0120-111-859

image

終活の相談窓口

女性の転職に有利な資格【10選】特徴やどのようなシーンに役立つのかを解説!

トップ > 女性の転職に有利な資格【10選】特徴やどのようなシーンに役立つのかを解説!

転職活動をする際に、過去の経歴とあわせて自分がもっている資格をアピールすると良いでしょう。

なぜなら、所持している資格によっては企業に即戦力として認められるかもしれないからです。

 

やりたい仕事やあこがれの企業に転職するために、前もって資格を取る人は多いのではないでしょうか。

しかし、ひとくちに資格といっても種類は数多くあります。その中からどの資格をとればいいのか迷う人は一定数お見えでしょう。

 

今回は、女性の転職に有利な資格を10個にしぼってご紹介します。今後あらたなキャリアを築こうとお考えの人は、ぜひご参照ください。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 女性の転職に有利な資格|国家資格
  • 女性の転職に有利な資格|専門的な資格
  • 女性の転職に有利な資格|事務職に有利な資格
  • まとめ:女性の転職に有利な資格【10選】特徴やどのようなシーンに役立つのかを解説!

女性の転職に有利な資格|国家資格

まずは女性の転職におすすめの国家資格を3つ紹介します

行政書士:ビジネスの分野で深く関わりたいあなたに

行政書士とは、行政へ許認可申請が必要な場合の書類作成、官公署に届ける書類に関する相談業務などを行う法律の専門家です。

(引用:生涯学習のユーキャン

 

行政書士は、開業する人や事業主にかわって書類を作成したり手続き代理業務をおこなったり、相談業務をこなしたりするのが仕事です。

行政書士の試験を受けるのに、国籍や年齢制限はありません。ただし、資格をとっても行政書士として登録できるのは20歳以上という決まりがあります。

また、2018年度に実施された行政書士試験の合格率は、12.7%と低めです。

行政書士試験の受験手数料は、¥7,000(税込)です。

 

当資格をもつと、大きく分けて3つのメリットが生まれます。

1.独立・開業を目指せる 行政書士は、行政書士事務所に勤務するほか、独立・開業することもできます。後者の場合、自宅で開業することが可能なため初期費用以外に多くの資金がかかることはありません。
2.行政書士の資格をとると転職で有利になる 国家資格のため、試験に合格するのは簡単ではありませんが、行政書士の試験に合格すれば「専門試験を突破するだけの学力がある」「法律について詳しい」と評価されます。

入職後は法務部や総務部などでスキルを発揮できるでしょう。

3.法律の知識をたくわえられるため、別の資格を取るのにも有利 法律に詳しくなれば、他の資格を取るときに法律関係の理解が早いですし、スキルの掛け合わせにも有利です。

 

行政書士の資格をとるには、独学で学習するか通信講座やスクールなどに通う必要があります。

社会保険労務士:人材に関する専門家

社会保険労務士は、社会法権労務士法にもとづいた国家資格です。

業務内容は社会保険の加入手続きや労働保険料の計算、社内の賃金台帳作成や確定申告など多岐にわたります。

 

受験資格がある人の条件は、次のとおりです。

● 学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学、短期大学、専門職大学、専門職短期大学、若しくは高等専門学校(5年制)を卒業した者又は専門職大学の前期課程を修了し た者(専攻の学部学科は問わない)。
● 上記の大学(短期大学を除く)において学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者。
上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者(卒業認定単位以外の単位を除く(卒業認定単位は大学へご照会ください)。)
●行政書士となる資格を有する者。

※上記の受験資格は主なものです。受験資格の照会は全国社会保険労務士会連合会 試験センターまでお問い合わせください。

(引用:資格の学校TAC

 

当資格を取得するために、まずは国家試験に合格が目標です。毎年8月下旬に試験が実施され、11月に合格発表があります。

試験形式は「選択式」と「択一式」の2種類です。双方の合格基準点に満たなければ、資格をとることはできません。

 

