0120-111-859

image

終活の相談窓口

【母の日】夫から妻へのおすすめプレゼント15選|注意点はある?

トップ > 【母の日】夫から妻へのおすすめプレゼント15選|注意点はある?

母の日のプレゼントを妻に贈る男性もいるでしょう。

 

しかし実母ではないため何をプレゼントしたらいいの?と悩む方もいるかと思います。

 

そこで今回は妻への母の日のおすすめプレゼントをご紹介します。プレゼント選びに悩んだ場合はぜひご参照ください。

 

また妻への母の日プレゼントの注意点もまとめました。マナーが気になる方はチェックしておくことをおすすめします。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 【母の日】夫から妻へのおすすめプレゼントとは
  • 妻への母の日のプレゼント相場は?
  • 母の日のプレゼントが欲しくない妻もいるって本当?
  • 妻への母の日のプレゼントの注意点
  • まとめ

 

妻に「母の日なにが欲しい?」と聞いても「いらない」、「別に…」と答えることもあるでしょう。「いらない」と言われたときの対処法も記載しています。

【母の日】夫から妻へのおすすめプレゼントとは

夫から妻へ、母の日のおすすめプレゼントをご紹介します。

妻への母の日おすすめプレゼント|ハンドクリーム

妻への母の日のプレゼントはハンドクリームです。

 

洗い物、洗濯などで手が濡れて荒れてしまうことがあります。感染症対策として除菌をすると、カサカサしてしまうこともありますよね。

 

ハンドクリームを母の日のプレゼントとして妻に贈りませんか。よい香りがするハンドクリームは喜ばれます。

 

香りつきのハンドクリームが苦手な方もいるので、普段どんなハンドクリームを使っているのかリサーチしてから買うことをおすすめします。

不安な場合は妻と一緒に買いに行きましょう。

 

【相場】500円から2,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|外食

妻への母の日のプレゼントとして外食もおすすめです。

 

毎日料理を作っている女性であれば、たまには食事を作らずに外食したいこともあるでしょう。普段のランチやディナーではあまり行かないような特別なお店に行ってみませんか。

 

お店は予約をすることをおすすめします。ギフトプレートを予約して、「いつもありがとう」とメッセージ入りでサプライズすると喜ばれるはずです。

 

初デートで行ったお店など、思い出のあるレストランやカフェもよいでしょう。

 

【相場】3,000円から10,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|旅行

妻への母の日のプレゼントのおすすめは旅行です。

 

夫婦で一緒に旅行に行くのもいいですし、「仲良しの友だちと言っておいでよ」と妻に自由な時間をプレゼントするのもいいでしょう。

 

毎日仕事や育児、家事をしていて家にいる時間が長い方にとって、旅行は非日常が味わえます。

ぜひ特別な旅をプレゼントしませんか。

 

【相場】5,000円から30,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|美容家電

妻への母の日のおすすめプレゼントは美容家電です。

 

加湿器、美顔器、マッサージ器などがよいでしょう。美容にこだわりのある妻には喜ばれるはずです。

仕事、家事、育児などで忙しい妻の場合は、ながらで使えるものがおすすめです。

 

【相場】5,000円から15,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|プリザーブドフラワー

妻への母の日のプレゼントのおすすめはプリザーブドフラワーです。

 

母の日というとフラワーギフトが定番です。

 

しかし花はお世話が必要ですよね。お世話が苦手な方にとって「せっかくもらっても枯らしてしまうのでは…」という不安がありお花をもらうことが負担になる場合も…。

 

そこでおすすめなのがプリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーであれば水やりは不要で、ただ飾るだけでOK。

お世話が必要ないので忙しい妻にも向いています。

 

【相場】3,000円から6,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|カーネーション

妻への母の日のプレゼントのおすすめはカーネーションです。

 

カーネーションは母の日の定番ですよね。鉢植えやブーケで贈りませんか。

赤いカーネーションの花言葉は「母の愛」、母の日のプレゼントにぴったりです。

 

【相場】1,000円から3,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|ゆっくりできる時間

妻への母の日のプレゼントのおすすめは、ゆっくりできるひとりの時間です。

 

