0120-111-859

image

終活の相談窓口

【必読】定年後の賢い働き方3選|定年間近の人が今すべき準備も紹介

トップ > 【必読】定年後の賢い働き方3選|定年間近の人が今すべき準備も紹介

「定年後の働き方にはどういったものがある?」と、定年を迎えた後の働き方について悩んでいませんか?

近年では定年を迎えても働く人が増えてきており、「自分にはどのような働き方が最適なのか」と気になっている人も多いかと思います。

 

結論、定年を迎えた人が選べる働き方は3つあり、自分の価値観や生き方に合わせて仕事を選ぶのがおすすめです。

 

また、定年後も働き続けたいと考えるなら、今からスキルを習得するなどの準備をしておきましょう。

本記事では、定年後の賢い働き方について紹介しつつ、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

 

定年後も働き続けるためにすべき準備についても解説しているので、定年を迎えても働きたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 定年後の賢い働き方3選
  • 【働き方別】定年後も働き続けるメリット・デメリット
  • 定年後も働き続けるために今すべき準備
  • まとめ|【必読】定年後の賢い働き方3選|定年間近の人が今すべき準備も紹介

定年後の賢い働き方3選

定年後の賢い働き方3選

定年後におすすめする働き方は、以下の3つです。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

現在働いている会社で再雇用してもらう

定年後の働き方の1つとして、現在働いている会社にて再雇用してもらうという選択肢があります。

定年を迎えると現在働いている会社は退職するのが一般的ではあるものの、希望を出せば再び雇用契約を結ぶことによって、65歳まで同じ会社で働くことが可能です。

 

定年後も同じ会社で雇用される制度を『継続雇用制度』といい、2013年の法律改正によって企業は以下のいずれかを実施することが義務付けられました。

 

  1. 65歳までの定年年齢を引き上げ
  2. 65歳までの継続雇用制(再雇用制度・勤務延長制度など)を導入
  3. 定年制を廃止

参照:高年齢者雇用の現状等について|厚生労働省

そのため、60歳を迎えたとしても、会社に希望を出せば再雇用という形で働き続けられます。

別の会社にて再就職(転職)する

定年後の働き方として、別の会社に再就職(転職)するという手段があります。

再雇用と違って、再就職は自分で次の職場を探さなくてはいけません。

 

ちなみに、職場の探し方として有名なのが以下の方法です。

 

ただし、定年間近の年齢になると、正社員として雇用されることはほとんどありません。

アルバイトやパートとして採用されることも踏まえて、再就職という働き方を検討する必要があります。

独立・起業をする

働き方の選択肢として、独立・起業をする方法もあります。

 

独立・起業とは、再雇用や再就職など企業に雇用される働き方とは異なり、自分で事業を起こしてお金を生み出す働き方です。

近年では、自分のスキルを活かして業務委託契約を結ぶフリーランスという働き方も目立つようになりました。

 

さらに、定年後に飲食店や雑貨屋などのお店を開き、個人事業主として独立する人もいます。

組織に縛られずに、自分のやりたいことを実現できるのが、独立・起業の魅力と言えるでしょう。

【働き方別】定年後も働き続けるメリット・デメリット

【働き方別】定年後も働き続けるメリット・デメリット

ここまで定年後の働き方を紹介してきましたが、それぞれメリット・デメリットがあるので注意が必要です。

そこでこの章では、定年後も働き続けるメリット・デメリットを、先述した働き方別で紹介していきます。

再雇用の場合

まずは、再雇用のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

再雇用のメリット

同じ会社で再雇用という形で働く場合のメリットは、以下の通りです。

 

再雇用という働き方は、同じ会社で働き続けることになるので、業務内容や働く環境が大幅に変化することはありません。また、再就職や独立・起業のように手間のかかる手続きがないので、時間を取られないというメリットもあります。

 

 

厚生年金の加入対象者になれば、65歳以降に受け取れる年金の受給金額を増やすことも可能です。

再雇用のデメリット

同じ会社で再雇用という形で働く場合のデメリットは、以下の通りです。

 

定年後も同じ会社で働き続ける場合、再雇用という形になることから給料が以前より低くなってしまいます。

また、役職自体もなくなることから、仕事に対するモチベーションが下がってしまうので注意が必要です。

 

再雇用となったら以前と同じ業務を任されるケースがほとんどなので、新しい仕事に挑戦するチャンスはとても少ないでしょう。

再就職(転職)の場合

次に、再就職(転職)のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

再就職のメリット

現在働いている会社を辞めて、新しい会社に再就職をする働き方のメリットは以下の通りです。

 

