0120-111-859

image

終活の相談窓口

70代でも在宅ワークはできる!おすすめや未経験からの始め方を紹介

トップ > 70代でも在宅ワークはできる!おすすめや未経験からの始め方を紹介

「70代でも在宅ワークはできる?」「70代の在宅ワークにおける仕事内容は?」など、疑問に思っていませんか?

 

70代でも仕事をしたいと考えている人の中には、家でできる仕事を探している人も多いのではないでしょうか。

 

結論、70代でも在宅ワークは可能ですが、主にはパソコンの仕事が中心となります。

 

在宅ワークを始めたいと考えるなら、仕事内容もそうですが事前にどれだけ準備を進めておくかが大切です。

 

本記事では、70代でも在宅ワークができるかどうかについて説明しつつ、在宅ワークの仕事内容やメリット・デメリットについて解説していきます。

未経験からできる在宅ワークの始め方も解説しているので、これから始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 70代でも在宅ワークはできる!
  • 70代でもできるおすすめの在宅ワーク
  • 70代で在宅ワークを始めるメリット・デメリット
  • 未経験から70代で在宅ワークを始める方法
  • まとめ|70代でも在宅ワークはできる!おすすめや未経験からの始め方を紹介

70代でも在宅ワークはできる!

70代でも在宅ワークはできる!

冒頭でもお話しましたが、70代でも在宅ワークは可能です。

 

近年の在宅ワークは主にパソコンを使った仕事が多く、体力を使うことはほとんどありません。

むしろ、70代である程度のパソコンスキルを持っていれば、在宅ワーカーとして十分に働くことは可能です。

 

一方で、在宅ワークの中にはパソコンスキルがほとんど必要なかったり、パソコンを使わなくてもできる簡単なお仕事も少なくありません。

 

もちろん簡単なお仕事は収入がそこまで見込めませんが、大きな収益を求めないのであれば自由度が高い在宅ワークを選ぶのがおすすめです。

70代でもできるおすすめの在宅ワーク

この章では、70代でもできるおすすめの在宅ワークについて紹介していきます。

以下におすすめの在宅ワークにおける仕事内容や給料、難易度についてまとめました。

 

仕事の種類 仕事内容 給料 難易度
シール貼り 商品などのバーコードや値札、宛名のシールなどを貼る仕事 月1〜2万円
成果報酬型が多い
(単価:0.1円〜2円)
簡単
ポイントサイト アプリのダウンロードや資料請求、アンケートの回答をすることでポイントを獲得する仕事。獲得したポイントはお金やギフト券に還元可能。 報酬単価:1円〜5,000円 簡単
アンケートサイト アンケートに答えて報酬をもらう仕事 報酬単価:1円〜5,000円 簡単
データ・文字入力 ECサイトの代行入力やデータの情報整理、取材インタビューの文字起こしなどをする仕事 月1万円〜10万円
成果報酬型が多い
(単価:0.1円〜1円)
簡単
事務 会計のチェックや帳簿の作成、データの入力などを行う仕事 月3万円〜20万円 普通
ライティング 指定のあったジャンルやキーワードに合わせて記事を書く仕事 月3万円〜20万円
(文字単価:0.5円〜3円)
普通
講師
(テレビ電話)
テレビ電話を活用して、自分の持っているスキルや知識を人に教えていく仕事 月3万円〜20万円 普通
翻訳 英語やスペイン語、中国語などの外国語を日本語に翻訳する仕事 月15万円〜40万円 難しい
Webデザイン HPのデザインを手がける仕事 月5万円〜20万円 難しい
プログラミング アプリやHPのプログラムを作成する仕事 月5万円〜50万円 難しい

 

在宅ワークと言っても種類はさまざまで、それぞれ難易度が大きく異なるものです。

なので、まずは自分の持っているスキルを見直すところから始めていくと良いでしょう。

70代で在宅ワークを始めるメリット・デメリット

70代で在宅ワークを始めるメリット・デメリット

70代で在宅ワークを始めることは可能ですが、メリット・デメリットがあるので注意が必要です。

そこで、この章では70代で在宅ワークを始めるメリットとデメリットを解説していきます。

メリット

70代で在宅ワークを始めるメリットは、以下の通りです。

  • 時間の都合をつけやすい
  • 働く場所を問わない
  • 人間関係を気にせずに仕事ができる
在宅ワークであれば時間の都合がつきやすいので、自分が働きたい時に働くことが可能です。

