0120-111-859

image

終活の相談窓口

40代でフリーランス(個人事業主)は成功できる?メリットやおすすめの職種は?

トップ > 40代でフリーランス(個人事業主)は成功できる?メリットやおすすめの職種は?

40代は若さと老いの中間の年代にあり、いろいろなことを考えてしまう年代ですよね。

 

 

このようなことからフリーランス(個人事業主)になることを考える方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、40代でフリーランス(個人事業主)になるのは難しいのではないか、と不安を抱えている方に向けて読んでもらいたい内容です。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 40代はどんな年代?
  • 40代でフリーランス(個人事業主)になろうと思うきっかけとは?
  • 40代フリーランス(個人事業主)ってどれくらいいるの?
  • 40代でフリーランス(個人事業主)になるメリットはあるの?
  • 40代フリーランス(個人字事業主)におすすめの業種
  • まとめ 40代のフリーランス(個人事業主)でも成功できる!

40代はどんな年代?

20代のように若くもなく、シニア世代よりも老いというにはまだ早い。

そんなちょうど中間地点の40代はどんな年代でしょうか?

 

仕事をしている方は入社して約20年。

会社では重責のある仕事を任されていたり、役職につかれたりしている方もいる一方で、日本の企業の在り方が変わり、役職につけない方もいるかもしれません。

 

現在の40代は終身雇用のスタイルが薄れていき、会社に依存したり固執する方も少なくなっている世代です。

 

40代はインターネットが普及し始めた頃に会社に入社し、仕事経験とともに情報収集や情報処理能力を身につけていて、自分で調べ行動しようという柔軟な考え方のできる年代です。

 

体力的には、40歳を過ぎると衰えを感じる方も増えてきます。

 

 

などの変化が感じるようになっているかもしれません。

そのような40代になってフリーランス(個人事業主)になろうと思うのはなぜでしょうか?

40代でフリーランス(個人事業主)になろうと思うきっかけとは?

2018年は副業元年とも言われていて、政府が働き方改革の一環として副業を積極的に推進しました。

 

それに伴い、副業を解禁する企業が増えてきているため、副業を始めた会社員の方も多いかもしれません。

参考:厚生労働省 副業・兼業

 

企業によっては副業を許されているところもありますので、副業で収入を得ることができるようになった方もいらっしゃるのかもしれませんね。

 

また世の中のスピードがIT化で急速になり、コロナ禍の影響で働き方も大きく変わったことなどから、自分自身の人生や働き方を見直す方も増えてきました。

 

将来安泰だと言われていた大企業が倒産し、業績が悪くリストラを行う企業もあり、

 

 

と考える方も増えてきました。

 

会社任せで生きることよりも、自分でなんとかしなければと思っている方も増えてきています。

 

自分のやりたいことを、「40代の今やらなくて後悔しないだろうか」と考える方もきっといることでしょう。

 

そんなとき本当に40代でフリーランス(個人事業主)になって大丈夫だろうかと考え、自分と同じ40代の方でフリーランス(個人事業主)として成功しているケースはあるのだろうかと気になるかもしれません。

 

40代のフリーランス(個人事業主)がどのくらいいるのか、みていきましょう。

 

40代フリーランス(個人事業主)ってどれくらいいるの?

内閣府によるフリーランス(個人事業主)実態調査結によれば、40代以上のミドル・シニア世代は全体の7割でフリーランスの中心となっているデータがあります。

 

フリーランス実態調査結果

出典:内閣官房日本経済再生総合事務局 フリーランス実態調査結果

 

 

安心されたでしょうか?

フリーランス(個人事業主)として働いている40代以上の方は全体の7割にもなります。

 

そしてフリーランス(個人事業主)になった方は継続して働きたいという希望を持つ方も多いのです。

フリーランス実態調査結果

出典:内閣官房日本経済再生総合事務局 フリーランス実態調査結果

 

フリーランス(個人事業主)として働き続けたい人も多く、さらに事業を展開されたいという方も多いのです。

 

では40代でフリーランス(個人事業主)になるメリットはあるのでしょうか?

40代でフリーランス(個人事業主)になるメリットはあるの?

40代でフリーランス(個人事業主)になる最大のメリットは、シニア世代に比べて、

 

 

ことではないでしょうか?

 

40代の世代の方は新卒で入社したときからITが完備されていて、仕事経験とともに情報収集や情報処理能力を身につけているため、自分で調べて考えられる能力はかなり高めです。

 

フリーランス(個人事業主)として必要な能力に、「情報収集や情報処理能力」はかなり重要ですし、加えて、40代はそれまで会社員として培ってきた能力、スキル、人脈などがあります。

 

また40代という年代は、フリーランス(個人事業主)になったときに、若年世代とシニア世代の中間的位置にいるため仕事のニーズを理解しやすく、幅広いお客様のターゲットを掴むことができるともいえそうです。

 

フリーランス(個人事業主)には定年がありません。

いつでも始められ、もし向いていなければ、40代ならまた会社員に戻ることも可能でしょう。

 

つまり、40代という年代はフリーランス(個人事業主)にトライしやすいですし、向いていなくてもギリギリ引き返すことのできる年代と言えます。

 

 

それでもできるだけ失敗はしたくないですよね。

では40代フリーランス(個人事業主)におすすめの業種はあるのでしょうか?

