0120-111-859

image

終活の相談窓口

フリーランス・個人事業主・自営業の違い|使い分けた方がいい?名刺の肩書は?

トップ > フリーランス・個人事業主・自営業の違い|使い分けた方がいい?名刺の肩書は?

自分の働き方を見直した結果、組織には属さずに自分のペースで働こうと個人事業主になる方も増えてきました。

 

「お仕事はなんですか?」と聞かれて、「個人事業主です」と答えるべきなのか「フリーランスです」と答えるべきなのか悩んだ経験はありませんか。

 

個人事業主とフリーランスの違いはあいまいでよくわからない方も多いでしょう。さらに自営業はどうでしょうか。

 

個人事業主とフリーランス、自営業に違いがあるのかも気になるかと思います。

 

そこで今回はフリーランス・個人事業主・自営業の違いについて解説しました。

この3つはきちんと使い分けたほうがいいのかも、まとめています。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • フリーランスとは
  • 個人事業主とは
  • 自営業とは
  • フリーランス・個人事業主・自営業は区別をすべきか
  • フリーランス・個人事業主・自営業|名刺の肩書はどうするべきか
  • まとめ

フリーランス・個人事業主・自営業の名刺についても記載したのでぜひご参照ください。

フリーランスとは

フリーランスについて解説いたします。

 

フリーランスとは、会社などの組織に専従せずに働くことで、働き方をあらわす言葉として使用されます。

 

自分のスキルや得意なことを活かして、働く場所や働く時間に縛られない方が多いのがフリーランスの特徴です。

 

多くのフリーランスが、自宅やカフェ、コワーキングスペース(シェアオフィス)で働いています。

 

個人として働く場合は個人事業主と呼ばれ、大半がフリーランスに当てはまります。

 

起業して従業員がいない場合も、経営者ではありますが、フリーランスと呼ばれることがあります。

 

飲食店や小売店などを営む個人事業主の場合は、ほとんどフリーランスと呼びません。

自由業とは

よく自由業という言葉を聞きませんか。アンケートなどで職業欄の選択肢に「フリーランス・自由業」と見かけますよね

 

自由業とはフリーランスと同義で使用されます。

 

企業などの組織と雇用関係を持たずに仕事をする個人事業主を指します。特に違いはないので、呼び方の違いと覚えておいて問題ありません。

個人事業主とは

個人事業主とはどういう意味でしょうか。

 

個人事業主は法人を設立せずに個人で事業を営む方のことを意味します。あくまで個人であり法人ではありません。

 

時間や場所に縛られずに働く方が多いのが特徴です。

 

フリーランスと個人事業主の違いは?

ここまで個人事業主の説明を見て、「フリーランスと同じではないのか?」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

 

結論から言うと、個人事業主とフリーランスはほぼ同じような意味として使用されます。

 

細かく言うと、個人事業主とは税法上の区分で、フリーランスは働き方をあらわす言葉です。

 

特に違いをしっかりと覚えておかないと困ることはありませんが、すでに記載したように「フリーランス=個人事業主」ではないことはしっかりと理解しておきましょう。

個人事業主にはどうやってなるの?

会社で働くのではなく、個人で気軽に働きたいという方もいらっしゃるでしょう。いきなり個人事業主として働けるものなのでしょうか。

 

結論から言うと勝手に個人として働くことはできません。

 

個人事業主として働くには届け出が必要になります。税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」(開業届)を提出しましょう。

 

また、開業すると個人で確定申告をする必要がありますので、青色申告承認申請書」の提出も一緒にしておくのがおすすめです。

 

参照:国税庁

 

税務署に行けば、開業届や青色申告承認申請書の書き方を説明してもらえますよ。

 

従業員を雇っていても、店舗があっても個人事業主

個人事業主は従業員を雇うことができます。従業員を雇っている場合でも法人を設立していないのであれば、個人事業主という扱いになります。

 

また個人事業主として、店舗や事務所を契約していることもあるでしょう。この場合も法人を設立せずに個人として働く場合は個人事業主です。

自営業とは

自営業について解説します。

 

自営業とは自ら事業を営むことですが、フリーランスや個人事業主と何が違うの?と思う方も多いでしょう。

 

実は、個人事業主も自営業に当てはまります。さらに、法人を設立した経営者も自営業となるのです。

 

つまり自営業には法人も個人も属するということ。自営業は独立して事業を営んでいる事業者とお考えてよいでしょう。

 

すでに紹介したように法人を設立している場合は、個人事業主ではありません。しかし自営業は法人の設立有無に関わらず、自分で事業を営んでいれば該当するのです。

 

ここまでフリーランス・個人事業主・自営業について解説しましたが、一番範囲が広いのが自営業だと覚えておくとよいでしょう。

フリーランス・個人事業主・自営業は区別をすべきか

フリーランス・個人事業主・自営業についてそれぞれ解説しましたが、やや難しく感じたかもしれません。

 

正確に違いを理解して、状況に合わせて使い分ける必要はありません。

 

