0120-111-859

image

終活の相談窓口

いい夫婦の日に両親へプレゼントするなら?立場別のおすすめプレゼントを紹介

トップ > いい夫婦の日に両親へプレゼントするなら?立場別のおすすめプレゼントを紹介

毎年11月22日は「いい夫婦の日」です。

 

この日は、夫婦間で日頃の感謝の言葉やプレゼントを交換し合う方もいることでしょう。

 

もちろんこの行動も素晴らしいのですが、自分たちを見守ってくれている両親へいい夫婦の日のプレゼントを贈ってみませんか?

 

この記事では、夫婦から両親へのプレゼント、子どもから両親へのプレゼント、この両方のパターンについてお伝えいたします。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 人生の先輩・両親夫婦へのいい夫婦の日のプレゼント
  • 子どもから両親へのいい夫婦の日のプレゼント
  • まとめ:両親を思う気持ちをプレゼントに沿えて思いを伝えましょう

人生の先輩・両親夫婦へのいい夫婦の日のプレゼント

ご自身が既婚者の場合、両親といっても「実の両親」「義理の両親」がいますよね。

 

両親の重荷にならない程度のプレゼントを贈りましょう。

 

もしかしたら、両親・義両親はいい夫婦の日だからといって特別なお祝いはしない、または意識をしていないかもしれません。

 

だからこそ、サプライズとして自分たち夫婦から感謝や親愛の思いを込めてプレゼントをしてみませんか?

 

ここでは、どのような品物がいい夫婦の日のプレゼントとして喜ばれているのか紹介します。

いつもとは違う場所での食事をプレゼントする

例えば、「両親が挙式を行ったホテルでのランチやディナー」「予約が取りづらいお店」「ゆったりと個室で食事ができるお店」など、普段の生活をしている夫婦2人ではなかなか行くことができないお店での食事をプレゼントしてみませんか?

 

挙式を行ったホテルでは思い出に浸り、初めて行くお店では新たな2人の思い出を作ることができて、新鮮な1日もプレゼントできるでしょう。

自宅で贅沢な食事を体験できるプレゼント

今のご時世や体調に不安を感じて外食に抵抗がある方もいるでしょう。

 

そんなときは、両親2人の思い出のレストランや好きなお店からテイクアウトを注文する、料理人の出張サービスをお願いして自宅で調理をしてもらうなど、非日常体験を兼ねたプレゼントはいかがですか?

 

周囲を気にせず自分のペースでゆったりと食事ができて、さらに自宅に居られるという安心感も得られるでしょう。

旅行のプレゼント

今のご時世的には難しいかもしれませんが(2022年1月執筆)、夫婦2人だけの時間を過ごしてもらうために、温泉宿で日帰りまたは一泊旅行でのんびり過ごしてもらえたら嬉しいですよね。

 

可能ならば、両親がお気に入りのお宿や温泉地などをさりげなくリサーチして予約をすると、さらに感動してもらえるでしょう。

お花のプレゼント

昔からプレゼントといえばお花と言われています。

 

その場を華やかにしてくれるお花は、贈る側も贈られる側も気持ちが上向きになりますよね。

 

忙しい両親へ、旅行や食事のプレゼントが困難なのであれば、お花のプレゼントはいかがですか?

両親が好きな色や好きなお花でアレンジをしてもらうといいでしょう。

 

生花の他にはブリザーブドフラワーもおすすめです。生花を特殊加工したこのお花は、花瓶に入っているものや壁掛けタイプ、時計と一緒にデザインされているものなど種類が豊富です。

 

水やりが不要なのでインテリアの一部として長期間飾っておける楽しさもあるでしょう。

両親がお揃いで使えるギフト

日常生活のなかで、夫婦お揃いや色違いで使うものは案外少ないかもしれません。

 

いい夫婦の日のプレゼントだからこそ、いつまでも仲良くいて欲しいという思いを込めて

などをプレゼントしてみませんか?

