0120-111-859

image

終活の相談窓口

会社員からフリーランス(個人事業主)に転職|再就職手当を受け取るには?

トップ > 会社員からフリーランス(個人事業主)に転職|再就職手当を受け取るには?

サラリーマンとして勤務をしていた企業を退職し、フリーランス(個人事業主)として開業をしたときに「再就職手当」を受け取ることができるのか不安に思う方はいませんか?

 

この記事では、再就職手当を受けとれる条件と、フリーランスとして働く際に出す開業届と再就職手当との関係などをお伝えいたします。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • そもそも再就職手当とは何か
  • フリーランス(個人事業主)が再就職手当を受給するための8つの条件
  • 再就職手当を受け取るための手順を理解しよう
  • フリーランス(個人事業主)としての第一歩は開業届を提出することから?
  • 再就職手当を確実に受給するために必要な書類と条件とは
  • 再就職手当を受け取れるまでにかかる期間はどれくらいなの?
  • まとめ:フリーランス(個人事業主)でも再就職手当は受け取れます!

そもそも再就職手当とは何か

一般企業に就職をしていて、その職場で雇用保険に加入していた場合、退職後決められた期間で失業保険を受給することができます。

 

しかしこの失業保険を満額受給すると、もらえるお金は多いですが、失業期間が長くなってしまいますよね。

できれば早く再就職したいけれど、もらえる失業保険が減ってしまうのは辛いと思う方もいるでしょう。

 

そんな早期に再就職した場合に受け取れるのが、再就職手当です。

 

再就職手当は、失業保険で定められた受給期間日数が1/3以上残っている期間中に再就職先が決定すると、国からもらえる手当のことを指します。

 

フリーランス(個人事業主)が再就職手当を受給するための8つの条件

上記のようにフリーランス(個人事業主)でも再就職手当を受給できるのですが、次にあげる8つの条件すべてに当てはまらないと受給することはできません。

 

  1. 待機期間満了後(7日間)に就職または事業を開始したこと
  2. 再就職先に1年を超えて勤務するのが確実であること
  3. 就業日前日までの失業認定を受けた後の基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること
  4. 過去3年以内に再就職手当、常用就職支度手当の受給を受けていないこと
  5. 給付制限を受けた方は待機満了後の1ヶ月間について、ハローワークまたは許可や届け出のある職業紹介事業者の紹介で就職を決めること
  6. 原則として、雇用保険の被保険者であること
  7. 受給資格決定前(求職申し込み)から採用内定していた会社に雇用されたものではないこと
  8. 再就職した企業が離職した事業主と関係のないこと(離職した会社と資本金や資金・人事・取引面で密接な関わりがないこと)

 

参考:厚生労働省

再就職手当を受け取るための手順を理解しよう

上記で示した通り、再就職手当を受給するための条件をクリアすると、次は受給するために行う手順があります。

 

フリーランスとなった後に再就職手当をもらうためには、ハローワークへ行き、企業を辞めて失業したのだと認定されなくてはいけません。

 

その手順は下記のようになっています。

1.離職する会社から離職票と雇用保険被保険者証を受け取る 失業保険を受け取るためには離職票と雇用保険被保険者証が必ず必要になります。

会社によって発行する、しないに分かれるため、離職票の発行がいつ手元にくるのかの確認を行いましょう。

2.ハローワークで失業保険の申し込みを行う。 お住いの地域を管轄するハローワークに離職票を持って求職手続きを行いましょう。

その際は下記のものが必要となります。

・離職票
・雇用保険被保険者証
・マイナンバーカードや通知カード、個人番号の記載がある住民票
・身元確認証(運転免許・公的医療保険の被保険者証)
・印鑑
・最近の写真(縦3.0cm×横2.4cm)2枚
・失業保険の受け取り先となる本人名義の貯金通帳またはキャッシュカード(ゆうちょ銀行可)

