークで働くデメリットには以下の3つが挙げられます。

 

  1. 最初は収入が安定しない
  2. 自己管理が必要不可欠
  3. 営業スキルが重要になる

 

1つずつ解説します。

最初は収入が安定しない

どんなお仕事にも言えることですが、収入面が安定するまでには時間がかかるケースが多いです。

 

特別なスキルがあれば最初から稼ぐことも難しくありませんが、そうでない場合は最初はあまり稼げないと考えておくと良いでしょう。

 

会社員から在宅ワークに切り替える場合は、数ヶ月は生活できる程度の貯金があると安心です。

 

また、在宅ワークに活かせるスキルや資格を持っておくと良いでしょう。

 

在宅ワークにおすすめな資格については後ほどご紹介します。

自己管理が必要不可欠

在宅ワークが好きな場所で自由に働ける反面、自分で仕事のスケジュールを立てたり時間を確保する必要性が出てきます。

 

そのため、自己管理ができない人にとって在宅ワークは厳しいものになるでしょう。

 

会社員の場合は体調不良で仕事を休んでも給料が出ますが、在宅ワークの場合はそうもいきません。

営業スキルが重要になる

在宅ワークの多くはクラウドソーシングや見込み顧客を探して営業することになります。

 

そのため、仕事をもらうための最低限の営業スキルは重要です。

 

特に、稼げる仕事をするには営業が必要になります。

自分に合う在宅ワークの探し方

ここまでの説明で在宅ワークについて理解が深まってきたのではないでしょうか?

 

在宅ワークがどんなお仕事なのかわかったてきたところで、自分に合う在宅ワーク探し方を見ていきましょう。

 

在宅ワークでお仕事を探す場合は、以下のポイントを押さえてみてください。

 

  1. 知識やスキルを活かせるかどうか
  2. ライフスタイルにあっているかどうか
  3. 給料額が希望に沿うかどうか

 

順番に説明します。

知識やスキルを活かせるかどうか

あなたがこれまで習得した知識やスキルが活かせるかどうかで探すのが一つの手です。

 

例えば、プログラマーとしてお仕事をしていた方であれば、そのままプログラミングの知識を活かして在宅プログラマーになれます。

 

他にも、Webライターやデザイナー、動画編集者など知識やスキルがあれば在宅ワークでもお仕事可能です。

 

ただし、これらの中には知識やスキルだけでなく実務経験が必要な場合もあります。

ライフスタイルにあっているかどうか

在宅ワークの多くは固定勤務時間を設定していないものが多いです。

 

しかし、中には「この日は固定で働いてほしい」といった内容のお仕事もあるため、仕事を選ぶ際は自分のライフスタイルにあっているかどうか確認する必要があります。

 

ライフスタイルにあった仕事でないと、ゆとりある生活を送るのが難しくなるため、ライフスタイルに合わせて在宅ワークに取り組む方も多いです。

給料額が希望に沿うかどうか

どんなお仕事であれ、給料や報酬が希望に見合っているかどうかは重要でしょう。

 

会社から支給される給与とは違い、在宅ワークで得られる報酬は下限も上限もありません。

 

副業でお小遣い程度が稼げれば良いのか、会社の給料と同等の金額が欲しいのかで働き方も変わってくるでしょう。

 

自分にはいくら必要なのかを知った上でお仕事を探すことは大切になります。

40代におすすめの在宅ワーク

では、40代におすすめの在宅ワークにはどんなものがあるのか、ここでは具体的な仕事例をご紹介します。

 

仕事の種類 仕事内容 報酬目安
データ入力 ・​​PDF化された文書や手書きの文書を打ち込む
・指定された情報を探してまとめるなど
月1万円〜10万円(成果報酬型が多い)
アンケート回答 ・特定の体験に関するアンケートに回答する

など

1件10~50円ほど
動画・テープ音源の文字起こし ・録音データや動画内容をパソコンに文字入力する

など

1分150~240円
翻訳 ・外国語から日本語へ、日本語から外国語へ翻訳する

など

月15万円〜40万円(1文字5~8円)
Webライティング ・情報を集めて記事にまとめる
・インタビューを行い記事にまとめる
・資格や専門性がある人ほど稼げるなど
月1万円〜100万円(成果報酬型が多い)
(文字単価:0.5円〜10円)
Webデザイン・ホームページ制作 ・Webサイトのデザインを制作する
・Webサイトを制作するなど
月5万円〜100万円
プログラミング ・Webサイトやアプリケーションなどの開発を行う

