0120-111-859

image

終活の相談窓口

部屋を片付けることには、どんな効果がある?5つのメリットを紹介。

トップ > 部屋を片付けることには、どんな効果がある?5つのメリットを紹介。

毎日暮らしていると、気づかないうちに物が増えていきます。

 

また使うかもしれないからと全てを手元に置いていると、家の中に不要な物が増えて、雑然とした落ち着かない雰囲気になることも。

 

すっきり片付けたい、持ち物を整理したいと思うけれど、なかなか手が付かない方もおおいかもしれません。

 

でも、部屋を片付けることは整理整頓以外にも、意外な効果があるようです。

 

具体的な5つのメリットと、片付けられるようになるポイントをご紹介します。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 家の中が散らかっていると、なんだか落ち着かない気持ちに
  • 片付けの効果①物がすぐに見つかり、部屋が広く使える
  • 片付けの効果②好きな物だけに囲まれた愛着のある空間になる
  • 片付けの効果③片付け後、達成感が持てる
  • 片付けの効果④健康になり、精神的にも安定する
  • 片付けの効果⑤心の中が整理できる
  • どうしても片付けができないなら次の4つのステップで
  • まとめ:片付けができると、部屋がすっきりし精神的にもメリットが

家の中が散らかっていると、なんだか落ち着かない気持ちに

「家や部屋の乱れは心の乱れ」と言われることもあるように、家の中が散らかって整理整頓がきちんとされていない状態は、心理的にもあまり良くない状況かもしれません。

 

まず物が溢れて雑然とした部屋の中にいても落ち着かないでしょう。

イライラが募って、わけもなく家族とケンカになったり、子どもたちを叱ってしまう方もいるかもしれません。

 

そんなネガティブな思いを解消するためにも、家・部屋の中を片付けるとたくさんの効果があります。

 

主に挙げられるのは以下の5つです。

 

①物がすぐに見つかり、部屋が広く使える

②好きな物だけに囲まれた愛着のある空間になる

③片付け後、達成感が持てる

④健康になり、精神的にも安定する

⑤心の中が整理できる

 

次に1つずつ詳しく説明していきます。

片付けの効果①物がすぐに見つかり、部屋が広く使える

片付いた部屋とは、床や廊下に不要なものが置かれていない状態です。整然としてすっきり片付いた室内なら、使いたい物、必要な物がすぐに見つかります。

 

もちろん必要のない物を置かないので、部屋が広く使えます。

 

物が多い部屋は心理的に圧迫感を感じますが、物と物との間に適度な空間があるとゆったりと感じられるでしょう。

 

また部屋がすっきりすると、収納に入るものだけを買う癖がつきます。買う前に、まず収納できるか考えれば、散らからない部屋をキープできるのではないでしょうか。

さらに『本当に必要なのか?』と考えられるようになりそうですよね。

 

ムダ遣いを抑えるためにも、片付けをして本当に必要な物を把握することが大切です。

物が減るので、「どこに」「何があるか」がすぐにわかるようになるので、心にゆとりができます。

 

 

文房具屋家具を扱うメーカー「コクヨ」の調査によると、1日に平均20分も書類を探していることがわかりました。

週に書類を5日以上検索する有職者1,031名を対象に、紙書類を探す行為に関する調査を実施)参照:PR TIMES

 

この調査は書類に限ったものですが、「家でよく探し物をしているな」と思い当たる方も多いのではないでしょうか?

 

もし毎日20分探しものをしていたら、1ヶ月30日として600分、つまり10時間も探し物をしていることになります。

 

しかし部屋が片付いていれば、探し物の時間が少なくなるので、時間に余裕ができて心のゆとりにもつながります。

 

片付けの効果②好きな物だけに囲まれた愛着のある空間になる

片付いた部屋にいると、リラックスして幸せになる人が多いといわれます。

それは片付けが、不要な物を捨て、好きな物だけ残るからです。つまり家の中がお気に入りの物だけになることを意味します。

 

気に入った物だけを身近に置いていると部屋が愛着のある空間になり、心が和みますよね。

 

