お気軽にご相談ください

遺産が確定した後の相続や名義変更などの手続きについて

 
この記事を書いている人 - WRITER -

家族がなくなり、やらなければいけない手続きや届け出が終わると、次は遺産相続の手続きが待っています

 

ここでは、遺産分割協議がまとまり、誰が相続するのか確定した後の手続きについて解説していきます。

遺産相続では名義変更をしたり面倒な手続きが山ほどありますが、大まかな流れを把握し、進めていくことが大切です。

竹内

 

今回は

  1. 金融機関の口座相続手続き
  2. 生命保険の保険金の受け取り
  3. 自動車の名義変更
  4. 不動産相続について
  5. 住宅ローンと団体信用生命保険
  6. 会員権や債務の手続き

 

について一つ一つ詳しく解説していきますね!

 

 

1:金融機関の口座相続手続き

 

金融機関の口座を相続するためには、まず口座名義人(故人)が亡くなって、相続が発生することを電話や窓口で伝えましょう。

 

すると、口座は凍結され、入出金等ができなくなります。

ここまでの手続きは、亡くなられてから出来るだけ早く行うようにしましょう。

竹内

この時、口座振替で支払われているものがある場合、凍結されることによって引き落としできなくなりますので、支払いの切り替えを行ったり、自動引き落としされているものに関しては停止の手続きを行いましょう。

 

口座を凍結する日と、口座振替の手続きを行う日の関係で、「引き落としができませんでした」という通知が届く場合がありますので、故人の郵便物はこまめにチェックしておきましょう。

 

相続手続きでは、金融機関で所定の届け出用紙の提出を求められます。

 

一般的に必要な書類は以下の通りです。

遺言書がある場合に必要なもの

相続届

遺言書

相続関係を確認できる戸籍謄本など

相続する人の印鑑証明書

遺産分割協議書がある場合に必要なもの

相続届

遺産分割協議書

相続関係を確認できる戸籍謄本など

相続する人の印鑑証明書

 

ゆうちょ銀行の相続手続きも、基本的に金融機関の手続きと同じです。

 

ゆうちょ銀行のウェブサイトでは『相続確認表 』をダウンロードできますので、まずはこちらを確認してみてください。

 

提出すると「必要書類のご案内」が相続人宛に送られてきます。

 

2:生命保険の保険金受け取り

死亡に伴い保険金が発生する場合があります。

 

その場合、一般的な相続手続きとは異なり、保険金の受取人が指定されている場合は、原則としてその受取人が保険金を受け取ることとなります。

 

相続人が保険金を受け取る場合

  • 具体的に受取人が指定されていない場合
  • 保険金の受取人が先に死亡している場合

上記の場合、相続人が保険金を受け取ることになります。

 

保険の約款を確認してみましょう

高桑

 

保険金は請求しないと受け取ることができませんので、必要な書類を提出し手続きを行います。

 

3:自動車の名義変更

故人が生前乗っていた自動車を相続するときは、まず相続人名義にするための移転登録という手続きが必要となります。

 

名義変更は、ナンバープレートを交付している管轄の陸運局に移転登録の申請書を提出します。

 

名義変更(移転登録)の時に必要となる書類は以下の通りです。

  • 自動車税申告書
  • 遺産分割協議書
  • 戸籍謄本
  • 自動車検査証
  • 車庫証明書
  • 手数料納付書

 

自動車を売却したり廃車にする場合にも、一旦、相続人に名義変更して引き継ぐ必要があります。

竹内

 

4:不動産相続について

故人が不動産を所有していた場合、相続の手続きが必要となります。

 

不動産を管轄する法務局で登記申請を行います。

 

登記申請について

法務局に所有権移転登記申請書を提出します。

 

登記申請を行うには、登録免許税というものが必要で、課税価格の0.4%が費用となります。

 

登記登録完了までは申請から1〜2週間程度かかります。

 

不動産を売却する場合でも、一旦相続人に名義変更しなくてはなりません

竹内

 

5:住宅ローンと団体信用生命保険

故人が住宅ローンを組んでいた場合、残ったローンは一体どうなるのでしょうか?

 

住宅ローンを組んでいる方ならご存知かと思いますが、ローンを組む場合、団体信用生命保険(団信)に加入する方は多いと思います。

 

団体信用生命保険とは、ローンの契約者が死亡した場合、生命保険会社が代わりに残ったローンを支払って完済となる仕組みの保険のことを言います。

 

まずは保険金の請求を行います。その際「団信弁済届」 が必要となります。これは金融機関から受け取ることができます

高桑

 

団信弁済届」を提出したら、保険金についての審査が成されます。

1〜2ヶ月程度の時間がかかる場合もあります。

 

団体信用生命保険(団信)によりローンが完済されると、次に、『抵当権抹消登記』を行います。

 

『抵当権抹消登記』とは、登記事項証明書の『抵当権』を抹消するための登記申請のことを言います。ちなみに抵当権とは

 

抵当権とは、住宅ローンなどを借りるときに、購入する住宅の土地と建物に金融機関が設定する権利のこと。いわゆる「担保にとる」というときの担保と同じ意味

引用元:スーモ

 

[st-kaiwa1]故人に債務(ローン)があった場合、それも相続人が継承することになるので困ってしまいますが、このような仕組みがあると助かりますね。[/st-kaiwa1]

 

6:会員権や動産類の手続き

リゾートホテルなどの会員権や宝石や絵画、パソコンやテレビなどの動産類。NTTの電話加入権なども相続の手続きが必要となる場合があります。

 

リゾートホテルやゴルフ場の会員権などでは、これまでと同様、名義変更の手続きを行います。

 

意外に多いのが、

  • パソコン
  • テレビ
  • 宝石
  • 着物
  • 絵画

など、財産的価値のある動産類の相続です。

 

故人が遺言書に事細かに書いていた場合はスムーズに引き継ぎできるのですが、ない場合は誰が引き継ぐのか決める必要があります。

財産的価値が高ければ高いほど、トラブルとなるケースが多いようです。

竹内

 

また、固定電話の加入権も相続財産に当たります。

 

NTTのウェブサイトで『電話加入権等継承・改称届出書』をダウンロードすることが出来るので、この書類を加入権センターへ郵送しましょう。

 

 

※NTTのウェブサイトへリンクされています。

 

まとめ:遺産が確定した後の相続や名義変更などの手続きについて

 

遺産が確定した後の手続きは期限の決められていないものも多いため、葬儀からバタバタと休みなしに動いてきた人にとっては、つい後回しになってしまいがちです。

 

しかし、いつまでもそのままには出来ないので、落ち着いたところで手続きを進めていきましょう!

 

相続の手続きには、共通して必要な書類(戸籍謄本、印鑑証明書など)もありますので、書類が必要となる手続きをあらかじめ把握し、まとめて取得するとスムーズに行えます。

 

▼次はこちらの記事がおすすめ!▼

家族が亡くなった後(死亡後)の手続きと届け出〜確認すること・行うことリスト

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2019 All Rights Reserved.