まずフリーランス・自営業・個人事業主の3つはほぼ同義で使用されるため、使い分ける必要はないです。

 

「個人事業主として働いています」と言えば、「フリーランスなんだな」、「個人事業主なんだな」と相手に受け取られるでしょう。

 

しかし、注意すべきは自営業です。

「自営業です」と伝えるだけでは、個人として働いているのか、法人を設立して働いているのかがわかりません。

フリーランス・個人事業主・自営業の3つのなかで、やや異質なのが自営業だと認識しておくとよいでしょう。

フリーランス・個人事業主・自営業を使い分けてみよう

個人事業主の場合は、フリーランスでもあり、自営業でもあります。

 

フリーランスは個人事業主や自営業という言葉よりも新しくできたため、まだ浸透していないこともあります。

 

年配に方に「フリーランスです」と伝えると「無職なのかな」と思われることもあり得るのです。

 

一番伝わりやすいのは自営業ですので、迷ったら「自営業です」と伝えてよいでしょう。

 

「どんなことをしているの?」と聞かれたら、「個人で〇〇をしています」と詳しい仕事を伝えてみてください。

フリーランス・個人事業主・自営業|名刺の肩書はどうするべきか

フリーランス・個人事業主・自営業の名刺について解説します。

フリーランス・個人事業主・自営業は名刺が重要

会社などの組織に属さずに働くと、自分で自分を売り込む必要があります。営業や交渉をするシーンで必要なのが名刺です。

 

名刺がある方は印象に残ります。もらう側は手元に名刺が残るため、見るたびにその人のことを思い出すでしょう。契約に至らなくても「何かあったらご相談ください」と伝えて名刺を渡すことで、後の仕事に繋がることもあるのです。

 

会社員ではないから名刺を持ってはいけないというルールはありません。フリーランス・個人事業主・自営業でも名刺を持ちましょう。

肩書を名刺に書いてみましょう

フリーランス・個人事業主・自営業でも名刺を持つのがおすすめですが、名刺になんて書けばいいのかわからない方も多いでしょう。

 

基本的に名刺は次の内容が書かれています。

 

 

事業主の名前は、開業届に記した屋号がよいでしょう。

 

名刺には、屋号だけでなく自分の名前を書くと、メールや電話のやり取りがスムーズです。

 

名刺には事業主の基本情報を記載します。住所、電話番号、メールアドレス、ホームページ、SNSアカウントなどです。連絡先を記載しておくことで仕事のやりとりがしやすくなるでしょう。

 

会社など組織に属する場合は、名刺には肩書が書かれています。部長、課長、係長などが肩書に当たります。肩書がない名刺でも問題はありませんが、なるべく書いてあると相手の印象がよいと言えます。

 

会社では、役職がない社員に肩書蘭が空欄なのも…と、取得している資格を書くこともあるほどです。(ファイナンシャルプランナー1級など)

 

個人事業主の場合もぜひ肩書を決めましょう。

フリーランス・個人事業主・自営業の肩書はどうしたらいい?

基本的に肩書にルールはありません。自由に決めても問題はないですが、相手に通じる肩書がよいでしょう。

 

たとえば「仕事の神」、「スーパーワーカー」では相手がピンと来ないこともあります。
おすすめは「代表」「CEO」「ディレクター」「責任者」です。

 

仕事に対して大げさな肩書にならないよう、よく考えながら決めてください。

使ってはいけない肩書とは

基本的に肩書にルールはないと書きましたが、使ってはいけない肩書があるのでご注意ください。

 

フリーランス・個人事業主の場合は「社長」「代表取締役」は使用できません

 

「社長」は「会社の長」という意味合いがあります。個人事業主は法人を設立していないため、社長ではありません。勝手に「社長」と名刺に書いてしまうと法人だと勘違いされる可能性があるので使用はできないのです。

 

「代表取締役」も同様です。そもそも取締役は取締役会が置かれている株式会社のトップが使用できる肩書です。

 

会社を設立していなければ、株式会社も設立していないことになるので、この肩書は使用できません。勝手に「代表取締役」と記載すると、株式会社と思われてしまうためご注意ください。

 

そんなつもりはなくても相手をだましてしまうことにも繋がるので、気を付けましょう。

 

まとめ

フリーランスとは会社に属さずに働くこと、つまり働き方をあらわす言葉です。

 

個人事業主とは法人を設立せずに個人で事業を営む方のことで税制上の区分にあたります。

 

自営業とは、自ら事業を営むことで個人事業主も該当しますが、自ら経営をする法人を設立した人も自営業となります。

 

フリーランス・個人事業主・自営業の3つを神経質に区別する必要はありませんが、自営業は個人も法人も含まれるため使うときは注意をしましょう。

 

フリーランス・個人事業主の名刺には肩書を自由に書くことができますが、「社長」「代表取締役」という肩書は使用できません。

 

また大げさすぎる肩書もあとで後悔する可能性もあるのでよく考えてから決めましょう。

トップへ戻る