3.待機期間は7日間 ハローワークで求職手続きを終えると、失業しているかの判断をするために、7日間の待機期間を過ごすことになります。

この期間は、本来であれば再就職のための準備をする期間ではありますが、フリーランス(個人事業主)を考えているのであればそのための準備に充てましょう。

また、この7日間が満了したあとに失業保険が支払われます。

4.ハローワークの説明会に参加する 7日間の待機期間終了後、雇用保険受給者初回説明会へ必ず参加しましょう。

ここで雇用保険受給資格者証と失業認定申告書が渡され、失業保険の受給をするための条件が揃います。

5.初回の失業認定を受ける 4週間に一度、決められた日時にハローワークへ行き、失業認定を受けます。

雇用保険受給者初回説明会へ参加すれば、「既に求職活動をしている」とみなされます。

6.退職理由が自己都合と会社都合では開業できる期間が違う 失業認定を受けて再就職手当を受け取るまでの期間は、退職理由によって異なります。

・会社都合で退職した場合(給付期限なし)は待機期間の7日間が経過してから
・自己都合で退職した場合(給付期限あり)は待機期間の7日間+1か月が経過してから

 

この期間を間違えると、再就職手当を受け取ることができなくなってしまうので、注意しましょう。

フリーランス(個人事業主)としての第一歩は開業届を提出することから?

フリーランス(個人事業主)として働くとき、開業届は必須ではありません。

 

しかし、サラリーマンを辞めてフリーランス(個人事業主)として開業すると決めたのなら、税務省に開業届を提出することをおすすめします。

 

なぜならば上記で記したように、この開業届を提出することで再就職手当を受け取ることができるからです。

 

開業届をハローワークへ提出するタイミングがずれてしまうと、再就職手当を受け取ることはできないかもしれません。

 

またこの再就職手当は「フリーランスが再就職手当を受給するための8つの条件」で記載したとおり、支給残日数が予定給付日数の3分の1以上が必要となっています。

 

開業届の提出を後回しにすると、支給残日数が少なくなってしまい、再就職手当を受け取る条件が満たされなくなる可能性もあります。

 

再就職手当を確実に受給するために必要な書類と条件とは

ハローワークに開業届を提出し、再就職手当の申請を行う際に必要な書類は、下記のようになっています。

 

 

この書類の他に「フリーランスが再就職手当を受給するための8つの条件」で記載した通り、「再就職先に1年を超えて勤務することが確実であること」を証明できる書類が必要です。

 

フリーランスの場合、1年を超えて安定した事業継続を行えて収入があるという書類を用意しましょう。

 

しかしフリーランスとして働きだしたばかりでは事業が安定していない、受注が少ないなど1年以上の仕事の保証をする書類が用意できないこともありますよね。

 

この場合は再就職手当の審査に落ちてしまうこともありますが、2年以内であれば再就職手当の受給申請を行うことができます。慌てずに手続きを行ってくださいね。

 

再就職手当を受け取れるまでにかかる期間はどれくらいなの?

再就職手当を受給できる条件を満たし、失業認定をもらい開業届を提出して再就職手当の受給申請が通ったとしても、退職理由によって再就職手当の振り込みまでの期間は異なります。

 

給付制限のない会社都合の退職の場合は最短でも1か月半程度、給付制限のある自己都合の退職の場合は最短でも2カ月半程度となっています。

 

また、ハローワークが混み合っている時期や、再就職手当の申請に時間がかかっていると、振り込みまでの期間が長くなる場合もあります。

 

審査にどれくらいの期間がかかるのか、結果はいつになるのかはハローワークに問い合わせをすると教えてくれますよ。

まとめ:フリーランス(個人事業主)でも再就職手当は受け取れます!

フリーランスが再就職手当を受給するためには、様々な条件や用意しなければならない書類などがあります。

 

フリーランスとして開業すると、「新たに購入しなければいけないもの」「従業員を募集するのであれば人件費」「事務所を借りるのならば家賃」など、どうしても費用が発生しますよね。

 

その際に、再就職手当を受給できると大変助かるのではないでしょうか。

 

会社員からフリーランスに転身しても、条件に当てはまれば再就職手当が受け取れますので、お住いの管轄にあるハローワークに問い合わせをして申請してみましょう。

トップへ戻る