0120-111-859

image

終活の相談窓口

女性に人気の検定や資格をご紹介!食や健康に関するおすすめ7選!

トップ > 女性に人気の検定や資格をご紹介!食や健康に関するおすすめ7選!

社会的に女性の活躍が広がりつつある中、自分のスキルや知識を増やすために「検定」や「資格」の取得を目指す女性もいるでしょう。

 

近年では、新型コロナウイルスの影響で旅行などの外出ができず、この機会に自分磨きの一環として検定や資格の受験を目指す女性もいるかもしれません。

 

検定・資格の取得を目指すにあたって、

といった疑問や悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

今回は、そんな将来や老後に備えたい女性におすすめの検定や資格を7つご紹介します。検定の特徴や取得するメリットなどを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • はじめに知っておきたい「検定」と「資格」の違い
  • 女性におすすめ|人気の検定や資格4つ
  • 女性におすすめ|食や健康に関する検定や資格3つ
  • まとめ|将来に備えたい女性におすすめの検定や資格7つを紹介!

はじめに知っておきたい「検定」と「資格」の違い

似たものだという理由で資格と検定をごっちゃに考えてはいませんか?確かに似てはいるのですが、それぞれ試験の合格後に”できること”と”できないこと”に違いがあります。

 

ここでは始めに、検定と資格の違いについて簡単に確認しましょう。

検定とは

一定の基準に基づいて検査し、合格・不合格、等級などを決めること。

引用:weibo辞書

 

つまり、検定は試験を行ってその人の知識や技術がどのレベルであるかを検査することを指します。

知識や技術を調べることが主になるため、検定を受けた後で何か免許などが与えられることはありません。

 

代表的な検定に、TOEICや漢字検定、簿記検定などがあります。これらは点数や等級を知ることができますが、免許がもらえたり、特別な仕事ができたりはしません。

資格とは

あることを行うのに必要な、また、ふさわしい地位や立場。
あることを行うために必要とされる条件。

引用:weibo辞書

 

資格とは試験を受験して合格した人に許される行為や名称の使用を指します。

 

例えば、弁護士の資格試験に合格して登録して初めて弁護士の仕事ができたり、資格の名前(弁護士)を肩書として使えたりといった特徴があります。

 

つまり、資格試験に合格すれば特定機関から免許が公布され、専門的な業務に携われる、名称を用いて業務を行えるというわけです。

税理士や司法書士、公認会計士などが、代表的な資格と言えるでしょう。「〇〇士」「〇〇師」と呼ばれる肩書きが、資格を取得することでできる仕事に当てはまります。

女性におすすめ・人気の検定や資格4つ

前章で、検定と資格の違いについてご紹介しました。両者に違いはあるものの、特定の知識・スキルを身につけて仕事などに活かせる点は同じです。

ぜひあなたが身につけたいことに合わせて、必要な検定・資格がないかチェックしてみてください。

 

ここでは、女性に人気・おすすめの検定や資格を4つご紹介します。

  1. 終活ガイド
  2. 秘書技能検定
  3. 日商簿記検定
  4. パーソナルスタイリスト検定

ぜひ参考にしてみてください。

終活の専門家を目指す女性の検定|終活ガイド

終活ガイドは、「終活」に必要な情報や知識を身につけて終活の専門家を目指す資格です。

 

終活とは「人生の終わりのための活動」を意味する言葉です。自分の死を意識して、人生の最期を迎えるためのいろいろな準備や最期に向けた人生の総括を行います。

 

一般社団法人終活協議会が実施している民間資格で、初級(3級)、中級(2級)、上級(1級)の3つのランクが用意されています。

終活ガイドの上級(1級)までを取得することで、終活に必要な知識が網羅でき、プライベートはもちろん、講師として活躍することも可能です。

終活は有名人や著名人も始めていることから認知度が広がりつつあります。そのため、需要が増えつつある終活という市場で先駆者として知識を活かせることがメリットです。

 

そのほかにも、

といった利点があり、今度活かせる場所も広がっていくでしょう。

 

知っておいて損はない終活という活動の知識を体系的に学ぶことで、自身の人生にもプラスになります。

上記に当てはまる女性におすすめの資格です。

 

