0120-111-859

image

終活の相談窓口

【シニア起業の3つの事例】起業を成功に導く考え方と事前準備を紹介

トップ > 【シニア起業の3つの事例】起業を成功に導く考え方と事前準備を紹介

定年退職や早期退職をした方の中には、起業を検討している方も多いかと思います。

起業する前に、シニア起業での事例について詳しく知れたら心強いですよね。

 

結論、シニア世代の起業事例には3つのパターンがあります。

 

実際に、シニア起業で成功する方も少なくありませんが、起業に向けた意識改革を行っておかなくては失敗する恐れもあるので注意が必要です。

 

そこで本記事では、シニア起業の事例について紹介しつつ、起業するにあたって持っておくべき考え方について解説していきます。

 

シニア世代の人たちが起業前にしておくべき事前準備についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • シニア起業の事例3つを紹介!
  • 【事例から学ぶ】シニア起業に向けた意識改革をしよう!
  • シニア起業を成功に導く事前準備
  • まとめ|【シニア起業の3つの事例】起業を成功に導く考え方と事前準備を紹介

シニア起業の事例3つを紹介!

シニア起業の事例3つを紹介!

シニア起業とは、「55歳以上のシニア層が定年退職や早期退職をした際に事業を起こす」という意味合いになります。

 

働き方が大きく変化してきている現代においてシニア世代で起業する人は年々増えていますが、以下の3つのパターンで起業することがほとんどです。

 

 

それでは、それぞれ事例を交えながら、詳細を解説していきます。

 

【事例1】前職で培ったスキルを活かして起業する

 

シニア世代で起業をする人のほとんどは、前職で培ったスキルを活かして起業します。

 

例えば、前職で営業の仕事をしていた方は、そのまま『営業代行』の仕事を請け負うという流れは少なくありません。

 

前職で培った営業スキルが役立つのもそうですが、幅広い人脈を活かしてさまざまな業種で活躍できます。

さらに経験値が豊富な分、1番失敗するリスクが少ないパターンと言えるでしょう。

 

ただし、経験値があるからと言っても、時代の変化とともにビジネスの流れは変化します。

なので、まずは自分の持つスキルを洗い出ししつつ、日頃から知識を蓄えていくようにしましょう。

 

【事例2】得意なことや趣味の延長で起業する

得意なことや趣味の延長で起業する方も少なくありません。

 

例えば、旅行が趣味の人は今までの経験を活かして『旅行アドバイザー』として起業する方もいます。

 

これまでに行った旅行先でおすすめをピックアップし、これから旅行する方に最適なプランを提案するだけでも、十分ビジネスとして成り立たせることは可能です。

 

さらに、英語や中国語などを話すのが得意なのであれば、海外の人をターゲットにして日本国内を案内する『ガイド』として活躍もできます。

 

近年では、YouTubeなどに日常生活の動画を流して広告収入を得るという働き方も増えてきており、得意なことや趣味を仕事にする環境は整いつつあると言えるでしょう。

 

ただし、得意なことでビジネスが必ずしも成り立つわけではないので、事前にビジネスモデルを確認して小規模な事業からスタートするのが現実的です。

 

【事例3】資格を活かして起業する

シニア世代であれば、資格を活かして起業するという方法もあります。

 

例えば、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、将来に備えた資産設計やファイナンシャル・プランニングなどの相談や提案を仕事とすることが可能です。

 

さらに、起業するとなると金銭面のやりくりを考えなくてはいけませんが、ファイナンシャルプランナーの資格があれば帳簿や税金の理解も深まるでしょう。

 

他にも、中小企業診断士という国家資格を取得していれば、『経営コンサルタント』として起業することも可能です。

 

ただし、中には起業には向いていない趣味程度の資格もあるので、これから資格を取る際には注意しましょう。

【事例から学ぶ】シニア起業に向けた意識改革をしよう!

【事例から学ぶ】シニア起業に向けた意識改革をしよう!

シニア世代で起業をするという事例は、年々増えているのが現状です。

 

実際に中小企業庁の発表によると、年齢を重ねるごとに起業をしたいと考える方が増えてきていることもわかっています。

シニア世代の起業引用元:中小企業庁

しかし、起業に向けて準備は進めていても、「ビジネスとしてしっかり事業を成り立たせよう」という強い意識を持っている人はなかなかいません。

 

事例から見てわかるように、実際に起業で成功する方もいれば、失敗をしてしまう方もいます。

 

そのため、なんのために起業をするのかをしっかりと考えるところから始めましょう。

 

日々の生活を考慮しつつも、事業を成功させるための意識改革を行っていくことが成功の秘訣になります。

シニア起業を成功に導く事前準備

シニア起業を成功に導く事前準備

最後に、シニア世代での起業を成功に導くためにしておくべき事前準備について解説していきます。

まとめると以下の通りです。

 

 

これから起業を考えているというシニア世代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

環境整備を行う

まずは、環境整備を行いましょう。

 

初めて起業をするとなると、資料作成や帳簿付などを自分で行わなくてはいけません。

 

他にも、仕事道具などを調達したり作業場を手に入れたりと、すぐにでも仕事ができる環境を手に入れる必要があります。

 

事前に環境を整備しておき、いつでも起業できる状態を作っておきましょう。

 

年齢を重ねるごとに判断力は衰えてしまう恐れもあるので、心に余裕を持たせておくことが大切です。

人とのコミュニケーションを増やしておく

もし起業をしたとしても、いきなり仕事をもらえることは早々ありません。

 

実際に起業すると、最初は人からの紹介から仕事を受注することがほとんどです。

 

そのため、普段から人とのコミュニケーションを増やしておき、いつでも仕事を紹介してもらえる環境作りをしておきましょう。

 

人との繋がりを持っておくことが、シニア起業を成功させるかどうかの鍵を握ります。

スキルの洗い出しをしておく

自分が持っているスキルの洗い出しもしておきましょう。

シニア世代ともなると、さまざまな経験を積んできていることから起業に役立つスキルを持ち合わせていることがあります。

 

例えば、高いパソコンスキルがあればホームページを作れたりもしますし、人との会話が好きなら営業として活躍できる可能性もあると言えるでしょう。

 

しかし、中には起業に向けて役立たないスキルが含まれていることも少なくありません。

あくまで事業を成功させるために必要なスキルを見つけることが大切なので、まずはどんなスキルを持っているのか洗い出しを行いましょう。

 

そして、もし起業に必要なスキルを持ち合わせていない場合は、習得に励むことが大切です。

まとめ|【シニア起業の3つの事例】起業を成功に導く考え方と事前準備を紹介

ここまでシニア起業の事例について紹介しつつ、起業に向けた考え方や今からしておくべき事前準備について紹介してきました。

 

シニア世代で起業をしたいという方は年々増えていますが、ビジネスとしてしっかりと取り組んでいくという強い意志を持つことが大切です。

 

起業をすることは新しい第2の人生を歩むことと同義でもあるので、しっかりと事前準備を済ませてから起業をスタートさせていきましょう。

 

トップへ戻る