 

食器は迷惑になるかもしれないのであれば、ペアキーホルダー、スマホケースなどの普段使いでペアになる小物などもおすすめです。

お手紙のプレゼント

普段は照れてしまい、なかなか口に出して伝えることができない感謝の思いを、手紙にしてプレゼントしてみましょう。

 

レターセットを用意して書く、プレゼントにメッセージカードを添える、どちらの方法でも構いません。

 

いい夫婦の日が祝日や2人の記念日ではないのに、プレゼントを贈られることに恐縮されてしまう可能性がある場合、お手紙のプレゼントならほとんど恐縮されません。

 

例えば遠く離れた場所に住んでいる両親はもちろん、品物を受け取るよりも戸惑いや恐縮する気持ちは柔らかく済んで、さらに喜んでくれるかもしれませんね。

 

子どもから両親へのいい夫婦の日のプレゼント

子どもから両親へプレゼントを渡す機会といえば、

といったところですが、どれも個人へのプレゼントですよね。

 

そこで、両親2人への感謝や親孝行に、いい夫婦の日にプレゼントを用意してはいかがでしょうか。

 

子どもから両親へのプレゼントとなると、どうしても肩に力を入れてしまい、何を買ったらいいのか迷ってしまうかもしれません。

 

いい夫婦の日は誕生日や祝日ではありませんので、特別高価なプレゼントは必要ありません。

 

ここでは、子どもが学生でもプレゼントしやすい、大袈裟にならない予算の範囲内でのプレゼントをご紹介いたします。

一緒に食事をする・両親に食事をしてもらう

普段なかなか行けないレストランやお店へ一緒に行って食事をする、または両親に行ってもらい特別な時間を過ごしてもらうなんていかがですか?

 

出かけることに抵抗がある両親ならば、ホテルのテイクアウトやデリバリー、2人の思い出のお店から取り寄せるなどのサービスを利用して、少しでも非日常の贅沢を味わってもらえたら嬉しいですね。

自分が料理を作ってあげる

もし自分と両親の都合が合うのなら、両親へ手料理を振る舞うなんていかがでしょうか。

 

普段から料理をしていない方には壁が高いかもしれませんが、両親の喜ぶ顔を思い浮かべながらチャレンジしてみませんか?

 

メニューは普段食べなれている物や自分の得意料理などにして、特別な料理でなくても大丈夫です。

手作り料理だからこそ伝えることができる愛情や感謝の思いを込めて、両親と一緒に食卓を囲みましょう。

両親へ手紙を書く

親子だからこそ、照れてしまって自分の思いや感謝の言葉を伝えらずにいませんか?

 

毎年やってくるいい夫婦の日を、両親へ感謝の言葉を書いたお手紙をプレゼントする日と捉えることもお祝いの1つになります。

 

普段はメールや電話で会話をしていても、手紙を出すという行為自体が減少していますよね。直接会話の中では伝えられない両親への気持ちを、長文じゃなくても自分の文字で手紙を書いてプレゼントをする。

 

とても簡単な方法でお手軽なプレゼントかもしれませんが、受け取った両親にとっては宝物になるでしょう。

アレンジフラワー・花束など

例えば、いい夫婦の日がある11月のお花であるコスモスやシクラメンなどもいいのですが、両親の誕生月のお花を使ったアレンジメント、好きな色でまとめた花束などをプレゼントするのはいかがでしょうか?

 

生花ではなく、水やりの必要がないブリザーブドフラワーや観葉植物などもいいですね。

ペアで使える食器など

夫婦ペアの物、「夫婦茶碗」や「湯のみ」などをペアでプレゼントしてみましょう。

 

プレゼントの定番とはいえ、意外と持っていない、または、割ってしまい手元にないかもしれません。

 

夫婦ペアのものは、自分たちで購入するには恥ずかしく思う方がいるので、夫婦の日に子どもから両親へプレゼントをすると、気恥ずかしくも喜んでもらえるのではないでしょうか。

まとめ:両親を思う気持ちをプレゼントに沿えて思いを伝えましょう

夫婦から両親へ、子どもから両親へそれぞれの立場からのプレゼントをご紹介いたしました。

 

いい夫婦の日に両親へ感謝のプレゼントを送れば、「自分たちを思ってプレゼントしてくれた」と喜んでもらえるでしょうし、贈った自分たちも心が温かくなりますよ。

トップへ戻る