0120-111-859

image

終活の相談窓口

あなたは田舎暮らしに向いている人?リスクの少ない『戻れる移住』の方法を知ろう

トップ > あなたは田舎暮らしに向いている人?リスクの少ない『戻れる移住』の方法を知ろう

希望とする田舎暮らしはあるけれど、果たして自分は田舎での生活に向いているだろうか。

 

住み慣れた場所を離れてはじめる田舎暮らしは、人生の大きな転機といえるでしょう。そんな大きな転機に失敗したくないと考えるお気持ち、よく分かります。

 

田舎暮らしに向いている人を考えれば、向いていない人というのも分かってきます。自分が田舎暮らしに向いているかは、確かに気になるところですよね。しかし、実際のところ、住んでみないと分からないというのが田舎暮らしの本質ではないでしょうか。

 

今回は、田舎暮らしに向いている人はどんな人を考えるとともに、失敗の少ない戻れる移住について考えてみましょう。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 田舎暮らしに向いている人とは?
  • 「都会暮らしに向いている人なの?!」反対に、田舎暮らしに向いていない人は?
  • 「田舎暮らしは飽きる?!」田舎暮らしに自信がない人は、戻れる移住を考えて
  • 田舎暮らしを成功させるには、事前の準備も肝心!
  • まとめ:あなたは田舎暮らしに向いている人?リスクの少ない『戻れる移住』の方法を知ろう

田舎暮らしに向いている人とは?

田舎暮らしに向いている人、というのは確かに存在します。

実際に、地域の方に歓迎され、移住者として上手く生活している方は、以下のような人が多いですよ。

人付き合いが上手な人

田舎では、都会にくらべて人付き合いが濃密です。何かと住民で協力したり話し合ったりする機会が多く、草刈りはもちろん、お祭りやお葬式のお手伝いなど、田舎ならではの行事があります。ご年配の方も多いので、メールで済むような話でもわざわざ集まる機会が多いと感じるでしょう。

 

スーパーへ出かけようとしたら「どこに行くの?」、農作業のお手伝いに出れば「あなたはどこの誰だ?」、病院に行けば「病院に行ってたんだね、どこが悪いの?」などと、ちょっとしたことでも問いかけられることもあります。

 

こういった住民同士のコミュニケーションは、不便な田舎で助け合って生きていくためにも大切なものです。何かのときには、あなたを助けてくれるかも知れません。

 

田舎の文化や年配の方への尊重心を大切しつつ、さらりと受け流せる人付き合いの上手な人は、田舎暮らしの人間関係を円滑に築ける人が多いですよ。

臨機応変に自分で何かをなしえる気概がある人

都会には交通機関や仕事などたくさんのものがありました。都会にくらべて、田舎では与えられるものが少ないと感じるでしょう。
『何もないからつまらない』ではなく、自分で何かをなしえる気概があると、田舎でも楽しく生活できます。

 

何もないからこそ、自然豊かな環境で子育てをしたり、住まいのDIYを楽しんでみたり、不便な田舎暮らしを楽しみたいものですね。

 

これが無いからできない!ではなくて、不便な田舎暮らしに臨機応変に対応できる人は、田舎暮らしに向いているといえるでしょう。

虫や動物が平気な

田舎暮らしと言えば、自然豊かな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。確かに、広い庭に畑、なんなら山までついてくる田舎の生活は素晴らしいものですよね。

 

自然豊かな環境であるがゆえに、虫や動物が多いです。虫は都会で見るよりもサイズが大きいですし、たくさん家に入ってきます。仕事を終えて帰宅すると、飼い犬がヘビやアナグマを退治して褒めてほしそうにしていたりもします。

 

虫や動物が平気な人は、田舎での生活に慣れるのも早いでしょう。

「都会暮らしに向いている人なの?」反対に、田舎暮らしに向いていない人は?

今までの話をまとめると、

上記のような人は、田舎暮らしにはあまり向いていないと言えるでしょう。

環境をリセットしたいのであれば、地方都市への移住を考えてみる

都会での人間関係に疲れ、田舎暮らしを始めたものの、地域の方々が思った以上に干渉してきて辟易した、というような体験談を目にすることはないでしょうか。人と関わりたくない人は、田舎での生活はかえって疲れてしまうかもしれません。

 

また、今の生活を変えたくて田舎での生活を考えてみたけれど、やっぱり便利に暮らしたいと感じた人は、移住すべき場所を再検討してみると良いですね。

 

今の環境をリセットしたいのであれば、別の県の都市部への引っ越しも良いかも知れません。

 

県をまたぐことで、気候や県民性は大きく変わります。田舎にこだわらず、好きな景色が見える生活しやすい場所へ引っ越せば、気持ちを一新する良い機会になるでしょう!