社会保険労務士の受験料は¥9,000(税込)です。(※ただし、令和3年度以降15,000円に改定されます。参照:生涯学習のユーキャン

キャリアコンサルタント:相談者のキャリアを形成するためにサポートする資格

キャリアコンサルタントとは、2016年4月より創設された国家資格のことをいいます。

学生や仕事を求めている人、現在進行形で仕事についている人などを対象に、職業選択や能力開発について相談やアドバイスをおこなう職業です。

当資格をもっていると、上記のような人々に対してキャリアを形成するためのサポートをおこなえます。

キャリア相談の資格にはキャリアカウンセラーなどの民間資格がありますが、キャリアコンサルタントは国家資格で、資格を持っていないと「キャリアコンサルタント」は名乗れません。

 

具体的なサポート内容は、相談者と職業の適性を考え、仕事を見つけたり、その人がより幸せな人生を歩むにはどうしたらいいのかを一緒に考えたりすることです。

 

キャリアコンサルタントの資格をとると、大学・行政機関・人材サービス業界・再就職支援業界への転職が有利になります。

 

資格をとるのにかかる期間と費用の目安をまとめました。

詳細はこちら→国家資格 キャリアコンサルタント試験

 

女性の転職に有利な資格|専門的な資格

終活の資格と試験

次に、転職に有利な専門的な資格を紹介します。

資格を持っていなくても働ける職業はありますが、資格があることで業務内容の幅が広がりますし、やりがいアップも期待できますよ。

ファイナンシャルプランナー:お金のスペシャリストになろう

ファイナンシャルプランナー(通称:FP)とは、人生で必要なお金や税金や投資、不動産についてなどの相談ができるプロフェッショナルのことです。

 

ファイナンシャルプランナー関連の資格や検定には「CFP®資格」(上級資格)および「AFP資格」と、国家検定であるFP技能士(1~3級)があります。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の受験手数料は、下記のとおりです。

1級 学科試験 ¥8,900(税込)
2級 ①学科試験 / ②実技試験 / ③学科試験と実技試験 ①¥4,200(税込)/ ②¥4,500(税込) / ③¥8,700(税込)
3級 ①学科試験 / ②実技試験 / ③学科試験と実技試験 ①¥3,000(税込)/ ②¥3,000(税込)/ ③¥6,000(税込)

(参考:一般社団法人 金融財政事情研究会

FPの資格をもった方は、ハウスメーカー、生命保険会社などに就職すれば、資産運用やライフプランのアドバイザーとして活躍できるでしょう。

 

他にもFPの知識は、日頃の暮らしの中でも活かせます。例えば、FPの資格をとるためのテキストでは、教育資金やマイホームを購入するための家計管理について学べますよ。

介護職員初任者:介護の道へすすむなら、取得しておくべき資格

介護職員初任者(旧ヘルパー2級)の資格は、介護職の道へすすむなら取得しておくべき資格です。

かつてヘルパー2級と呼ばれていた資格で、介護職員初任者の資格をとるには修了試験に合格する必要があります。

 

当資格は年齢や学歴などの条件はありません。カリキュラムを修了し、修了試験に合格すれば資格がもらえます。

介護職員初任者研修講座を受けるのにかかる費用は、6万円〜9万円弱とスクールによってさまざまです。また受講する時期によってかかる費用は変動するため、気になるスクールに直接資料請求したほうがいいかもしれません。

【スクール名】ニチイ 【受講料】¥88,000
【スクール名】ベネッセ介護職員初任者研修 【受講料】東京・埼玉・神奈川→¥60,720(教材費こみ)、愛知・大阪・兵庫→¥55,000(教材費こみ)
【スクール名】三幸福祉カレッジ ¥87,780(教材費こみ)

(参考:介護の資格 最短net

介護業界では、たとえ無資格であっても働ける場合が多いですが、初任者研修の資格をもっていると転職するうえで有利です。事実として、採用選考時や給与面に影響が出るケースが多々あります。

 