育児、仕事、家事など忙しい妻も多いかと思います。なかなかひとりの時間が持てず、自分のことを後回しにして家族を優先している方も多いでしょう。

母の日にゆっくりできる時間を贈るのはいかがでしょうか。

 

いつも妻がやっている家事をやる、子どもを預かるなどをするのもおすすめです。

妻への母の日おすすめプレゼント|お金・商品券

妻への母の日のおすすめプレゼントはお金です。

 

物をもらうより、お金をもらったほうがいいという妻もいるでしょう。何が欲しいかわからない場合はお金を渡すのもおすすめです。

 

妻は身内ですが、現金を直接渡すのではなく封筒や祝儀袋に入れて贈ることをおすすめします。祝儀袋は100円ショップや文房具屋で売られているので探してみましょう。

 

現金を妻にあげるのはちょっと…という場合は商品券がおすすめです。よく妻が行くデパートや洋服屋などで使える商品券だと喜ばれます。

 

【相場】5,000円から20,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|タブレット

妻への母の日のおすすめプレゼントはタブレットです。

 

Amazonプライム動画やyoutubeなど、動画を楽しむ妻もいるでしょう。スマホよりもタブレットで視聴したほうが画面が大きく見やすいのです。

 

感染症が広まっている時期であれば、なかなか外出ができず自宅で動画を見ておうち時間を楽しむ方も少なくはありません。

ぜひタブレットをプレゼントしてみませんか。8インチ以上だと映画も見やすくなります。

 

【相場】10,000円から30,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|紅茶・コーヒー

妻への母の日のプレゼントのおすすめは紅茶・コーヒーです。

 

ゆっくりと休憩時間に好きな紅茶やコーヒーが飲めるように妻の好きな飲み物を贈りませんか。

自分ではなかなか買わないような、値段が高めの紅茶・コーヒーがおすすめです。

 

かわいい缶に入っているものも喜ばれます。

 

【相場】2,000円から5,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|工芸茶

妻への母の日のおすすめプレゼントは、工芸茶です。

 

工芸茶とは中国茶の1つで、花茶とも呼ばれます。お湯を入れることで茶葉がゆっくりと開き花が咲くのです。見た目のかわいさが楽しめるのが魅力で、母の日のプレゼントとしても人気があります。

 

透明な耐熱ガラスポットやガラスマグがあると花が開く様子がよくわかってよいでしょう。

透明なガラスポットやマグがない場合は、茶器とセットで工芸茶を購入するのがおすすめです。

 

【相場】2,000円から4,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|アクセサリー

妻への母の日のプレゼントとしてアクセサリーもおすすめです。

 

ブレスレット、ピアス(イヤリング)、ネックレスなどがよいでしょう。

日頃から妻が欲しがっていたアクセサリーがあれば、プレゼントするのもよいかと思います。

 

【相場】5,000円から30,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|家事代行サービス

日頃家事を頑張る妻に、母の日のプレゼントとして家事代行サービスを利用するのもよいでしょう。

家事代行サービスは、掃除、洗濯、買い物、料理、アイロンがけなどをやってもらえます。

 

プロの手に頼むと、普段なかなか手が回らない場所の掃除もお願いできるので、よりきれいになるはずです。

母の日のプレゼントとしては決して安いとは言えませんが、妻の負担が減るので大変喜ばれるでしょう。

 

【相場】10,000円から30,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|日傘

妻への母の日のおすすめプレゼントは日傘です。

 

5月ごろから徐々に紫外線が強くなっていきますので、紫外線が気になる妻に日傘を贈ると喜ばれますよ。

特に晴雨兼用であれば、梅雨の時期も使いやすくてよいでしょう。

 

【相場】1,000円から3,000円

妻への母の日おすすめプレゼント|ハンカチ

妻への母の日のプレゼントとしておすすめなのはハンカチです。

 

感染症が拡大している時期は、トイレのジェットタオルが停止していてハンカチが必要です。手洗いの回数も増えるためハンカチは欠かせませんよね。

 

普段自分で買わないようなハンカチ、デパートで売られるような高級なハンカチが喜ばれます。

 

【相場】2,000円から3,000円

妻への母の日のプレゼント相場は?

