0120-111-859

image

終活の相談窓口

50代の再就職は厳しい?成功させるコツやオススメの職種などを紹介!

トップ > 50代の再就職は厳しい?成功させるコツやオススメの職種などを紹介!

人生100年時代という言葉を聞くようになり、50代を機に新しいキャリアへ転向したいと考える人も多くなってきました。

しかし、50代の再就職はそう簡単ではなく、しっかり対策を立てた上で転職を検討するのがオススメです

 

本記事では「50代で再就職するにはどうすればいいんだろう?」という方に向けて、オススメの職種や再就職を成功させるコツについて解説します。

 

よくある疑問と答えにもあわせて回答していますので、きっと参考になるはずです。

ぜひチェックしてみてください。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 50代の再就職の現実は厳しい?
  • 50代の再就職に積極的な企業も増えています!
  • 50代で再就職するのにオススメの5つの職種
  • 知っておこう!「50代の再就職率」50代の再就職を成功させる5つのポイント
  • 50代の再就職で使うべき転職サービス
  • 50代の再就職でよくある疑問と答え
  • まとめ

50代の再就職の現実は厳しい?

まず始めに、50代の再就職の現実について見ていきましょう。

 

50代の再就職は、20〜40代の頃に比べると難しくなる傾向にあります。

 

そこには、大きく分けて次の3つの理由があるからです。

  1. コストの問題
  2. 年功序列型組織の問題
  3. 年齢による体力面の問題

 

より詳しく、理由について説明しますね。

①コストの問題

企業は50代の人材を採用すると、その年齢に応じた高い給料を払う必要があります。

 

厚生労働省の「平成 30 年賃金構造基本統計調査の概況」を見ても、50代の年収がもっとも高いです。

 

企業としては50代の人材に高いコストをかけるよりも、20〜30代の人材を雇って、早く組織の戦力になってもらうほうが費用対効果が高いと判断します。

 

このような理由から、50代を積極的に雇用しようと思わない企業が存在するのです。

②年功序列型組織の問題

50代の再就職が難しい理由に、年功序列制度が挙げられます。

 

日本の多くの企業は年功序列制度を採用しており、勤続年数や年齢に応じて賃金・役職が上昇しますよね。

 

この制度を採用している中で、50代の方が再就職で入ってくると、周りの若手社員が非常に働きにくくなる可能性があります。

中には、仕事のモチベーションが下がってしまう社員が出てくるかもしれません。

 

企業によっては、周りの社員のモチベーションやコストパフォーマンスを意識して、50代の再就職を躊躇することもあります。

③年齢による体力面の問題

50代の再就職でネックになるのが年齢による体力面です。

 

特に、労働系の仕事になると体力のある若手を積極採用しますよね。

 

企業としては、長く働いてくれる人材を集めたい気持ちが大きいので、少しでも健康かつ元気に過ごせる人材を採用する傾向にあります。

50代の再就職に積極的な企業も増えています!

50代の再就職は難しいというお話をしてきましたが、近年では50代の再就職に積極的な企業も増えています

 

なぜなら、日本は超少子高齢社会を迎えており、元気な若い世代の人口が減っているからです。

また若手を採用したいと思っていても、人材が集まらない企業も増えています。

 

そこで、若い世代の不足を中高年で補おうとする企業も増えているというわけです。

 

つまり、50代であっても元気であればまだまだ再就職できるチャンスはあります!

 

次の章では、50代でも再就職の可能性が高い職種をご紹介します。

50代で再就職するのにオススメの5つの職種

50代で再就職するのであれば、闇雲に就職活動するよりも採用されやすい職種への転向がオススメです

 

ここでは、50代で再就職するのにオススメの5つの職種を見ていきましょう。

  1. 介護・福祉関係
  2. 医療関係
  3. 運送業
  4. 警備員
  5. 総合管理職

 

1つずつ説明していきます。

介護・福祉関係

介護・福祉関係の仕事は需要に対して働き手の不足が続いている職種です。

 

そのため、50代であっても採用されやすい仕事となっています。

 

介護職で働くためには専門の資格が必要ですが、介護の補助や助手であれば無資格・未経験で就業でき、未経験で始めやすいです。

 