介護職員初任者の資格をとるには、初任者研修講座を開講している学校に通って、130時間(10項目)のカリキュラムを修了する必要があります。その後、筆記試験で合格することが資格取得の条件です。

介護・福祉の世界に転職を考えている方は、介護職員初任者の資格をとっておきましょう。介護に関する正しい知識を身につけた上で実務にあたることが可能です。

 

宅地建物取引主任者:不動産業界で活躍を目指すあなたに

宅地建物取引主任者とは、宅地建物の取引に精通したエキスパートで、都道府県知事がおこなう宅地建物取引主任者資格試験に合格し、その知事の登録を受けて、宅地建物取引主任者証の交付を受けた人のことです。

 

不動産の事務所には、法律にもとづいた数の専任取引主任者を設置する必要があります。

宅地建物取引主任者の試験は、毎年10月の第3日曜日に全国で開催されます。テストを受けるのにかかる費用は、¥7,000(税込)です。

 

宅地建物取引主任者は、土地や建物に関する法律知識で、不動産関連の仕事以外でも活かせます。

一般企業ならば、会社がもっている不動産の管理や資産運用などの業務に活用できるほか、事務所を移転したり拡張したりするのに宅健の知識が活用できます。

女性の転職に有利な資格|事務職に有利な資格

最後に、女性の転職に有利な事務系の資格を紹介します。

「資格」という形を持っておくことと、知識として蓄積することで、転職先での活躍に生かせるでしょう。

TOEIC:英語力を企業にアピールできる

TOEICはリーディングやリスニングなどの問題を解くことで、英語力を総合的に測定できる検定です。

 

試験は聞き取り100問、読解100問に分かれています。

テスト後に結果が数値化(※TOEICの満点は990点)されるため、自分の英語力はどれくらいあるのか知りたい人や、外資系企業への転職を目指す人におすすめです。

 

TOEICが実施されるのは、1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月の年10回。また、受験にかかる費用は¥6,490(税込)です。ただし、2021年10月3日からは¥7,810(税込)に改定されるためご注意ください。

(詳細:IIBC

 

昨今では企業の多国籍化が進んでおり、ビジネスシーンで英語を使う場面が多くなっていて、企業によってはTOEICのスコアにもとづいて採用の可否を判断するケースが増えています。

また、TOEICを社員の昇進・昇格の判断基準に使う企業が増えてきました。一般的にTOEICのスコアが600点以上あれば、転職の履歴書にその旨を記載したり面接でアピールできたりが可能でしょう。

簿記検定(日商簿記):営業や経理などの仕事を目指す人へ

簿記とは、企業の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明確にする技能のことをいいます。

(参考:商工会議所の検定試験

 

経理職にとって簿記の資格は、書類や報告書を作成するうえで欠かせません。また、営業の仕事はあらゆる企業と取引をおこなうため、簿記の知識をつけておいて損はないでしょう。

 

簿記検定の種類は、大きく分けて3つです。

詳しく説明します。

①日商簿記

①の日商簿記は、日本商工会議所と各地商の工会議所が主催しています。学生だけでなく社会人が受けることも多い検定です。

検定の種類は、1級から3級の3つです。

検定の種類 試験内容 試験開催回数 受験料
1級 「商業簿記・会計学」「工業簿記・原価計算」の2つに分かれています。また、試験時間はそれぞれ90分ずつ(途中で15分間の休憩をはさむ)です。 年に2回 7,850円(税込)
2級 「商業簿記」「工業簿記」の2つに分かれています。試験時間は120分で、休憩時間はありません。 年に3回 4,720円(税込)
3級 「商業簿記」のみで、試験時間は120分間です 年に3回 2,850円(税込)

参照:ネットスクール日商簿記講座

②全経簿記

②の全経簿記は、全国経理教育協会が主催する検定です。おもに、経理の専門学校に通う学生が受験する傾向にあります。

検定の種類は、上級・1〜3級・基礎簿記会計の5種類です。上級の試験は年に2回、それ以外の検定は年に4回開催されています。

(※全経簿記の上級に合格すると、税理士試験の受験資格を得られます。)