また、働く場所は自由に選択できるので、自分の好きな場所で働けるのも大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、70代でバイトを始めるとなると人間関係を気にかける必要があるものの、在宅ワークであれば気にする必要はほとんどありません。

デメリット

70代で在宅ワークを始めるデメリットは、以下の通りです。

  • 仕事を獲得するのが難しく感じることもある
  • 人との接点が減ってしまう
  • 外出頻度が減って運動不足になる
70代ともなると『高齢者』として扱われることも多くなるので、仕事を獲得するまでに時間がかかることも少なくありません。

 

また、在宅ワークだと人との接点が減ってしまうことから、コミュニケーション不足になってしまう可能性もあります。

 

 

そして、家での仕事をしていると外出頻度が減ってしまい、運動不足になってしまうこともあるのです。

 

70代でも仕事を続けることは素晴らしいことですが、今後の人生も考えるなら体調管理や人との繋がりも考慮しつつ、在宅ワークをすべきかを決める必要があります。

未経験から70代で在宅ワークを始める方法

未経験から70代で在宅ワークを始める方法

最後に、未経験・初心者から70代で在宅ワークを始める方法についてまとめていきます。

 

これから在宅ワークを始めていきたいと考えるなら、以下の順番で準備を進めていきましょう。

  1. 自分が持っている知識やスキルの洗い出しを行う
  2. 在宅ワークにかけられる時間を決める
  3. 在宅ワークの求人を探す

それぞれ順番に解説していきます。

 

自分が持っている知識やスキルの洗い出しを行う

まずは、自分が持っている知識やスキルの洗い出しをしていきましょう。

 

在宅ワークの仕事内容によっては、今持っているスキルで対応できるものもあれば、新たに習得しなくては対応できない仕事があります。

 

例えば、シール貼りやデータ入力などは誰でもできる仕事ですが、Webデザインやプログラミングは高いパソコンスキルがなくては対応できません。

 

そのため、事前に自分の持っているスキルを再確認してから、どの在宅ワークを選ぶべきかを決めていきましょう。

 

新たにスキルを習得してから在宅ワークを始める70代の方も多いので、これからスキル習得を目指すなら興味のある分野で探してみるのがおすすめです。

 

在宅ワークにかけられる時間を決める

次に、在宅ワークにかけられる時間を決めていきましょう。

 

70代ともなると、自分の残された人生について考える必要があります。

 

会社員時代とは異なり時間に余裕ができるので、プライベートの時間を考慮しながら仕事を選んでいかなくてはいけません。

 

また、どれぐらいの時間をかけれるかを決めておくことで、余った時間の過ごし方を決めることも可能です。

 

仕事ばかりの人生もいいですが、自分が自由に使える時間も考慮しながらどの在宅ワークをすべきか選んでいきましょう。

 

在宅ワークの求人を探す

最後に、在宅ワークの求人を探していきましょう。

 

在宅ワークはGoogleなどで検索すれば簡単に探すことは可能ですが、なかなか仕事が決まらないという現実問題があります。

 

そこでおすすめなのが、『クラウドワークス』や『ランサーズ』といったクラウドソーシングサービスの利用です。

 

クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい企業と仕事を受注したいワーカー(働く人)を繋げるマッチングサービスとなります。

 

初心者でも簡単に案件が獲得できるという特徴があり、企業間との金銭トラブルなどを避けることもできるので、使ったことがない人はぜひ活用してみてください。

 

まとめ

ここまで70代でできる在宅ワークの種類やメリット・デメリット、未経験から始める方法についてまとめていきました。

 

70代からでも在宅ワークを始めることは可能ですが、自分の持っているスキルによってできる仕事は異なります。

 

残された時間を少しでも楽しむためにも、ぜひ自分らしい働き方や生き方を見つけて見てください。

 

 

トップへ戻る