0120-111-859

image

終活の相談窓口

認定ケアマネジャーになるには?資格取得方法やメリット・デメリットについて

トップ > 認定ケアマネジャーになるには?資格取得方法やメリット・デメリットについて

認定ケアマネジャーという資格をご存知でしょうか?

 

介護保険制度の実施において、要介護認定の調査やケアプランの作成を行うケアマネジャー(介護支援専門員)は、必要不可欠な存在です。認定ケアマネジャーは、そのケアマネジャーの上位資格とも言えるもので、一定レベル以上のケアマネジメントスキルがあるという証明になります。

 

ここでは、認定ケアマネジャーの資格概要から、申請方法、取得のメリットなどを詳しく紹介していきます。

認定ケアマネジャーとは

認定ケアマネジャーとは、一般社団法人日本ケアマネジメント学会の資格試験に合格することで与えられる民間の資格です。

 

資格試験対象者となるのは、ケアマネジャー(介護支援専門員)として働いている方々で、同学会によって決められた要件を満たす必要があります。一般社団法人日本ケアマネジメント学会は、20004月に施工された介護保険制度に伴い、日本のケアマネジメントの問題を解決し、より質の高いケアマネジメントを実現する目的で設立されました。

 

認定ケアマネジャー制度は、ケアマネジャー(介護支援専門員)の質の向上を目指し、それにより介護保険制度を利用する方々の生活の向上と、社会全体の福祉の向上に貢献するために、同学会により創設された制度です。

ケアマネジャー、主任ケアマネジャーとの違い

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、都道府県が管理する公的資格です。

介護を必要とされる方の介護認定の調査や申請サポート、現状の課題の分析からケアプランの作成、事業所との調整を行うのが主な仕事となります。

 

主任ケアマネジャーは、2006年に行われた介護保険改正時につくられた資格です。ケアマネジャーの指導や育成など、リーダー的な役割も求められます。受験資格のあるケアマネジャーの方が、主任介護支援専門員のための研修を受けることで、資格を得ることができます。ケアマネジャー資格同様、都道府県が管理する公的資格です。

 

ケアマネジャー、主任ケアマネジャーは、両者とも都道府県が管理する公的資格ですが、認定ケアマネジャーは民間の資格であり、そこが1番の違いです。

ケアマネジャー 都道府県が管理する公的資格
主任ケアマネジャー 都道府県が管理する公的資格
認定ケアマネジャー 民間資格

認定ケアマネジャーの活躍の場は?

認定ケアマネジャーは民間資格ですが、公的資格であるケアマネジャーの資格を有していることが前提条件です。

 

そのため、活躍の場としては、ケアマネジャーと同様、居宅介護支援事業所、介護老人福祉施設やグループホームなど入居介護施設、地域包括支援センター、地方自治体の在宅介護支援センターなどがあります。

認定ケアマネジャー資格取得のメリットは?

次に、民間の資格である認定ケアマネジャーの資格を取得することのメリットについて考えてみましょう。

メリット1 : 主任ケアマネジャーへの近道

ケアマネジャーからのステップアップとして考えらえるのが主任ケアマネジャーです。

 

通常、主任介護支援専門員研修を受けるためには、専任のケアマネジャーとして通算5年以上の勤務経験が必要です。しかし、認定ケアマネジャーの資格を有している場合は、その期間が3年間に短縮されます。

 

つまり、認定ケアマネジャーの資格取得は、主任ケアマネジャーへの近道となるのです。

メリット2 : 転職時のアピールポイントになる

認定ケアマネジャーの資格を有することで、ケアマネジャーより、一定上の経験、高度な専門性や能力があるとみられますので、より条件の良い職場への就職や転職に有利になります。

メリット3 : ケアマネジャーとして大きくスキルアップ

資格取得後、日本ケアマネジメント学会の「認定ケアマネジャーの会」に入会すれば、ケアマネジャーとしてレベルアップがはかれる会員限定のフォローアップ研修や各種講座が受けられます。

 

将来的に主任ケアマネジャーを目指す人には、キャリアアップの足がかりになります。

デメリットとして考えられることは?