人を助ける仕事であることから感謝の言葉をもらえる機会が多く、やりがいを感じられる仕事と言えます。

 

興味がある人にとっては、天職になる可能性もあるでしょう。

 

▼介護職におすすめの資格は下記の記事で詳しくまとめています▼

【16種類・総集編】介護や福祉関係の資格を紹介!条件や合格率などもチェック

医療関係

医療関係も、看護助手や受付事務などの職種で再就職しやすいです。

 

未経験でも働け、契約社員やパート・アルバイトなど、正社員以外の雇用形態で働けるところが多いのも特徴です。

運送業

運送業も日本では人手不足に陥っている職種のひとつです。

 

人手自体が減っているのではなく、ネット通販業の拡大によって仕事量が増えていることから人手不足となっています。

そのため、50代でも比較的再就職しやすい業界です。

 

ただし、トラックを運転するのに種類にあわせた資格を持っている必要があります。

経験自体は問わないところが多いため、未経験でも資格があれば働けるでしょう。

 

運転だけでなく荷物の持ち運びなどの仕事もあるので、体力があるとなお良しです。

警備員

体力が必要であり、夜勤など生活が不規則になりやすいことから警備員も人手が不足している職種で、よく求人が出ています。

 

一方で、資格が必要なかったり、ノルマがなかったりと、未経験の50代でも働きやすい職種です。

 

東京オリンピックを控えていることや、ホームセキュリティの導入増加など、警備員は今後も需要の高まる職種と言えます。

労働条件や仕事内容が合えば、再就職先として候補に挙げるのも良いでしょう。

総合管理職

50代の再就職の代表的なものに、総合管理職があります。

 

会社の規模や職務内容によって、名前や権限は異なりますが、

などが仕事内容に上げられます。

 

他職種よりも待遇が良く、過去に管理職としての経験がある人は採用されやすいでしょう。

 

キャリアを活かした再就職をしたい方にオススメの職種です。

知っておこう!「50代の再就職率」50代の再就職を成功させる5つのポイント

50代の再就職は難しいとお話ししましたが、採用されやすい職種に目を向けることでまだまだ働けるチャンスはあります。

 

ここでは、50代の再就職を成功させる5つのポイントについて確認しましょう。

  1. 視野を広く持つ
  2. 雇用形態を絞らない
  3. 需要の高い企業・業界・職種を狙う
  4. アドバイザーの意見を参考にする
  5. 人脈を使う

 

1つずつ詳しく紹介します。

①視野を広く持つ

50代で再就職する場合、視野を広く持つことが重要です。

 

ここまでお話しした通り、20〜40代に比べて転職が難しいので、職種や業界など今まで検討したことがなかった部分まで含めて仕事先を探してみましょう。

 

これまでの経験やキャリアがどんな風に活かせるか、可能性に注目するのが大切です。

②雇用形態を絞らない

雇用形態を正社員に絞らずに探すのも成功するコツです。

 

マイナビ転職の情報によると、50代の採用状況は正社員と正社員以外で割合があまり変わらないことがわかっています。

マイナビ転職調査_正社員雇用率_2.jpg
(引用:ミドルシニアマガジン | マイナビミドルシニア

 

つまり、正社員だけで再就職先を探すよりも、正社員以外にも目を向けることで仕事先が倍近く増えることになるのです。

 

これまで正社員だけで再就職を考えていた方は、ぜひ契約社員やパート・アルバイトなどの働き方も検討してみてはいかがでしょうか。

③需要の高い企業・業界・職種を狙う

需要の高い企業や業界、職種を狙うのもオススメです。

 

職種に関しては「【シニア起業】おすすめの業種(職種)は?定年後の開業ポイントや資金面も解説」で紹介した通り、興味のある職種があれば積極的に応募してみるといいでしょう。

 

また、定年後におすすめの資格とは?老後の生活にも役立つ資格を厳選してご紹介もあわせてご覧くださいませ。

 

また、50代をはじめとする中高年を積極的に採用している企業に、中小企業やベンチャー企業があります。

 

