0120-111-859

image

終活の相談窓口

エンディングノートはどこに売ってる?買える店や売り場を紹介

トップ > エンディングノートはどこに売ってる?買える店や売り場を紹介

終活の一つとして始める方が多いエンディングノート。実際どこに売っているのかイメージしにくいのではないでしょうか?

 

エンディングノートは、書店や文房具店で購入するのが一般的ですが、「どのエリアにあるのかわからず見つけられない」なんてことがあるかもしれません。

 

この記事では、エンディングノートが売っている店や売り場、選び方などを紹介します。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • エンディングノートが売っている場所は?ロフトや東急ハンズ・TSUTAYAなど
  • ダウンロードもできる!購入以外のエンディングノートの入手方法
  • エンディングノートの価格は?
  • エンディングノートの選び方
  • まとめ:エンディングノートはどこに売ってる?買える店や売り場を紹介

エンディングノートが売っている場所は?ロフトや東急ハンズ・TSUTAYAなど

エンディングノートは主に、

で購入できますので、一つずつ説明していきます。

書店「TSUTYA」など

エンディングノートを購入するのに、一番最初に思い浮かぶのがTSUTAYAなどの書店ではないでしょうか。多くの場合、書店での売り場は冠婚葬祭のエリアになります。

 

書店の規模によって異なりますが、もっと細かいと相続や遺言などと一緒のエリアです。

エンディングノートは、大型の書店では比較的多く扱われますが、小さな書店ではエンディングノート自体の扱いがない場合もあるので注意しましょう。

生活雑貨を扱う「東急ハンズ」「ロフト」

生活雑貨や化粧品、バラエティグッズなどを扱う「東急ハンズ」や「ロフト」なども、エンディングノートの取り扱いがあります。文房具売り場の、家計簿や日記帳のエリアに並んでいます。

 

エンディングノートはメジャーな商品とは言えないため、文房具の売り場の中でも端のほうにあることが多いでしょう。

 

東急ハンズやロフトは、大型のショッピングモールの中や駅から近い場所にあるので、仕事帰りや買い物のついでに寄りやすいお店です。

オンライン通販

エンディングノートは、オンライン通販にも多くの種類が売られています。オンラインでは中身の確認ができませんが、種類が多いので比較検討しやすいのがメリットです。

 

家でサッと注文できるので、外に出る必要がなく、時短にもなります。

エンディングノートプレゼント

ダウンロードもできる!購入以外のエンディングノートの入手方法

エンディングノートは市販品がたくさんありますが、他にも入手する方法があります。

エンディングノートにハードルを感じているなら、まずはこれから紹介する方法を試してみてくださいね。

アプリやパソコン

アプリやパソコンで配信されているエンディングノートがあるのをご存知でしょうか?手軽に始められて、書き直しやすいのがポイント!

 

無料と有料がありますが、まずは無料から初めてみるのがおすすめです。無料のアプリなら何個も試せますし、気に入ったものは使って、合わなければ削除するのも簡単にできます。

 

一方、アプリはサービス自体が終わってしまう可能性があるので、念頭に置いておくとよいでしょう。

パソコンでは、無料で配布されている雛形をダウンロードすることで好きなように使えますし、プリントアウトすれば紙としても残せますよ。

 

エンディングノートのアプリについては無料で手軽に続けられる!エンディングノートのおすすめアプリ6選でも紹介しています。

無料で配布されているもの

エンディングノートには、無料で手に入るものがあります。

例えば、

などでもらえます。

 

エンディングノートの始め方や書き方も知れますし、終活の第一歩になりますよ。

 

当サイトでも無料エンディングノートをプレゼントしていますので、よければ使ってみてくださいね!

市販のノートで手作りする

エンディングノートには、何を書くか特に決まりはないので、手持ちのノートで始めてみてもよいでしょう。好きなデザインのノートなら気分が上がりますし、ルーズリーフなら増やせて便利です。

 

エンディングノートの自作についてはエンディングノートをパソコン・手書きで自作!無料ダウンロードできるテンプレート8選でも紹介しています。

エンディングノートの価格は?

気になるエンディングノートの価格ですが、ほとんどのものが1,000円〜1,500円くらいで購入できます。高すぎないので、始めるハードルが低いのではないでしょうか。

 

安いエンディングノートだと500円からのものもあります。

 

手帳型の重厚感があるものや、遺言書や手紙などをいれる保管ホルダーが付いているものは、3,000円〜6,000円と高い設定になっています。

エンディングノートの選び方

前章までで紹介したように、エンディングノートにはいくつか種類があります。

どれを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

 

エンディングノートの書き方に決まりはないですし、2冊3冊と増えたり変更したりしても問題ありません。

おすすめの選び方を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

悩んだらメジャーなエンディングノートを選ぼう

どんなエンディングノートから始めればいいか悩むなら、市販のエンディングノートから始めてみましょう。形式が決まっているので、何を書いたらいいか迷うことがほとんどなく、始めやすくなっています。

 

エンディングノートでは、

などが押さえておきたい項目なので、選ぶときの参考にしてください。

 

エンディングノートを書くさいの注意点はこれだけは押さえておきたい!エンディングノートを書くときの注意点で解説しています。

書くのが苦手ならアプリから

文字を書く習慣がなく、文章を書くのが苦手なら、アプリから始めてみるのがおすすめです。

 

ちょっとしたスキマ時間に入力したり、思いついたときにすぐメモできたりできて、取り入れやすいのがポイントです。画像や動画、音声も残せるアプリがあるので、使いやすさや好みで選んでみてください。

 

エンディングノートのアプリについては無料で手軽に続けられる!エンディングノートのおすすめアプリ6選で解説しています。

自由に書きたいなら自作

決まった形式にとらわれず自由に書きたいなら、自作してみましょう。書きたい内容は人によって違いますし、通常のノートならエンディングノートよりも安く購入できます。

 

文章を書くのが好きな人におすすめですが、つい好きなように書いてまとまりにくいのがネックです。残された家族が読むことを考え、わかりやすく項目をわけておくなど工夫するとよいでしょう。

 

自由に書いた後、別でまとめるのも一つの手です。

 

エンディングノートを自作する方法はエンディングノートを自作する方法〜手作りの魅力と書き方についてをご覧ください。

まとめ:エンディングノートはどこに売ってる?買える店や売り場を紹介

市販のエンディングノートをお店で購入する場合、

に並んでいます。

 

他にも、オンライン通販で購入したり、無料のアプリから始めたりする方法があります。迷ってしまう方のために、価格帯の目安や選び方も紹介したので、参考にして自分に合ったエンディングノートを選んでみてください。

 

エンディングノートは、残される家族のためだけではなく、これからの人生を見つめ直すのも目的の一つです。より楽しく、暮らしやすくするために、エンディングノートを活用してくださいね。

エンディングノートの書きかた
エンディングノートについて詳しく知りたい方は→ エンディングノート関連記事一覧
『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。 人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか? 終活に関する記事一覧
トップへ戻る