 

資格名 終活ガイド
受講料 終活ガイド初級(3級):0円
終活ガイド(2級):5,000円
終活ガイド上級(1級):50,000円
受講期間 終活ガイド初級(3級):1日
終活ガイド(2級):1日
終活ガイド上級(1級):1ヶ月
合格率 約100%
詳細 一般財団法人 終活協議会
『終活』を仕事にしませんか?
現代は新型コロナの状況下で、世の中の「働き方」が一変しました。 そんな中、今後さらなる需要の拡大が予想される『終活』は、将来性のある資格ともいえます。 新たなスキルを身につけ、自身や家族のサポートにとどまらず、幅広く、多くの方のサポートを行える『終活の資格』。 需要が拡大しつつある『終活』は、withコロナ、アフターコロナに負けない働き方の第一歩となるかもしれません。

 

秘書業務やビジネスマナーが身につく|秘書検定

秘書検定は、秘書業務に必要な知識やビジネスマナーを認定する資格です。

 

秘書になることを目指す方のみが受験する検定ではなく、ビジネスマナーや社会人なら誰でも身につけておくべき基本的な常識を学べる内容となっています。秘書業務を行う上での資質や秘書の役割、マナーや話し方、接遇などの知識・技術が身につきます。

 

秘書検定を受けるメリットとしては、

が挙げられます。

 

若い方はもちろん、定年後も個人で活動する方にもおすすめの検定です。また、近年ではオンライン秘書(在宅秘書)という働き方も増えており、主婦や外でのお仕事が難しい女性も活躍しています。

無資格でもできるお仕事ですが、知識やスキルの証明として秘書検定はうってつけです。

 

「秘書として活動してみたい」「ビジネスマナーを身につけたい」という女性におすすめの検定と言えるでしょう。

 

検定名 秘書検定
受験料 3級:2,800円
2級:4,100円
準1級:5,300円
1級:6,500円
勉強期間 3級:約30時間
2級:約30時間〜50時間
準1級:約90時間
1級:約90時間〜120時間
合格率 3級:約65%
2級:約50%
準1級:約40%
1級:約25%
詳細 実務技能検定協会

事務・経理に関する知識習得なら|日商簿記検定

日商簿記検定は、会社の経営活動を記録・計算・整理したり、経営成績と財政状態を明らかにする知識・スキルを身につけられる検定です。言わずとも知れた、経理に関する代表的な検定です。

経理部門で働くには必須とも言える検定な上、経理部門のお仕事や求人は数多くあることから、役に立つ機会も多いでしょう。

 

上記のようなメリットもあり、ご家庭の家計管理にも活かせる知識が身につきます。

 

多くの方が日商簿記検定を受験していることから、勉強方法やポイントなど多くの情報をキャッチできるのも魅力です。資格や検定の勉強が初めての方でも始めやすい検定と言えます。

経理関係の知識を身につけたい方に、日商簿記検定はおすすめの検定です!

 

検定名 日商簿記検定
受験料 初級:2,200円
3級:2,850円
2級:4,720円
1級:7,850円
勉強期間 初級:約50時間
3級:約100時間
2級:約250時間~350時間
1級:約500時間~700時間
合格率 初級:約​​57%
3級:約40〜50%
2級:約25%
1級:約10%
詳細 商工会議所

ファッションが好きな女性なら|パーソナルスタイリスト検定

パーソナルスタイリストは、ファッションの基礎知識を習得でき、自分を分析・客観視することでより魅力的に見せるスタイリング術を学べる検定です。

ファッションやお洒落に興味のある女性におすすめの検定となっています。

 

受験者には、

など様々な女性がいます。

 

セレクトショップを持っているの方やエステサロン・マナー教室などを経営されている方も、プラスアルファとしてパーソナルスタイリスト検定を受けています。

「新たな事業を展開したい」「将来独立を検討している」といった女性にもピッタリな検定です。

 

検定名 パーソナルスタイリスト検定
受験料 4級インターネット受験料:3,500円
3級:15,000円
3級インターネット受験料:9,800円
2級1次:20,000円
2級2次 :52,000円
1級:102,000円
勉強期間 不明
合格率 不明
詳細 一般社団法人 パーソナルスタイリスト®協会