虫やヘビに拒絶反応がある人にはおすすめしません

虫やヘビに拒絶反応がある人にとっては、田舎での生活が非常にストレスになってしまうでしょう。

 

もし、田舎暮らしのパートナーがそうである場合は、お互いに折り合いをつける策を考えた方が良いですね。田舎暮らしには、後述するクラインガルテン(市民農園)や二地域居住など、さまざまな方法があります。ぜひ、お互いの良い移住方法を話し合ってみてくださいね。

 

夫婦での移住計画の話し合いなどについては、田舎暮らしに温度差がある夫婦、お互いが納得できる移住方法を見つけようでも詳しく解説しています。

「田舎暮らしは飽きる?!」田舎暮らしに自信がない人は、戻れる移住を考えて


田舎暮らしに興味津々だけど、もう一歩踏ん切りがつかないとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。そういった方は、戻れる移住を検討してみてはいかがでしょうか。

 

いきなり田舎に家を買って移住、というのは勇気もいりますし無謀ともいえるでしょう。しっかりと住みたい場所を知ってから、移住する方が安心して田舎暮らしを楽しめますよね。何よりも、ダメだったら帰る場所がある、という気持ちの余裕も大切です。

 

ここからは、戻れる移住について紹介します。

体験移住を最大限活用する

地方移住を積極的に受け入れている自治体は、体験移住を行っています。

 

体験移住の方法としては、

などがあります。

 

上記のような体験移住を最大限活用し、自分がここで生活できるのか知るために、何度も足を運んでみましょう。

 

体験移住を通じて、現地に知り合いが出来れば、実際に移住するときにも安心です。あらかじめ不安なことや知りたいことをまとめておいて、有意義な体験移住につなげるようにしたいですね。

体験移住の例

農業をしたい人は、クラインガルテン(市民農園)で農作業を知ろう

田舎暮らしの目的として、農業をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。そういった方には、クラインガルテン(市民農園)がおすすめです。

 

クラインガルテンは、畑を借りて野菜や花を育てるだけではなく、都市と農村との交流を目的としていて、利用者同士や地域の方々との交流ができるコミュニティ形成の場として活用されています。

 

ラウベという簡易宿泊施設を備えた滞在型のタイプと、一般の市民農園のような日帰り型のタイプがあります。

 

実際に農作業を体験してみると、思ったよりも大変だと感じる方も多いかもしれません。しかし、自分で育てた野菜の味は格別です。クラインガルテンでの経験は、あなたの田舎暮らしを後押ししてくれることでしょう。

二地域居住を検討する

二地域居住は、都会の住まいと田舎の住まい、二つの地域を往来しながら居住する移住方法です。

 

都会の住まいや仕事を継続し戻れる場所を守ることで、気持ちの余裕にもつながります。田舎暮らしが上手く行けば本格的に移住を考え、老後には都会が良いと実感すれば都会に帰る選択肢を残せるのは、二地域居住の良いところです。

 

注意すべきところとしては、往来時の交通費など、出費が多額になりがちなところです。

 

二地域居住の地域選びは、今の住まいからのアクセスと費用をよく考えてみましょう。

田舎暮らしを成功させるには、事前の準備も肝心!

ここまで、田舎暮らしに向いている人と戻れる移住についてお伝えしてきました。最後にもうひとつ、田舎暮らしを成功させるためには事前の準備も大切です!

 

理想が先行しがちな田舎暮らしにおいて、準備段階で理想と現実のギャップを埋めておくことが重要です。

  • 田舎暮らしの目的を考える
  • 家族間でよく話し合う
  • 情報収集する
  • 現地に足を運んで地域を知る
上記のように、しっかりと準備した上で始める田舎暮らしは、世間で言われているほど怖いものではありません。ぜひ、田舎暮らしをお考えの方は、事前の準備も大切に進めてくださいね。

 

田舎暮らしの始め方を解説!移住へのステップと疑問を解決しますでは、移住への段取りを詳しく解説していますので目を通してみてください。

まとめ:あなたは田舎暮らしに向いている人?リスクの少ない『戻れる移住』の方法を知ろう

今回は、田舎暮らしに向いている人・向いていない人、失敗しないための戻れる移住についてお話ししました。

 

今の生活とはがらりと変わる田舎暮らし。不安になることも多いでしょう。田舎での生活の向き・不向きは、実際のところは住んでみないと分かりにくいものです。

 

ちょっと人見知りがちだった人も、意外と田舎の方が人付き合いが楽しい!と感じるかもしれません。不安な気持ちが残ると、田舎暮らしは楽しめません。ぜひ、戻れる移住で心に余裕を持って、田舎での生活を楽しんでくださいね!

田舎暮らしについてさらに知りたい方は→

『田舎暮らし』記事一覧

『終活』とは自分の望む最期を迎え、人生をより充実したものにするため、生前準備を行うことです。

人生の後半戦を思う存分楽しむために『終活』を始めてみませんか?

終活に関する記事一覧

トップへ戻る