0120-111-859

image

終活の相談窓口

50代女性のセカンドキャリアで成功した資格や方法とは?有名芸能人の行動から考えてみる

トップ > 50代女性のセカンドキャリアで成功した資格や方法とは?有名芸能人の行動から考えてみる

女性の50代といえば、仕事をしていれば管理職になって定年までの未来への道筋がなんとなくわかってしまったり、子育てをしている人は子供の成長とともに子供の手が離れて自由な時間が増えたりする時期です。

加えて体と心の変化には更年期が訪れたりします。

 

50代って若くもなく、まだまだ老いと言われるにも早い揺らぎの年代ですよね。人生100年時代の折り返し地点が50歳としたら、終わりをどう迎えるのかを考え始めるのも50代です。後悔しない人生を迎えるためにこのままでいいのか?

 

もっと違う道もあったのではないか?と焦り始めるのも50代です。

 

セカンドキャリアを考え、より生き生きした人生をおくりたいと考えるけれど実際にどう動いたらいいのかわからないと不安になってしまうこともありますよね?

この記事では50代女性のセカンドキャリアについて成功した例をご紹介します。

ご自分のセカンドキャリアについてこれからどうするべきかヒントになれば幸いです。

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 50代女性の働き方
  • 50代女性のキャリアチェンジ
  • 50代女性のセカンドキャリアにいい資格
  • 主婦でも見つかる50代女性のセカンドキャリア
  • まとめ

50代女性の働き方

現在50代の女性は、1962~71年生まれ。

働き始めた20代の頃に「男女雇用機会均等法」が成立し、40代後半~50代のときに「女性活躍推進法」が成立した世代です。

 

そんな50代も定年が近づくに連れて、セカンドキャリアを考える時期がきています。

セカンドキャリアとは、「第二の人生における職業」のことをいいます。

 

50代のセカンドキャリアとは、中高年の早期リタイアや定年退職後のキャリアのこと、子育て終了した人生のこと。

 

終身雇用制が崩れ、人生100年時代といわれる現代が到来し、誰もがセカンドキャリアに向き合う時代がやってきているのです。

そうはいってもなかなか新しい世界に踏み出すのは怖いですよね。

ほとんどの方がなんとかしたいけれどどうしていいのかわからない、あるいは怖くて前に進めないのではないでしょうか?

 

筆者も50代ですが、先が見えている温かい場所からあえて寒い場所に出ていく勇気がなかなか持てません。そんなときにいつも心の励みになったのはあえて新しい世界に飛び込んでいった先輩たちの姿です。

そこで50代からセカンドキャリアに挑戦した方の例をみて勇気をもらうことにしましょう。

50代女性のキャリアチェンジ

50代でキャリアチェンジをして成功した方の例をご紹介しましょう。

最初にご紹介するのは、女優のいとうまい子さんのセカンドキャリアです。

 

いとうまい子さんとは

80年代のドラマ、映画、テレビ番組など多方面で活躍した女優。40代半ばで女優業のかたわら、2010年4月から2014年3月まで早稲田大学eスクールの健康福祉科学科で学ぶ。

2016年3月に同大学院人間科学研究科修士課程修了。2016年4月より博士後期課程へ進学し、生命医科学の領域から研究を続ける。

50代になってからは東京大学の研究室と共同で、俗に若返り遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子の研究を始める。

 

いとうまい子さんはちょうど女性の更年期にあたるころにキャリアチェンジを考えて大学で学び直し、新しい人生を開くことができました。

早稲田大学の健康福祉学科で予防医学とロボット工学を学びましたが、予防医療はロボット工学で防ぐことができると考え、企業と一緒に開発したのが、高齢者の健康を支援する「ロボット・ロコピョン」を開発。

 

*最初のロコピョンは旭光電機と共同開発し、現在はエクサウィザーズと共同で次世代ロコピョンを開発

 

いとうさんは高齢化が進むと、足腰が弱って動けなくなる「ロコモティブシンドローム」で寝たきりのお年寄りが増えるという深刻な問題を知ったことが、このロボットを開発したきっかけとなり、人を感知するとロボットがスクワットをするように促し、一緒に正しいスクワットをしてくれるシステムの開発をしています。

 

女優業と両立しながらですからその努力な並大抵なことではなかったと思います。40代半ばで大学進学し、学び、50代になっても予防医療研究を活かした企業との共同開発を手がけるなどの活動を知ると、とても励まされます。

 

 

いとうまい子さんのように50代からの学び直しでもセカンドキャリアになるのは励まされますよね。

50代女性のセカンドキャリアにいい資格

50代のセカンドキャリアにいい資格というものがあるのでしょうか?