 

全経簿記の検定を受けるのにかかる費用は、下記のとおりです。

上級     :7,800円
1級商簿・会計:2,600円
1級原計・工簿:2,600円
2級商業簿記 :2,200円
2級工業簿記 :2,200円
3級商業簿記 :2,000円
基礎簿記会計 :1,600円

(引用:全国経理教育協会 ZENKEI

③全商簿記

③の全商簿記は、全国商業高等学校協会が主催していて、主に商業高校の学生を対象とした試験です。学校の授業で教わる内容を出題しています。

 

受験級は1級〜3級に分かれており、受験するのにかかる費用は¥1,300(税込)です。

MOS:IT系の企業に転職を目指す人は要チェック

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)とは、国際資格のひとつです。

この資格をもっていると、マイクロソフト社製のオフィスソフト(Word、Excel、PowerPoint、Outlookなど)を使いこなせるという証明になります。

 

試験の種類は、スペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)の2つです。前者の難易度は比較的低く、試験では各種ソフトの基本操作について問われます。

一方エキスパート(上級)レベルでは、より高度な技術が求められるため、事前に知識をたくわえておきましょう。

MOSの受験費用は以下の通りです。

一般価格

MOS 365&2019/MOS 2016(一般レベル): 10,780円(税込)
MOS 365&2019/MOS 2016(上級レベル): 12,980円(税込)
MOS 2013 全科目: 10,780円(税込)

 

学割価格(一般価格より2000円割引となります。)

MOS 365&2019/MOS 2016(一般レベル): 8,580円(税込)
MOS 365&2019/MOS 2016(上級レベル): 10,780円(税込)
MOS 2013 全科目: 8,580円(税込)

 

参考:MOS公式サイト

試験では、専門的な知識がなければ解けない問題ばかり出てきます。Wordの試験を例にすると、スタイルや索引の作成、ユーザー設定のテンプレートの作成、ほかのアプリからデータをとりこむ操作などです。

MOSの勉強方法には、通信教育やスクールの活用などがあげられます。

【通信講座】ユーキャン マイクロソフトオフィススペシャリスト講座

受験者の中には、独学で資格を取得している方もいます。

 

MOSの資格を取得すると、ビジネスに活用できる知識やスキルが身につくため、さまざまな職種で有利です。例えば企業の事務職、営業職、人事などの業務では、マイクロソフト社のオフィスソフトを利用する機会が多くあります。

オフィスワーク以外にも販売職では、店舗の売上げや在庫管理などをおこないますし、そうした業務を行ううえでExcelを使えると、非常に効率的です。

秘書技能検定:社長や議員などをサポートする仕事を目指せる

秘書技能検定とは、上司をサポートするための技能や知識を測定する検定のことです。

試験では電話や来客対応についてのマナーや、ビジネス文書の作成方法、正しい敬語の使い方などを問われます。

 

秘書技能検定を受験するのに年齢・学歴の制限はなく、誰でも受験可能です。受験級は高校生レベルの3級から、現役秘書・社会人レベルの1級まであります。

【受験費用】

 

秘書は社長や議員のサポートをする仕事です。業務を遂行するうえで、スケジュール管理能力や文書作成・書類整理・ファイリング能力などが問われます。

これらのスキルを身につけるために、秘書技能検定を受けておくと良いでしょう。

まとめ:女性の転職に有利な資格【10選】特徴やどのようなシーンに役立つのかを解説!

女性の転職に有利な資格を10選を紹介しました。

 

TOEICや簿記などの比較的メジャーな資格以外にも、必要に応じてMOSや社会保険労務士など専門性の高いライセンスの取得をおすすめします。いくつか資格をとっておくと、転職の視野が広がるためです。

 

これから転職活動をスタートする方や、現時点で転職活動にいそしんでいる方は当記事を参考にしてください。

 

トップへ戻る