など

月5万円〜200万円
イラスト作成 ・ポスターや広告などのイラストを制作する

など

月3万円〜50万円
雑貨の販売 ・雑貨をハンドメイドで制作して販売する

など

月1万円~10万円
オンライン秘書 ・企業や個人事業主の秘書を行う

など

月1万円〜30万円

 

在宅ワークの種類には様々なものがありますが、基本的に専門資格やスキルを活かせる仕事のほうが報酬は高くなる傾向にあります。

 

もし「今活かせるスキルや知識を持っていない」という場合は、次に紹介するおすすめ資格の取得を目指してみても良いかもしれません。

40代で在宅ワークにおすすめな資格

在宅ワークを行う上で資格を持っていることは必須ではありません。

 

むしろ、資格よりはそのお仕事ができるかどうかのスキルの方が重要になります。

 

とは言え、例えば同じスキルを持っている人から応募があった場合、一方が仕事内容に活かせそうな資格を持っていれば、そちらを採用したくなりますよね。

 

このように、資格を持っていることは付加価値として役に立ちます。

 

では、40代が在宅ワークを行う上で持っておくと得する資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、40代で在宅ワークにおすすめな資格をまとめました。

 

 

資格名 資格内容
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト) Word、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する資格
WEBライティング技能検定
WEBライティング能力検定
ライティング技能の向上やライティングスキルの証明になる資格・検定
日本語検定 日常生活・ビジネス問わず全てのシーンで活用できる、日本語を正しく使えるようになるための手立てとなる検定
ビジネス著作権検定 著作権や知的財産権の保護と知識と活用能力を証明する資格・検定試験
JTFほんやく検定 実践的な実務翻訳の技能を測る試験
JTA公認翻訳専門職資格試験 JTA公認翻訳専門職資格試験翻訳のプロフェッショナルとしての能力を総合的に審査して認定する試験
翻訳実務検定TQE 実務レベルの翻訳力を認定する資格試験
アドビ認定アソシエイト アドビ製品を使いこなすスキルを証明する資格
Photoshop®クリエイター能力認定試験
Illustrator®クリエイター能力認定試験
「Photoshop®」「Illustrator®」の活用能力を測定・評価する資格検定試験
Webクリエイター能力試験 Webサイト制作職に必要とされるWebサイト制作のデザインおよびWebページのHTMLタグ・CSS等のコーディング能力を測定・評価することを目的にした資格試験
ウェブデザイン技能検定 Webサイト制作に必要なウェブデザインやシステム構築などの知識や技能、実務能力を問う試験
HTML5プロフェッショナル認定試験 HTML5、CSS3、JavaScriptなど最新のマークアップに関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定する認定制度
PHP技術者認定試験 プログラミング言語であるPHPのスキルを証明するための唯一の資格
Pythonエンジニア認定試験 汎用のプログラミング言語Pythonの専門知識を評価する試験
Ruby技術者認定試験 Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象とした認定試験制度
基本情報技術者試験 システムエンジニアやプログラマーといった、ITエンジニアが理解しておくべき基本的な知識を体系的に学習できる資格

 

興味のある資格から勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

合わせてチェックしてみてください。

在宅ワークの注意点

最後に、在宅ワークを行う上で注意しておくべきことをご紹介します。

 

それが以下の4つです。

 

  1. 基本的に稼げるようになるまで時間がかかる
  2. 同じ仕事でも報酬が異なる場合もある
  3. 悪徳業者に気をつける
  4. 運動不足・体調不良に気をつける

 

先述したように、特別なスキルがないと在宅ワークで稼げるようにまでには時間がかかります。

 

また、体調管理には十分気をつける必要があります。

 

特に、在宅ワークは運動不足になりやすいため、意識的に買い物や散歩、ストレッチなどを行ってみてください。

まとめ:在宅ワークを40代で始めるメリットやおすすめ職・資格をご紹介

今回は40代が在宅ワークで働くメリットやデメリット、おすすめの在宅ワークなどをご紹介しました。

 

働き方の柔軟性やスキルや経験を活かせるなど、在宅ワークには様々な利点があります。

 

ご紹介したデメリットと合わせて、ぜひ在宅ワークで働くかどうか検討してみてください。

 

特に、専門性の高いスキルを持っている場合は在宅ワークで有利に活かせますので、特別なスキルや知識がない場合は、資格取得を目指してみるのも良いでしょう。

 

ぜひあなたに合わせた方法で在宅ワークを検討していただければと思います!

トップへ戻る