同学会の発表によると20206月の時点での認定ケアマネジャーの数は全国で1374名です。

 

民間資格であり、資格取得人数も少ないため、知名度はあまり高いとは言えません。

 

しかし、今後、要介護者が増加する傾向にある日本においては、ケアマネジャーの需要はさらに高まり、より質の高いケアマネジャーが求められることになっていくと考えられますので、自身のレベルアップ、キャリアアップを考えるのであれば、取得して損はない資格でしょう。

認定ケアマネジャーになるには

認定ケアマネジャーになるための資格取得までの流れやに必要な資格申請基準を紹介します。

認定ケアマネジャー資格取得までの流れ

ケアマネジャーとしての実務経験3年以上
申請書類提出
申請書類審査(資格認定試験受験資格の有無を審査)
資格認定試験(口頭試験)
合格の場合、認定ケアマネジャー認定資格の登録(5年更新)

12018630日までに日本ケアマネジメント学会に入会した会員の場合は2

書類審査に必要になる担当事例について

認定ケアマネジャーの認定試験を受けるためには、まずは書類審査に合格する必要があります。

 

この書類審査では申請書などのほかに、現在までのケアマネジャーとしての担当事例数と、担当事例のなかから3例にについての詳しい内容を提出しなければなりません。

最低限必要な担当事例数

種別により必要な担当事例数は以下のように異なります。

提出が必要な3事例の内容

居宅介護支援

 

介護予防支援

 

小規模多機能・グループホーム・特定施設入居者生活介護

 

介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・介護医療院

 

認定ケアマネジャー:資格取得の概要

資格名

認定ケアマネジャー【民間資格】

公式サイト

一般社団法人日本ケアマネジメント学会

申請資格

1. 介護支援専門員の資格を有していること

2. 介護専門員としての実務経験が通算で3年以上あること(2018630日までに日本ケアマネジメント学会に入会した会員の場合通算で2年以上)

書類審査に必要な書類

・認定試験個人票

・資格申請書

・介護支援専門員登録証明証のコピー

・実務経験証明書

・担当事例及び担当事例一覧(担当種別ごとに必要な事例数は異なります)

・事例概要(担当事例のうち3例について詳しく説明したもの)

・居宅サービス計画書(事例概要で提出した3例についてのもの)

(各様式は、一般社団法人日本ケアマネジメント学会のサイトからダウンロードできます)

書類審査料

10,000

ただし、2018630日までに同学会に入会した会員の方については7,000

※申請書類提出時に払い込みが必要となります。

試験内容

口頭試験

試験委員3名の前で、書類審査に提出した3例の事例をもとに質疑応答形式で実施されます。

書類審査に合格した場合のみ資格認定試験を受けることことができます。

口頭試験料

35,000

ただし、2018630日までに同学会に入会した会員の方については25,000

※書類審査に合格し、口頭試験を受ける者だけが払い込みする形となります。

登録・認定証料

12,000

ただし、2018630日までに同学会に入会した会員の方については8,000

※口頭試験合格者のみ

合格率

46% (2019年の試験におけるもの)

資格の更新

5年ごとに更新手続きが必要(書類の提出あり)

資格取得のための試験は、毎年1回のみ行われます。

上記の情報は2020年度のもので、申請受付期間は202061日から731日まで、資格認定試験は202010~12月に行われました。2021年度の情報については一般社団法人日本ケアマネジメント学会の公式サイトにてご確認ください。

スキルアップやセカンドキャリアとしての終活ガイド資格も!

ケアマネジャーの仕事にも生かせ、スキルアップや、セカンドキャリアとしてもおすすめの資格が終活ガイド資格です。

 

日々、お仕事で接する要介護者や、その家族の方々にとって、終活は身近な問題であり、対象者がどのような介護や終末医療に関する考えを持っているかを知ることは、ケアプランの作成においても役立ちます。

 

また、ケアマネジャーの仕事をリタイアした後のセカンドキャリアとして、ケアマネジャーの仕事をパートタイムでなさっている方の副業としてもおすすめできます。

『終活』を仕事にしませんか?
現代は新型コロナの状況下で、世の中の「働き方」が一変しました。 そんな中、今後さらなる需要の拡大が予想される『終活』は、将来性のある資格ともいえます。 新たなスキルを身につけ、自身や家族のサポートにとどまらず、幅広く、多くの方のサポートを行える『終活の資格』。 需要が拡大しつつある『終活』は、withコロナ、アフターコロナに負けない働き方の第一歩となるかもしれません。

まとめ:認定ケアマネジャーとは

認定ケアマネジャーとは、一般社団法人日本ケアマネジメント学会が管理する民間資格で、ケアマネジャーの資格を有し、かつ一定以上の経験を積んだものを対象としています。

 

ケアマネジャーとしてキャリアアップや、レベルアップを目指している方には、おすすめの資格です。

 

資格の取得方法について詳しく紹介していますので、興味のある方は、トライしてみてはいかがでしょうか。

定年後、セカンドキャリアに役立つおすすめの資格をご紹介しています。 →『資格』関連記事一覧
トップへ戻る