0120-111-859

image

終活の相談窓口

片付けは何から始めればいい?基本の手順と始め方を解説!

トップ > 片付けは何から始めればいい?基本の手順と始め方を解説!

片付けが苦手な方は少なくありません。片付けのやり方を学校で教わることはないですし、手順ややり方を習ったことのある人は少ないのではないでしょうか。

 

けれど片付けは基本を学んで経験を積むことで、誰でも身につけられるスキルです。

 

この記事では整理収納アドバイザーの筆者が、片付けをするには何から始めればいいのか、基本の手順と始め方をご紹介します。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 片付けを始める前に、まずは目的の確認から
  • 片付けは何から始める?手順の3ステップ
  • 片付けの始め方でおすすめは「小さなスペース」で「毎日使う場所」から
  • 片付けは時間を決めて始めてみよう
  • まとめ:片付けは何から始めればいい?基本の手順と始め方を解説!

片付けを始める前に、まずは目的の確認から

在宅時間が長くなったことで家を片付けたいと感じたり、ライフスタイルが変わって部屋が散らかりやすくなったせいで片付けをしなくてはと考えたりする方も多いでしょう。

 

片付けを始める前にまず確認したいのは、目的です。

など、片付けの目的は人によってさまざまです。

 

片付けによって得られる効果は大きい一方、細かくて地味な作業も多いため、途中でモチベーションを保つのが難しいこともあります。モチベーションを保つのが難しくなったときに役に立つのが、片付けの目的です。

 

片付けをしたら、どんな暮らしをしたいのか、どんな部屋が欲しいのかをできるだけ具体的に思い描いて言語化することで、モチベーションを保ち、目的が達成しやすくなります。

片付けは何から始める?手順の3ステップ

片付けの手順は次の3ステップです。どんな場所を片付けるときでも、手順はいつも同じなんです。

1.片付けたい場所のものを全部出す

片付けたいスペースや場所にあるものを全部出します。テーブルや机の上に出してもいいですし、床に広げる場合には、ものの量に応じた大きさの風呂敷のような大きな布があると便利です。

 

片付けるのが引き出しでも棚でもクローゼットでも、まずは全部出して、何がどのくらいあるのか把握しましょう。

持っていることを忘れていた、同じものをいくつも持っていた、失くしたと思っていたものが出てきたなどがあるかもしれません。

2.使用頻度別に5つにわける

全部を出したら、次の使用頻度の高い順に5つにわけていきます。

 

①よく使う

毎日のように使うものはここに分類します。

であれば、将来的には使いやすいお気に入りと入れ替えていくのもいいでしょう。

 

②時々使う

時々使うものは人によって異なります。

 

例えば、

などがあげられます。

年に1回から数回の使用で、頻度は少ないものの、確実に使うものです。

 

③使わないから手放す

使わないもので手放してもいいと思えるものは、「明らかな不用品」と「売ったり譲ったりできるもの」を含みます。

 

処分するものは、お住まいの地域のルールを調べて処分しましょう。どんな方法で手放すにせよ、できるだけ早く家から出すことがポイントです。

 

④使わないけど手放さない

使わないけど手放さないものは、使うことがないとわかっていても手放したくないと感じるものです。

 

手放したくないものを無理に手放す必要はありません。ただ、使わないものを普段よく使うものと同じ場所に置いて、スペースを取ってしまうことが片付かない原因になります。

 

⑤ほかの場所に戻す

本来はリビングの収納スペースにあるはずのものが、キッチンの収納に紛れ込んでいたり、家族の私物がリビングに置きっぱなしだったりすることもありますね。

 

ほかのスペースにあるべきものは、あるべき場所に戻しましょう。

3.収納する

このステップでは、上のステップで4つにわけたもののうち、「①よく使う」「②時々使う」にわけたものだけを、使う場所に収納します。

 

①のよく使うものを収納する場所は、引き出しであれば1番手前の出し入れしやすい場所に、棚であれば目線から腰までの高さの使いやすい位置に優先的に。毎日使うものを1番使いやすい場所に置きましょう。

 

次に②の時々使うものを収納していきます。月に1度使うものと年に1度使うものがあれば、よりひんぱんに使うものを、手前に置いてください。

 

「季節の家電」をはじめ、「クリスマスツリー」「お雛様」「ハロウィングッズ」など、年に1度や数年に1度しか使わないものであれば、納戸や押し入れの手が届きづらい場所に収納しても大丈夫です。

 

このとき中に何が入っているかわかるようにラベルをつけたり、ふせんに書いて貼ったりしておくと、持っていることを忘れることがありませんし家族にもわかります

片付けの始め方でおすすめは「小さなスペース」で「毎日使う場所」から

片付けを始める場所のおすすめは、できるだけ小さいスペースで毎日使う場所です。

 

具体的には

などです。

 

理由は、小さいながらも毎日目にする場所がすっきりすることで達成感を得られることと、短い時間で終わるからです。

 

特にキッチンや洗面所については、賞味期限や使用期限があるために客観的な要不要がわかりやすく、執着があって手が止まってしまうことが少ないのでおすすめです。

 

逆に洋服や思い出のものについては、後回しにすることをおすすめします。ほかのスペースで経験を積んで練習をくり返すことで、お片付けスキルを上げてから取り組みましょう。

 

不要なものが多く、どこから手を付けるか悩むときには、あまり考えずに大きなものから取り除いでいきます。

 

リビングでもキッチンでも床やテーブル、カウンターなど広い平面が片付いていると、それだけですっきりして見えるものです。

 

どこから始めるか迷ったら、ダイニングテーブルやキッチンカウンター、洗面台の上からスタートするのもいいでしょう。

 

毎日目に触れる場所が整ってくると、モチベーションが高まる点でもおすすめです。

 

片付けは時間を決めて始めてみよう

片付けをするためには、ある程度の時間が必要です。朝が得意であれば、少し早起きして毎朝15分だけ片付けをしたり、夕食のあと20分間を片付けにあてる、または週末に30分片付けてみるなど、ご自分に合った方法を探してみましょう。

 

コツコツやることが得意な方は、毎日時間を決めて取り組むのもいいですし、1人でやるのが苦手であれば、SNSなどで人に宣言して、写真とともに経過報告をすることでモチベーションを保つ方法もおすすめです。

 

どんな方法であっても、まずは時間を決めてやってみて、うまくいかないことがあれば柔軟にやり方を変えながら、少しずつ経験を積み重ねていきましょう。

 

週末に大きなスペースに取り組んで、余計に部屋がごちゃごちゃしてしまうとやる気を失ってしまう可能性がありますので、少しずつ取り組むことをおすすめします。

まとめ:片付けは何から始めればいい?基本の手順と始め方を解説!

片付けをするには何から始めればいいのか、基本の手順と始め方をご紹介しました。

 

整理収納は、練習すれば誰でも身につけられるスキルです。整理収納アドバイザーの中にはもともと片付けが苦手だった方も少なくありません。

 

この記事を参考に、小さなスペースから基本的な手順で始めて、理想の部屋を手に入れてくださいね。

トップへ戻る