もしも何も見つからなくても大丈夫です。ご自身の生活に関わることや健康に関わることでも資格を取得し、仕事につなげることもできます。

 

50代女性は心も体もゆらぐ時期ですよね。自分の体や心に興味を持って資格を取得し、セカンドキャリアとして活躍されているタレントの麻木久仁子さんやと女優の財前直美さんをご紹介します。

麻木久仁子さん

麻木久仁子さんとは

1962年、東京都生まれ。タレントでよくクイズ番組で活躍していましたが、2010年の離婚を機に脳梗塞や乳がんを患うなどして健康第一の生活を考えるようになり、薬膳の勉強をし、国際薬膳師の資格を取得しました。

その後、国際薬膳師 、国際中医専門員 、温活指導士、薬品登録販売者、フードコーディネーターなどの資格を取得。著書に『生命力を足すレシピ』 文響社2018年、『ゆらいだら、薬膳』光文社2018年。

麻木さんはご自身の病気を機に健康を見つめ直し、健康に関する資格を取得されています。NHKのカルチャースクールでも講師をつとめられています。

麻木さんのように自分の体と向き合うことで資格を取得し、セカンドキャリアとして活躍することもできます。

生活に根付いた資格でもセカンドキャリアになりそうです。

財前直美さん

同じように心のことを追求した資格を取得することで終活の仕事をするようになった女優の財前直美さんがいます。

 

財前直見さんとは

1966年生まれ。女優。大分に暮らしの拠点を移し、東京に仕事に通う。

50代に入ってから終活ライフプランナーの資格を取得し、終活を学び、誰でも簡単に作れるエンディングノートを提案した『自分で作るありがとうファイル』光文社2019年を出版している。

財前さんは、心のことも多く学ばれ、他にも「メンタル心理カウンセラー」、「上級心理カウンセラー」、「行動心理士」、「シニアピアカウンセラー」、「エレガンスマナー」の資格をもっています。

50代になって取得された終活の資格は10数年前に義母を看取ったときに遺品整理に困ったのを機に終活を学ばれました。

家族に自分の意思を告げたいと強く思ったことがきっかけだったとのこと。ありがとうファイルというエンディングノートも開発して書籍も出版しています。

財前さんは終活をしたことで人生の備えができて人生を楽しめるようになったとか。

終活の仕事もセカンドキャリアになりますね。

『終活』を仕事にしませんか?
現代は新型コロナの状況下で、世の中の「働き方」が一変しました。 そんな中、今後さらなる需要の拡大が予想される『終活』は、将来性のある資格ともいえます。 新たなスキルを身につけ、自身や家族のサポートにとどまらず、幅広く、多くの方のサポートを行える『終活の資格』。 需要が拡大しつつある『終活』は、withコロナ、アフターコロナに負けない働き方の第一歩となるかもしれません。

主婦でも見つかる50代女性のセカンドキャリア

有名人ばかりを紹介してきたので、セカンドキャリアが成功しているのは芸能人や有名人だからじゃないの?と思われるかもしれません。

いいえ、主婦だったやましたひでこさんは暮らしのことを伝えようと始めたのは55歳のときでした。

 

やましたひでこさんとは

1954年生まれ。一般財団法人断捨離代表。早稲田大学文学部卒業。

在学中に出合ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」をもとにした「断捨離」を日常の「片づけ」に落とし込み、実践可能な自己探訪メソッドを構築。

2001年から断捨離塾を始める。2009年の初の著書『断捨離』マガジンハウスをきっかけに、その実践的メソッドが国内外で幅広く支持される。

 

主婦だったやましたさんが断捨離による片付けを伝える仕事を始めたのは55歳のときだったそうです。

家族の介護や看取りが終わった頃には50代も半ばになっていて、セカンドキャリアとして断捨離の教室を開くために自宅に小さなサロンを作り、最初は8人から始まったとのこと。

今では断捨離という言葉も商標登録されていて、やましたさんといえば断捨離の人というように認識されるほど世の中に断捨離が浸透するようになりましたよね。

やましたさんも最初は主婦でしたが、自分の力で行動したことでセカンドキャリアを切り開いた方です。

 

まとめ

ご紹介した50代の女性は体と心のゆらぎから行動したことがきっかけとなり、セカンドキャリアに踏み出しました。

不安を不安のまま抱えているだけではなく、実際に行動したからこそご紹介した方々のセカンドキャリアは成功したといえるでしょう。

 

セカンドキャリアは定年後に考えればいいというものではなくなりつつあります。

実際に行動した人が年代に関係なく、自分の第二の人生をどう生きるか準備を進められます。

不安になったとき、50代でがんばってセカンドキャリアを取得した先輩のことを思い出し、行動されるきっかけとなれば幸いです。

定年後、セカンドキャリアに役立つおすすめの資格や働き方、仕事についてご紹介しています。 →『資格、仕事、働き方』関連記事一覧
トップへ戻る