女性におすすめ|食や健康の検定や資格

次は、食や健康に特化した検定や資格を3つご紹介します。

  1. 女性の健康検定
  2. 介護食コーディネーター
  3. 食生活アドバイザー検定

健康に興味関心があるなら|女性の健康検定

女性の健康検定は、女性の健康とより良い働き方やより良いワークスタイルについて、基本的な知識を習得できる検定です。

 

この資格を受けるのは、「女性が働きやすい職場環境を整えたい企業」や「健康に関する内容に興味がある」という方が多いのが特徴です。

女性の健康検定で認定される資格には「女性の健康推進員」と「女性の健康経営推進員」の2種類があり、好きな方を受験します。

 

検定を受けて資格を取得することで、

といった場所で活躍できることが期待されます。

 

もちろん、ご自身の健康管理にも役立つ知識が身につくので、将来的に自分にとってもプラスになる検定です。

検定名 女性の健康検定
受験料 女性の健康推進員:10,000円
女性の健康経営推進員:14,000円
勉強期間 女性の健康推進員:不明
女性の健康経営推進員:不明
合格率 女性の健康推進員:不明
女性の健康経営推進員:不明
詳細 一般社団法人 女性の健康とメノポーズ協会

介護食への理解を深めたい女性向け検定|介護食コーディネーター

介護食コーディネーターは、高齢者の向けの安全でおいしい手作り介護食の作り方を学べる資格です。

 

ユーキャンで学習できる検定で、高齢者に必要な栄養知識や介護食の調理法やコツ、食事介助、衛生の基本知識といった内容が学べます。介護は需要の高い市場であり、介護食へのニーズも増加傾向にあります。

 

介護食コーディネーター検定を受けることで、

といったメリットがあります。

 

料理することが好きな方であれば、比較的スムーズに勉強に取り組めるでしょう。「将来的に介護施設で働きたい」「両親に健康的な介護職を作ってあげたい」という女性におすすめの資格です。

また、関連資格として「介護食アドバイザー」や「介護食士」などもあります。ぜひ興味のある方はチェックしてみてください。

検定名 介護食コーディネーター
受験料 29,800円
勉強期間 3ヶ月
合格率 約100%
詳細 株式会社ユーキャン

料理・食事に関する知識を身につけるなら|食生活アドバイザー検定

食生活アドバイザー検定は、食生活全般についての知識を習得し、健康的な生活を送るための提案ができる「食生活全般のスペシャリスト」になるための資格です。

食事が健康に大きく関係することは言うまでもありませんが、食生活アドバイザー検定を受けることで心と身体の健康管理法を知り、正しい情報提供をできるようになります。

 

上記のような内容を学習可能です。

 

知識を身につけることで、スーパーマーケットやデパート、飲食店、医療・介護現場、教育現場など、様々な職場で知識を活用できます。

自身の食生活にも役立つ知識ですので、若いうちから正しい知識を習得し、老後も健康に生活を送りたい方にピッタリでしょう。

また、他の検定や資格と組み合わせることで、より食生活アドバイザー検定の知識を活かせるようにもなります。

 

検定名 食生活アドバイザー検定
受験料 3級 5,000円
2級 7,500円
勉強期間 3級:約1ヶ月
2級:約3ヶ月
合格率 3級:65%
2級:40%
詳細 FLAネットワーク協会

まとめ|女性に人気の検定や資格をご紹介!食や健康に関するおすすめ7選!

今回は女性に人気の検定・資格の特徴や受験するメリットをご紹介しました。

 

検定や資格は、あなたが将来やりたい仕事や活動によって受けるべきものが変わります。ここでご紹介した検定や資格は、数多くある中でもほんの一部です。

ぜひ本記事を読んだきっかけに、自分に向いている検定は何か、他にどんな検定があるのかなどを検討してみてください。

 

新しく知識やスキルを身につけるのに「遅い」ということはありません。ぜひ気になる検定や資格がありましたら、知識習得に向けて勉強してみてくださいね!

定年後、セカンドキャリアに役立つおすすめの資格や働き方、仕事についてご紹介しています。 →『資格、仕事、働き方』関連記事一覧
トップへ戻る