0120-111-859

image

終活の相談窓口

【70代が選択できる3つの働き方】仕事の選び方や探す際の注意点を紹介

トップ > 【70代が選択できる3つの働き方】仕事の選び方や探す際の注意点を紹介

「70代で選べる働き方は?」「70代の理想的な働き方や仕事は?」などで悩んでいませんか?

70代になっても働きたい方は近年増えつつありますが、どのような働き方が自分に最適か分からないという方も多いかと思います。

 

結論、70代で選択できる働き方は大きく3つあります。

ただし、理想的な働き方を見つけるためには、自分自身の仕事に対する想いやスキルを見直さなくてはいけません。

 

そこで本記事では、70代という高齢者が選ぶべき理想的な働き方について解説していきます。

70代の方が選ぶべき働き方や、仕事を探していく際の注意点もまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

 

目次(この記事は以下の順番で構成されております)

  • 70代が選択できる3つの働き方を紹介
  • 70代が選ぶべき働き方・仕事とは?
  • 70代で仕事探しをする際の注意点
  • まとめ|【70代が選択できる3つの働き方】仕事の選び方や探す際の注意点を紹介

70代が選択できる3つの働き方を紹介

70代が選択できる3つの働き方を紹介

まずは、70代の方が選べる働き方について見ていきましょう。

 

もし70代に突入しても働きたいと考えるなら、以下の働き方から選ぶ必要があります。

 

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

「再就職」もしくは「再雇用」での正規・非正規社員

70代でも働きたいと考えた場合、「再就職」もしくは「再雇用」を選び、正規もしくは非正規社員として働くという選択肢があります。

 

 

正規社員や非正規社員として働く高齢者は年々増えてきており、70代でも活躍できる環境が整いつつあるのです。

高齢者の正規・非正規従業員の割合(※引用元:高齢者の就業〜総務省統計局〜

 

また、令和3年4月1日に『高年齢者雇用安定法の改正』が行われたことにより、70代の人が就業できる機会も確保できるようになってきました。

そのため、「再就職」もしくは「再雇用」を選び、正規もしくは非正規社員を選ぶという働き方も1つの選択肢としてあげられます。

フリーランス・起業(個人事業主)

会社員としてではなく、独立をして「フリーランス」「起業(法人化)」という働き方もおすすめです。

 

それぞれ自身で事業を起こさなくてはいけませんが、70歳以降にどんな人生を歩みたいかで選択肢が異なります。

 

例えば、フリーランスは自身のスキル次第で仕事が決まるものの、プライベートの時間を自身で調整しやすいのが特徴的です。

次にお店を建てたりする起業(個人事業主)の場合は、自身がやりたい事業を自由に選択できる反面、プライベートでの時間を確保しづらいというデメリットもあります。

 

70代で独立をする場合は、「どんな人生を歩んでいきたいのか」を考えなくてはいけないので、選ぶ際には注意しましょう。

好きなことをしてお金を得る働き方

現代ならではの働き方として、「好きなことをしてお金を得る」というやり方も注目を集めています。

 

例えば、自身の趣味を楽しんでいる動画を撮影してYouTubeにUPすれば、広告収入を得ることが可能です。

他にも、自身の知識やノウハウをブログに書けば、同じく広告収入を得るという方法もあります。

 

自身の趣味や得意分野が仕事になるので、新たな働き方として覚えておくとよいでしょう。

70代が選ぶべき働き方・仕事は?

70代が選ぶべき働き方・仕事は?

ここまで、70代が選択できる3つの働き方について紹介してきました。

では現実問題として、70代の理想的な働き方や仕事とはどのようにして選ぶべきなのでしょうか?

