0120-111-859

image

終活の相談窓口

フリーランス・個人事業主のメリット・デメリット|どんな人が向いている?

トップ > フリーランス・個人事業主のメリット・デメリット|どんな人が向いている?

「働き方改革」という言葉が広まり、自分のワークスタイルについて考える方が増えてきています。

副業が認められている会社も多く、個人事業主に興味を持つ方も多くなってきているのです。

 

しかし、そもそも「フリーランス」や「個人事業主」とはどんな働き方なのでしょうか?気軽に個人事業主になってみて、後悔はしたくないですよね。

 

今回は個人事業主のメリット・デメリットについてまとめています。

 

個人事業主に向いている人・向いていない人についてもまとめたので、自分には合っている働き方かどうか気になる方もぜひ最後まで読んでみてください。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • フリーランス・個人事業主のメリットとは
  • フリーランス・個人事業主のデメリットとは
  • 個人事業主とは?フリーランスとの違い
  • フリーランス・個人事業主が向いている人・向いていない人
  • 個人事業主の確定申告について
  • まとめ:フリーランス・個人事業主のメリット・デメリット|どんな人が向いている?

フリーランス・個人事業主のメリットとは

個人事業主のメリットについてご紹介します。

フリーランス・個人事業主のメリット|好きな時間に働ける

個人事業主は、時間的な自由度が高いと言えます。

 

会社員やアルバイトであれば出社時間、退社時間が決まっていますが、個人事業主の場合は仕事時間を自由に決められることが多いのです。

 

納期など仕事の期限さえ守れば、あとはどんな時間に働いても問題がないことがほとんどです。

フリーランス・個人事業主のメリット|好きな場所で働ける

個人事業主のメリットとして好きな場所で働けることも挙げられます。

 

会社であれば毎日決まった場所に出社が必要です。しかし、個人事業主の場合は仕事をする場所を自由に決められます。

 

後にも解説しますが、開業届という書類を提出する際に事業所自宅にすれば、家で仕事をすることができるのです。

フリーランス・個人事業主のメリット|何歳でも仕事ができる

会社員であれば、定年が設けられていることがほとんどですが、個人事業主は年齢に関係なく働くことができます

 

定年後に個人事業主になる方もいらっしゃるほどです。

フリーランス・個人事業主のメリット|頑張った分だけ収入を得ることができる

会社で働く場合は会社から給料がもらえます。

個人事業主の場合、報酬という形で収入を得ることができますが、こちらは出来高に応じて支払われます。

 

頑張った分だけ収入を得ることができるのも個人事業主のメリットです。

 

個人事業主は時給で働いているわけではないため、短時間でたくさんの仕事をした場合は、それがたとえ短時間であろうとやった分だけの報酬を得ることができます。

フリーランス・個人事業主のデメリットとは

個人事業主にはメリットだけでなくデメリットもあります。見てみましょう。

フリーランス・個人事業主のデメリット|時間管理、案件管理をする必要がある

会社であれば出社時間が決まっていて、この時間までにこの仕事をするというルーティンがあることが多いです。

 

しかし、個人事業主は自分ひとりで仕事をするもの。

 

自分の力で時間管理や案件管理をする必要があることがデメリットです。

 

「あの仕事、もう終わった?」、「仕事、進んでいる?」と誰かが進捗状況を聞いてくれるわけではありません。

 

ある程度、自己管理をしながら仕事を進める必要があります。

フリーランス・個人事業主のデメリット|社会保険に加入する必要がある

会社員であれば社会保険料を会社が半額負担をしてくれますが、個人事業主はあくまで個人で働くため国民健康保険、国民年金保険などの社会保険に加入しなければいけません

 

保険料の負担があることが個人事業主のデメリットと言えるでしょう。

 

フリーランス・個人事業主のデメリット|先輩や上司がいない

会社であれば先輩や上司がいることがほとんどです。

 

わからないことがあれば、誰かに聞くことができる環境。慣れない仕事を教えてくれる人がいることも多いでしょう。

 

しかし、個人事業主は個人ひとりで働くことがほとんどで、仕事を教えてくれる先輩や上司がいません。

 

即戦力を求められることも多く、ある程度自分で解決する力が求められます

 

フリーランス・個人事業主のデメリット|確定申告を自分でする

個人事業主は確定申告を自分で行う必要があります。

 

会社員であれば所得税が源泉徴収され、年末になると年末調整が入ります。しかし、個人事業主はこれを自分でやらなくてはならないのです。

 

慣れていないと確定申告は難しく感じることもあるでしょう。

 

確定申告をする作業、つまり確定申告のための書類作成に時間が取られることがあり、それがデメリットになるのです。

フリーランス・個人事業主のデメリット|社会的信用度が低い

個人事業主のデメリットとして、社会的信用度が低いことも挙げられます。

 

同じ能力であれば、会社員である「X社のAさん」と個人事業主の「Bさん」を比べると、X社という看板を背負ったAさんのほうが信頼されやすいでしょう。

 

さらに個人事業主は、金融機関からの審査で融資が受けられない可能性もあります。

 

フリーランス・個人事業主のデメリット|会社のような福利厚生がない

働いた分だけ収入になる個人事業主。働かなければ収入は得られません。

 

怪我や病気をして、どうしても働けない場合は収入が落ちるでしょう。

 

有給休暇、慶弔休暇がないため、身内に不幸があって仕事を休んでも収入の保証はないのです。

個人事業主とは?フリーランスとの違い

個人事業主とはそもそもなんでしょうか。

 

個人事業主とは、会社を設立せずに自ら営業を行っている人のことです。

 

個人事業主のなり方

個人事業主のなり方について解説します。

 

個人事業主は、特に資格や試験合格が必要なわけではありません。

 

1.開業届を提出する
税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」(いわゆる開業届)を提出します。

ここには、屋号の項目があるため、あらかじめ考えておきましょう。

 

2.青色申告承認申請書を提出する(義務ではありません)
青色申告をする場合は、事前に「青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。

 

確定申告には青色と白色があります。簡単に説明すると、青色のほうが書類は複雑ですが、その分税金面で優遇されることが多いです。

 

少しでも節税をしたい場合は、青色申告を選択しましょう。

 

フリーランスとは何が違うの?