40代フリーランス(個人事業主)におすすめの業種

40代フリーランス(個人事業主)としてスタートするのであれば、ご自身の経験のあるお仕事からがよいでしょう。

 

ご自身の今までしていたことを、フリーランス業として始められるのがよいかもしれませんね。

 

経験がなくても始められる仕事もあります。

 

おすすめの業種は、

  • Webライター
  • 動画編集
  • 音声の文字起こし
  • せどり
  • データ入力や秘書業務
  • コンサル業
  • 終活の仕事
です。

webライター

webライターとは、webメディアの記事を執筆する仕事で、在宅ワークとして選ばれることが多い職種です。

インターネットを介して受注し納品するものが多く、完全在宅で始められるのが魅力の一つでしょう。

 

ライターの仕事はクラウドワークスランサーズなどで随時募集がありますし、ツイッターで検索しても募集があります。

個人契約をすれば手数料をひかれませんが、中には悪質な業者もいますので、心配な方は上記のような大企業を通すことをおすすめいたします。

動画編集

YouTubeを始めている方が多く、動画編集のできる方も多く求められています。

NTTドコモ モバイル社会研究所で15~79歳男女を対象に行われてきた調査によれば、YouTube認知率96.9%、利用率65.8%と圧倒的シェアを誇っています。

 

どの世代でも9割の認知率で、利用率は10~40代で7~8割です。

 

このような理由から動画編集はますます需要が上がると予想され、情報処理能力の高い40代におすすめなお仕事かもしれません。

 

音声の文字起こしや秘書業務

議事録や会議録の文字起こしや、データ入力や秘書業務はなどは社会人としての経験があればこなすことが可能です。こちらは会社の仕事の実務を活かすことができるでしょう。

 

特に秘書業務はオンライン上で業務をサポートするオンライン秘書という仕事もあります。

こちらも情報処理能力の高い40代には最適なお仕事です。

せどり

せどりはご自身のセンスで安く購入したものを高く売り、利益にすることができます。

 

何が必要とされているか情報分析する能力の高い40代にはおすすめです。

ただし在庫を抱えるというリスクもあります。

コンサル業

お仕事と関係のあるもので、人に何かを教えるコンサル業などのお仕事もよいかもしれません。

とくに会社などで人事関係のお仕事や営業のお仕事していた方はコミュニケーション術を教えるコンサル業としてフリーランス(個人事業主)も選択肢の一つです。

終活の仕事

超高齢化社会になっていきますので、終活はかなり需要のある仕事ととなってきています。

終活のことをお仕事にするのもおすすめです。

 

『終活』を仕事にしませんか?
現代は新型コロナの状況下で、世の中の「働き方」が一変しました。 そんな中、今後さらなる需要の拡大が予想される『終活』は、将来性のある資格ともいえます。 新たなスキルを身につけ、自身や家族のサポートにとどまらず、幅広く、多くの方のサポートを行える『終活の資格』。 需要が拡大しつつある『終活』は、withコロナ、アフターコロナに負けない働き方の第一歩となるかもしれません。

 

ご自身の経験を活かして、ぜひフリーランス業を検討してみてはいかがでしょうか?

 

紹介したようにフリーランス(個人事業主)として生きていくためにできる仕事は探せばたくさんあります。

最初は未経験でもとにかく量をこなして、実績をつくることが大切です。

 

おすすめのお仕事は、自分でするのが面倒だから誰かに頼みたいというような隙間を狙ったお仕事です。

 

他にもこんな仕事が求められています。資格があればなおよいですよね。

まとめ 40代のフリーランス(個人事業主)は成功できる!

内閣府によるフリーランス(個人事業主)実態調査結によれば、40代以上のミドル・シニア世代は全体の7割いるとのことです。

 

そこで今回は、フリーランスのメリットやおすすめの業種を解説いたしました。

 

40代フリーランス(個人事業主)として働き続けていくうちに、仕事を仕事を拡大する必要となる場合には融資を受けることもできます。

 

 

40代でフリーランス(個人事業主)になる不安はあるかもしれませんが、40代以上でフリーランス(個人事業主)として働いている仲間がたくさんいると知ると勇気づけられますよね。

 

40代はまだまだ体力もありますが、フリーランス(個人事業主)になるためには、知識や学び続ける情報収集能力もかなり必要となってきます。

その能力がもともと高い40代の方はフリーランス(個人事業主)として成功する確率が高いのではないでしょうか?

 

フリーランス(個人事業主)として働くのが不安な方は、まず副業で気になるお仕事を試して軌道に乗ってから独立されるのもいいですね。

成功をお祈りしています。

トップへ戻る