 

以下に、仕事の選び方についてまとめました。

それぞれ詳しく解説していきます。

高齢者が働きやすい仕事を選ぶ

70代でも働きたいと考えるなら、できる限り高齢者が働きやすい仕事や職場を選ぶようにしましょう。

なぜなら、70代ともなると身体を気遣う必要があり、収入面ではなく身体にどれだけ負担をかけずに働くかを考えなくてはいけないからです。

 

例えば、高齢者が働きやすい仕事や職場の事例をあげると、以下の通りとなります。

 

70代で仕事をしていくなら、まずは働きやすさを第一に考えなくてはいけません。

そのため、まずは自分にとってどういった環境が働きやすいのか考えてから、最適な仕事・職場を選ぶようにしていきましょう。

自分のスキルや知識が活かせる仕事を選ぶ

自分のスキルや知識を活かして仕事を選んでいく方法もおすすめです。

現実問題として、70代になってから新たに仕事を探すのは難しい部分があります。

 

しかし、企業に役立つパソコンスキルや専門的なスキルを持っているなら、即戦力としての活躍が期待できるでしょう。

また、長年培ってきた知識をふんだんに活用していけば、会社の役員を目指したり自身で事業を起こすことも不可能ではありません。

 

改めて自分が持っているスキルや知識を洗い出していき、どんな仕事なら活かせられるかを考えていきましょう。

自分の目的に合わせて仕事を選ぶ

自分の目的に合わせて仕事を選ぶのも、1つの方法としてあげられます。

70代でも仕事をする人の中には、「目的があるから仕事を続けている」という方も少なくありません。

 

例えば、70代で仕事をする目的の事例をあげると以下の通りとなります。

人によって70代で働く目的はさまざまなので、目的に合わせて仕事を選んでいくことが大切です。

 

「どうして70代でも仕事を続けたいと考えているのか?」などを自分自身に問い詰めていき、目的に合わせた働き方や仕事を選んでいくようにしましょう。

 

70代で仕事探しをする際の注意点

70代で仕事探しをする際の注意点

ここまで仕事の選び方について解説してきましたが、70代で仕事を探す際にはいくつか注意点があります。

 

まとめると、以下の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

条件の良すぎる求人や仕事は避ける

70代でも仕事を続けていきたいなら、条件の良すぎる求人や仕事は避けましょう。

 

ハローワークやシルバー人材センターが紹介する仕事を見ていくと「高収入」「初心者歓迎」など待遇の良い求人や案件が多く見られます。

しかし、待遇が良すぎる仕事には「職場の人間関係が悪い」「人手がいない」などの悪条件が揃っている場合もあるのです。

ハローワークやシルバー人材センターを活用する際には、必ず職員に相談してから決めるよにしましょう。

 

また、インターネットで仕事を探す場合には、職場の口コミや公式サイトを見て応募するかを判断するのがおすすめです。

働き方だけでなく生き方についても考える

働き方もそうですが、これからの生き方についてもしっかりと考えておきましょう。

 

高齢者でも働ける環境が整ってきているとは言え、仕事ばかりの人生では余生を楽しむことはできません。

仕事をすることで充実感を得られるなら問題ありませんが、時間は有限です。

 

残された時間を仕事に費やすのか、趣味を楽しんだりパートナーと一緒にいる時間を楽しむかで生き方は大きく変化します。

なので、自分自身で残りの時間をどう過ごしたいかを考えていき、働き方と一緒に生き方を考えていくようにしましょう。

自身が持っているスキルや習得したいスキルの把握

もしこれから仕事を探していくなら、自身が持っているスキルや習得したいスキルの把握をしておきましょう。

70代ともなると、さまざまな経験を積んできていることから仕事に役立つスキルを持ち合わせています。

 

しかし、中には仕事に役立たないスキルや人の役に立たないスキルが含まれていることも少なくありません。

 

あくまで70代の方が仕事を続けるなら、「お金を得るためのスキル」や「人の役に立つスキル」が求められます。

そのため自身が今まで習得したスキルを洗い出していき、必要なスキルがないなら習得に励むようにしていきましょう。

 

まとめ|【70代が選択できる3つの働き方】仕事の選び方や探す際の注意点を紹介

70代が選択できる3つの働き方や仕事の選び方、仕事を探す際の注意点についてまとめていきました。

 

70代で仕事を探していきたいと考える方は増えてきていますが、働き方だけではなく生き方についても考えなくてはいけません。

 

残された時間を少しでも楽しむためにも、ぜひ自分らしい働き方や生き方を見つけて見てください。

トップへ戻る