新しい職場にて再就職するとなると、今までとは違った仕事を任されることから、刺激ある毎日を過ごすことが可能です。

また、新しい交友関係が生まれることから、今までにはない価値観に触れることも少なくありません。

 

再就職をすることで待遇面を見直すこともでき、雇用条件が以前より良くなることもあります。

再就職のデメリット

新しい会社に再就職する場合のデメリットは、以下の通りです。

 

再就職をすると、今までやったことがない仕事を任されることもあり、日々の業務にストレスを感じてしまうケースがあります。

さらに、企業理念や社内の風習が大きく変化することから、慣れるまでにはかなりの時間を要することもあるでしょう。

独立・起業の場合

最後に、独立・起業をする場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

独立・起業のメリット

独立・起業をした場合、以下のようなメリットがあります。

 

独立・起業のメリットとしては、会社に縛られないという点が1番大きな強みと言えるでしょう。

自分のペースで仕事ができることから、「定年を迎えたからゆっくり働きたい」と考える人にも最適な働き方と言えます。

 

また、自由にやりたい事業への挑戦ができるので、「自分のお店を持ちたい」「やってみたい事業がある」などの希望を叶えることが可能です。

独立・起業のデメリット

独立・起業のデメリットをまとめると、以下の通りです。

 

もしフリーランスとして独立をした場合、途中で契約を切られる可能性もあるので注意が必要です。

独立したら自身で仕事を獲得しなくてはいけませんが、営業経験がない人からすると苦痛に感じることも少なくありません。

 

そして、売上の管理などを自分で行いながら慣れない確定申告をする必要があるので、事前に知識を蓄えておくことが大切です。

定年後も働き続けるために今すべき準備

定年後も働き続けるために今すべき準備

ここまで定年後の働き方について詳しくまとめてきましたが、どの働き方を選ぶにせよ、事前に準備をしておくことが重要となります。

もし準備もせずに定年を迎えてしまうと、自分に合った働き方が見つけられずに、そのまま定年退職を選んでしまう結果となるでしょう。

 

そこで以下に、定年後も働き続けるために今すべき準備についてまとめました。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自己分析をする

まずは、自分自身がどんな働き方を選んでいきたいのか、自己分析を行っていきましょう。

自己分析をしていくことで、自分にぴったりの働き方だけでなく、これからの生き方を見つけることにも役立ちます。

 

例えば、定年後の生活を豊かにしていきたいと考えるなら、再雇用ではなく給料が少しでも良い会社に再就職するのが良いでしょう。

ただし、定年を迎えて少しでもゆっくりしたいなら、フリーランスとして自由な時間に働くという選択肢もあります。

 

自分がどんな生き方をしたいかで働き方は変化するので、まずは自分自身を知るところから始めていきましょう。

自分のライフプランを練っておく

自分が定年後にどんな生活を送りたいのか、ライフプランを練っておきましょう。

ライフプランを練っておけば、仕事に対しての区切りをつけられるだけでなく、今後の余生の過ごし方を決めるのに役立ちます。

 

例えば、「何歳まで働き続けるのか」「何歳には働くことを辞めるのか」などを考えておくだけでも問題ありません。

大切なのは、仕事を終えた後にどんな余生を過ごしたいのかを決めていくことです。

 

仕事を辞めた瞬間に生きがいを失ってしまう人も少なくないので、定年を迎える前にしっかりとライフプランを練っておきましょう。

自身が持っているスキルと習得したいスキルの把握

定年後も働き続けたいなら、自身が持っているスキルと習得したいスキルの把握をしておきましょう。

どの働き方を選んだとしても、仕事に役立つスキルがあるかないかで、待遇面が大きく異なります。

 

例えば、スキルが全くない状態で再就職を希望したとしても、ほとんどの企業から相手にされることがありません。

また独立・起業をしたとしても、スキルがない人に仕事を依頼する企業はないので、失敗に終わる可能性が出てきます。

 

そのため、定年を迎える前に「自分にはどんなスキルがあるのか」「定年後の働き方に合わせてどんなスキルを習得すべきか」などを考えておきましょう。

 

まとめ

ここまで、定年後の3つの働き方を紹介しつつ、それぞれのメリット・デメリットや定年前にしておくべき準備についてまとめていきました。

 

定年後にどの働き方を選ぶべきかは、自分のこれからの生き方や価値観に合わせて選んでいくことが大切です。

 

どのような余生を過ごしたいかも考えながら、ぜひ本記事を参考に自分らしい働き方を見つけてみてください。

トップへ戻る