中小企業・ベンチャー企業は、大企業と比較してどうしても人材確保が難しいのが現状です。

そのため、年功序列制度ではなく、自社に必要な経験・スキルを持つ人材を積極的に採用する傾向が高くなっています。

④アドバイザーの意見を参考にする

再就職活動を行う際に転職サイトを使うのであれば、アドバイザーを活用するのもオススメです。

 

異業界の職種で再就職する場合は、思っていなかったポジションが希望にマッチしたり、スキル・経験が活きたりする場合があります。

視野を広げるためにも、アドバイザーの専門的な意見は参考にしましょう。

 

加えて、面接対応やアピールポイント、履歴書・職務経歴書の書き方など、再就職に関わる情報を聞く貴重な機会です。

特に、これまで転職経験のない方はわからないことがたくさんあると思います。

 

準備を徹底することで、より再就職の成功に繋がるでしょう。

⑤人脈を使う

これまでのキャリアの中で築いた人間関係から、再就職先を紹介してもらう方法もあります。

 

50代になるまでに築き上げてきた人間関係は、若手が持っていない強みです。

 

あなたのスキルや人柄にあった仕事先を紹介してもらえる可能性も高いでしょう。

 

一方で、紹介を断りにくいという欠点もありますが、希望にあった再就職先が見つかるケースが多いです。

50代の再就職で使うべき転職サービス

再就職をする際に、転職サービスの利用はほぼ必須です。

 

年齢や業界に合わせたサービスを利用することで、より採用に近づけます。

 

50代が再就職する際にオススメの転職サービスは下記の表の通りです。

 

転職サービス 説明
マイナビミドルシニア 中高年(40代・50代・60代)が活躍できる案件を中心に集めた、転職、再就職、アルバイト・パート、派遣の求人・仕事探しを支える求人サイトです。
BIZREACH 厳選した国内外の優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトが届く転職サービスです。
リクルートエージェント 転職支援実績No.1
一般の求人サイトには掲載していない、非公開求人が10万件以上ある転職サービスです。
ケアジョブ 厚生労働省より正式に許可を受けた介護転職支援サービスです。
エントリーから入職後のフォローまで完全無料できます。
ドラEVER 日本最大級のドライバー求人専門サイトです。
地域×給与×勤務時間帯×雇用形態など、自分にあった求人情報を探せます。

 

ぜひ転職サービスを利用して、再就職先を探してみてください。

50代の再就職でよくある疑問と答え

最後に、50代の再就職でよくある疑問と答えを紹介します。

 

 

気になるものがあればぜひチェックしてみてください。

Q.50代で再就職すると年収はいくらになる?

業界・職種にもよりますが、国税庁長官官房企画課の民間給与実態統計調査結果によると平均年収は下記の通りです。

 

 

男女別に見ると、男性が679〜686万円、女性が301〜320万円となっています。

Q.50代の再就職で必要な資格はある?

再就職にあたって必須の資格はありませんが、職種によっては資格が必要なものがあります。

 

例えば、運送業であればトラックの種類ごとの免許が、介護職員として働くのであれば、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修などです。

 

再就職先を検討する際に、必要な資格はあるかどうかはしっかり確認しておきましょう。

 

▼50代におすすめの資格は、下記の記事で詳しくまとめています▼

【50代におすすめの資格5選!】需要が高まる”定年のない”仕事とは?

Q.50代の再就職はコロナ状況下でもできる?

できないことはありませんが、想像以上に難しいと考えておくのが無難です。

 

人手が欲しくても十分に給与を支払える状況にない企業も増えています。

 

採用活動が鈍くなっているので、キャリアやスキルの自己アピールなど、より一層力を入れて取り組む必要があるでしょう。

 

再就職先の仕事に、あなたの力がどう活かせるのか見極めることが大切です。

まとめ

50代の再就職は簡単ではありません。

 

しかし、キャリアを掛け合わせ、採用されやすい職種を見極めていけば再就職は十分できます。

 

50代を積極的に採用している企業も増えてきているので、視野を広げて仕事を探してみてください!

定年後、セカンドキャリアに役立つおすすめの資格や働き方、仕事についてご紹介しています。 →『資格、仕事、働き方』関連記事一覧
トップへ戻る