夫から妻への母の日のプレゼントの相場は、だいたい5,000円から15,000円です。

 

あまり高すぎるものを贈る必要はないでしょう。そもそも妻へ母の日のプレゼントを贈らない方もいますので、相場はあくまで参考程度にお考えください。

母の日のプレゼントが欲しくない妻もいるって本当?

母の日のプレゼントが欲しくないという妻もいるのでしょうか、まとめてみます。

母の日が欲しくない妻もいます

すべての妻が母の日のプレゼントが欲しいわけではありません。むしろ母の日のプレゼントはいらない、欲しくないという妻もいます

 

その理由は夫の母ではなく妻だからです。

 

子どもから母の日をもらうのは大歓迎でも、自分は夫の母親ではないため夫からプレゼントをもらうのに違和感をおぼえる方もいるようです。また女性として意識されていないのかな、と感じる方もいます。

 

子どもがいない場合は、母の日にプレゼントを贈らないほうがよいかもしれません。

子どもと一緒に妻にプレゼントする

どうしても夫から妻にプレゼントを贈りたい場合は、子どもいるのであれば子どもと一緒にプレゼントを贈りましょう。

 

子どもと一緒にお金を出し合ってプレゼントを買う、子どもと一緒に妻の手伝いをすることで母の日のプレゼントになりますよ。

妻への母の日のプレゼントの注意点

妻への母の日のプレゼントの注意点をご紹介します。

母の日のプレゼントの注意点|妻だけが使うものを贈る

妻への母の日のプレゼントは妻だけが使うものがよいでしょう。

 

家族みんなで使えるものをプレゼントすると、みんなへのプレゼントになってしまいます。

アクセサリーや美容家電など妻のみが楽しめるものがよいでしょう。

 

みんなで使えるものを贈ってしまうと、「なんだ結局みんなで使うものだったのか…」と妻ががっかりすることもあり得ます。

母の日のプレゼントの注意点|感謝の気持ちを伝える

母の日はただプレゼントを贈ればいい日というわけではありません。

 

日頃頑張るお母さんに感謝の気持ちを伝える日です。「いつもありがとう」などメッセージを添えてくださいね

 

なかなか直接口に出せない場合は、メッセージカードを利用するのもよいでしょう。

母の日のプレゼントの注意点|仕事や家事を意識させるものは要注意

仕事や家事、育児で使えるグッズは母の日のプレゼントにする際は注意をしてください。

 

母の日のプレゼントとしてエプロン、まな板、掃除機などを贈ることもありますよね。

 

家事で使えるものは実用的で喜ばれます。

しかし妻によっては「もっと家事をしろということ?」「母の日のプレゼントくらい家事や仕事を意識したくない」と思う方もいます。

母の日のプレゼントの注意点|「いらない」と言われたときは

母の日のプレゼントは「いらない」と事前に言われることもあるかもしれません。

 

「いらない」は本当に必要ないと思っている場合と、負担をかけたくないと思って言う場合があります。もしも「いらない」と言われた場合は「どうしていらないの?」と聞いてみましょう。

 

そもそも子どもがいなくて母の日をもらいたくないのかもしれませんし、夫に気を使っているだけかもしれません。

 

気を使っているだけであれば、一緒に出掛けてプレゼントを妻に選んでもらうのもおすすめです。

 

「いらない」と言われても、一概にプレゼントをあげなくていいというわけではないのでご注意ください。

 

まとめ

妻への母の日のプレゼントのおすすめを紹介しました。

  • ハンドクリーム
  • 外食
  • 旅行
  • 美容家電
  • プリザーブドフラワー
  • カーネーション
  • ゆっくりできる時間
  • お金・商品券
  • タブレット
  • 紅茶・コーヒー
  • 工芸茶
  • アクセサリー
  • 家事代行サービス
  • 日傘
  • ハンカチ

 

妻のなかには夫から母の日のプレゼントは必要ない、ということもあるため妻と相談しながらプレゼントを贈るとよいでしょう。

 

ひとこと「母として見ているのではなく、いつも頑張ってくれているからそのお礼だよ」と伝えるのもおすすめです。

トップへ戻る