片付けの効果③片付け後、達成感が持てる

片付けをするのがいいのはわかっていても、放置したところで大きな実害はないので、ついサボりがち、なんて方もいるでしょう。

 

しかし、普段は心の片隅のどこかで気になっている片付けを完了させられると、大きな達成感を得られますし、達成感は自信にもつながります。

自分もやればできる!という自信です。

 

片付けは毎日のことなので毎日少しずつ片付けをすれば、毎日、小さな達成感を得ることができるのではないでしょうか。

片付けの効果④健康になり、精神的にも安定する

散らかった部屋は、掃除がしにくくなるので、ホコリやハウスダストが溜まりがちになりやすいです。

さらにはカビ・ダニなどが発生する危険性もあり、アトピーや喘息・気管支炎を引き起こす要因になります。

 

きちんと片付けられた部屋は掃除が行き届きやすいので、室内の空気もきれいになり、健康的な毎日につながります。

 

また心理的には、片付けはストレスの解消が期待できます。

不要な物を無心に捨てるだけで、部屋と一緒に心もスッキリしますし、窓を開けたり換気扇を回して室内の空気を入れ替えると、さらに室内も心もリフレッシュ。ストレスも和らぐでしょう。

片付けの効果⑤心の中が整理できる

部屋の片付けをすると、自分の過去や問題と向き合うことにもなります。

 

など、掃除をしないと、部屋に覚えていない物がたくさんあるかもしれません。

 

中には嫌な過去を思い出させる品や、買って後悔したアイテムもあるでしょう。

片付けをしないでいると、いつまでも部屋の中に置いたままになります。

そういった物の中から本当に今の自分に必要な物を判断し、ネガティブな思い出をきれいに片付けることで、今後の人生につながります。

 

さらに部屋を片付けることで考え方もポジティブな気持ちになり、穏やかになりますね。

このような仕分け作業で、物と一緒に心の整理も行いましょう。

 

どうしても片付けができないなら次の4つのステップで

片付けにはさまざまな効果があるのはわかっているけれど、なかなか手が付かないという方もいるかと思います。

 

そこで次の4つのステップを試してみてください。

step 1 とりあえず5分だけ実行してみる

掃除だけではなく勉強や仕事でも同様ですが、心理学では「人は5分間作業を続けると、続けてやる気が出てくる」と言われています。

 

最初の5分間さえ集中できれば、後は自然に「ここもきれいに掃除しよう」と、だんだんやる気が出て来るとのこと。 とりあえず5分間から始めてみましょう。

step2 範囲を決めて片付ける

いきなり全部の部屋を片付けると決めても、何から手を付けていいか迷ってしまい、結局は挫折してしまいがちです。

 

そこで今日はキッチンの戸棚の中、次は寝室のクローゼットを中心になど、範囲を決めて片付けをしましょう。これならあまり心理的にも負担なくできそうですね。

step3 モチベーションを上げるものを考える

その日に決めた範囲の片付けが終わったときのために、自分に小さなご褒美を用意しましょう。

 

例えば、

 

 

など何でもOK。

 

これならモチベーションが上がり、片付けの能率もアップするかもしれません。

step4 週に1回など決めて習慣化する

大切なのは習慣化です。 いったん片付けたら、その状態をキープできるように、収納する場所を決めて、そこに片付けるようにしましょう。

 

また、少し部屋が散らかってきたところで早めに片付けるのを習慣にすれば、ひどい状態になるのも避けられます。

 

まとめ:片付けができると、部屋がすっきりし精神的にもメリットが

どうしても散らかりがちな部屋の中。そのまま放置せず、片付けを実行しましょう。

 

片付けをすれば、部屋が整理整頓されているので、必要な物を探さなくてもがすぐに見つかりますし、すっきりと部屋も広く使えます。

不要な物がないので、室内は愛着のある空間になります。

 

また片付けを済ませることで、達成感が持てるうえ、部屋だけでなく心の中も整理できるでしょう。

 

そして精神的に安定し、健康的な生活につながるでしょう。

トップへ戻る