さて、よく聞くフリーランス。個人事業主とフリーランスとは何か違うのでしょうか。

 

フリーランスとは会社や団体に属さない働きかたの呼称です。対して個人事業主は税制上の区分とされています。

 

…これではちょっとわかりにくいですよね。

 

フリーランスとは働き方のことで、法人も含みます。つまりフリーランスのなかには個人事業主だけでなく法人もいるのです。

 

厳密に言うと、働き方をあらわす単語と税制上の区分をあらわす言葉で、両者は別物です。

 

 

しかし、実際には同じ意味で使われることがほとんどです。このページでは少なくとも同義として読んでいただいてかまいません。

フリーランス・個人事業主が向いている人・向いていない人

個人事業主には、メリットもデメリットもあることがわかりました。

 

個人事業主になりたいな…と考えている方も自分は向いているのだろうかと気になるでしょう。

 

ここでは個人事業主に向いている人、向いていない人についてまとめていきます。

 

フリーランス・個人事業主に向いている人|時間・場所に縛られずに働きたい人

子育てをしている、介護をしているなどで、どうしても決まった時間に決まった場所に行けない人もいるでしょう。

 

フリーランスであれば、場所や時間に融通が利くため、プライベートを両立しながら働くことができます。

 

フリーランス・個人事業主に向いている人|経理の知識がある人

フリーランスは確定申告が必要です。確定申告をするには帳簿作成が必須で、ある程度の経理の知識が求められます。

 

まったく経理にくわしくなくてもフリーランスとして働くことはできますが、経理に慣れている人のほうがよいでしょう。

フリーランス・個人事業主に向いている人|解決の力が高い人

個人事業主は基本的にひとりで働くので、仕事上でのトラブルが発生した場合もひとりで解決する必要があります。

 

解決能力が高い人が、フリーランスに向いていると言えるでしょう。

フリーランス・個人事業主に向いている人|自己管理ができる人

どのような仕事にもルールや期限があります。

 

ルール通りに仕事をしているかは、誰かがチェックしてくれるわけではありません。

 

仕事の期限が近くても、リマインドしてくれる人もいないのです。

ルールや期限などの管理ができる人でないとフリーランスは難しいかもしれません。

 

フリーランス・個人事業主に向いていない人|チームで仕事をしたい人

チームを組んでそのなかの一員として働きたい方には、フリーランスは向きません。

 

わからないとき、悩んだときは同僚と相談しながら仕事をしたい方にも不向きでしょう。

フリーランス・個人事業主に向いていない人|受け身が多い人

仕事をする際に、受け身が多い人はフリーランスに向かない可能性が高いです。

 

フリーランスは自分ひとりで仕事をするため、能動的に動かなくてはいけません。

 

指示を待つよりも、自分で行動をするタイプの人のほうが向いています。

フリーランス・個人事業主の確定申告について

個人事業主は確定申告が必要だとすでに記載しました。なんだか面倒くさそうなイメージですよね。

ここでは個人事業主の確定申告について解説します。

フリーランス・個人事業主確定申告はしないといけないのか

開業届を出して受理されると、個人事業主として認められます。

個人事業主として仕事をして収入を得た場合、確定申告が必要となるのです。

参照:国税庁

 

税務署に開業届を出した時点で、個人事業主として仕事をすると宣言したことになります。

税務署側も「個人事業主として収入を得ている」と認識しているため、確定申告の時期になる前に税務署から書類が一式送られてくることがあるのです。

 

確定申告をしないと、「所得税を納めないこと」になるため、注意が必要です。

フリーランス・個人事業主|確定申告は簡単にできる?

慣れていないと確定申告は難しいかもしれませんが、会計ソフトなどで簡単に書類を作成することができます。

 

1回確定申告をすれば2回めはよりスムーズにできることでしょう。

苦手意識が強い方も少なくありませんが、不安のある方は会計ソフトを利用してみましょう。

 

青色申告をする場合は、青色申告会に入会して帳簿作成のサポートをしてもらうこともできます。

まとめ:フリーランス・個人事業主のメリット・デメリット|どんな人が向いている?

フリーランス・個人事業主のメリットは、「好きな時間・好きな場所で働けること」「何歳でも仕事ができること」「働いた分だけ収入になること」です。

 

フリーランス・個人事業主のデメリットは、「時間管理・案件管理が必要なこと」「社会保険に加入する必要があること」「先輩や上司など仲間がいないこと」「確定申告をする必要があること」「社会的信用度が低いこと」「福利厚生がないこと」です。

 

フリーランス・個人事業主として働く場合は、メリット・デメリットをよく理解した上で、選択するとよいでしょう。

トップへ戻る