お気軽にお電話ください(年中無休:10時~17時)

【徹底解説!】遺言書(自筆・公正・秘密)証書遺言の書き方【法務局保管にも対応】

WRITER
 

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

記事監修者:一般社団法人終活協議会代表理事:竹内義彦

この記事を書いている人 - WRITER -

自分が亡くなったあとのことを考えて、遺言書を作る方が増えています。

 

とはいっても、遺言書なんてドラマの中のイメージで、実際にどうやって書けばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は遺言書の書き方について解説します。

 

3種類ある遺言書(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密遺言証書)の方式。それぞれの特徴や保管方法、書き方なども詳しく解説していきますので、自分に合う方法を選んでみてくださいね!

遺言書の種類

遺言書
遺言書には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。どの遺言書の種類が良いか確認するために、特徴や保管方法を比較してみましょう。

自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
特徴 ・遺言者が自筆で作成する遺言書。

・費用をかけずに手軽に作成できる。

・形式を守らないと、相続で無効になる恐れがある。

・遺言者が決めた相続内容をもとに、公証人が文書にしてくれる遺言書。有効性のある遺言を作成できる。

・自筆できない場合でも、遺言書が作成できる。

​・遺言者の真意を確保するため、証人2人の立会いが必要。

・遺言書の内容を秘密にして「遺言がある」という証明だけを行ってもらう。

・パソコンや代筆での作成が可能。

・相続法の改正もあり、利用者数は減少傾向にある。

保管方法 自宅もしくは法務局で保管。 公証役場にて保管。 自宅で保管。
相続時 ・自宅保管時には、家庭裁判所の検認手続きが必要。

・法務局で保管した場合は、検認不要で相続手続きが可能。

検認不要で相続手続きが可能。 家庭裁判所の検認手続きが必要。
おすすめの人 ・自分で手軽に作ってみたい人。

・ライフステージに応じて、内容の見直しをしたい人。

・遺言内容を人に知られたくない人。

・財産が複雑で、自分で遺言を書くのが不安な人。

・法的不備を回避したい人。

・自筆するのがむずかしい人。

・病院や自宅まで手続きに来て欲しい人。

・遺言内容を人に知られたくない人。

・自筆で全文書くのがむずかしい人。

検認手続きとは
遺言書は、「家庭裁判所において相続人の立会いの下で開封しなければならない」と法律で定められています。遺言書は、勝手にあけてはいけません。

 

検認手続きとは、家庭裁判所で遺言書を開封し,遺言書の内容を明確にして、偽造・変造を防止するための手続きのことです。

 

通常、この検認手続きには、2~3ヵ月ほど時間がかかります。

※検認手続きにおいて、遺言の有効・無効については判断なされません。

ひとまず「相続の意思を伝えたい!」と思っている方は、「自筆証書遺言」の作成がおすすめです。

 

まずは、自筆証書遺言の書き方について解説していきます。

自筆証書遺言の書き方

自筆で書く自筆証書遺言には、気軽につくれるメリットがあります。

 

2020年7月より、法務局の遺言保管所に保管が可能になり、形式不備による無効、遺言書の紛失などが防げるようになりました。

 

今回は、法務局に保管する前提で、自筆証書遺言の書き方についてご説明いたします。

自筆証書遺言のために用意するもの

作成に必要なものは、下記の3つです。

  • ペン:油性ボールペン・万年筆など、消えないペンを使用しましょう
  • 用紙:A4サイズで、文字がはっきり見える無地の紙を使いましょう。
  • 印鑑:実印・認印どちらでも使用可能ですが、シャチハタなどのスタンプ印は避けてください。
法務局での保管制度を利用するためには、様式に決まりがあります。下記注意事項をご確認ください。


(出典元:法務局|遺言書の様式の注意事項

様式について不安な方は、下記法務局ホームページよりダウンロードして印刷すれば安心です。
法務局|06:自筆証書遺言書の様式について

また、遺言書に適した便せんや書き方の解説書がセットになっている、遺言書作成キットを利用してみても良いでしょう。

自筆証書遺言の文例

遺言書は、縦書きでも横書きでもかまいません。
下記例文を参考に、必要な情報を正確に書きましょう。

遺言書

私、遺言者〇〇〇〇は次通り遺言する。

第1条  妻△△△△(昭和〇〇年〇月〇日生)に次の不動産を相続させる。

所  在  渋川市○町○丁目
地  番  ○番○
地  目  宅  地
地  積  ○○・○○㎡

所  在  渋川市○町○丁目 ○番地○
家屋番号  ○番○
種  類  居  宅
構  造  木造スレート葺2階建
床 面 積   1階 ○○・○○㎡
2階 ○○・○○㎡

第2条 長男△△△△(昭和〇〇年〇月〇日生)に次の預貯金を相続させる。

○○銀行 渋川支店 普通預金 口座番号○○○○○○○

ゆうちょ銀行 通常貯金 記号 ○○  番号 ○○○○○○

第3条 私はこの遺言書の執行者として下記の者を指名する。

住所 群馬県渋川市〇〇〇〇町○○○○番地

氏名 ○○○○

 

平成○○年○○月○○日

群馬県渋川市〇〇〇〇町○○○○番地

遺言者 ○○○○  印

(引用元:相続・遺言専門の司法書士事務所

遺言執行者とは

遺言書の内容どおり、スムーズに相続が進むように手続きを行う人です。
遺言書を書く上で、必ず指名する必要はありません。(認知や推定相続人の廃除を行う場合は、法律上必須となります)

遺言書を書く上での、注意事項を説明いたします。

全文を自筆で書きましょう

自筆証書遺言は、その名のとおり自分で書く遺言書です。

  • たとえ家族であっても、代筆は無効
  • 本人の署名・押印があったとしても、パソコンでの作成は無効
  • 録音した音声での遺言も無効

と、なります。

最初から最後まで、ご自身で自筆・押印して作成しましょう。

財産目録(不動産や預貯金などの財産を一覧にしたもの)は、パソコンでの作成が可能です。通帳のコピーなども、財産目録として利用できます。
ただし、すべてのページに自筆での署名・押印が必要ですので、忘れないようにしましょう。


(出典元:法務局|遺言書の様式の注意事項

作成年月日と氏名をきちんと書きましょう

作成年月日は、〇年〇月〇日までしっかりと書きます。和暦でも西暦でも問題ありませんが、〇月吉日など、あいまいな日付は無効となりますのでご注意ください。

 

同様に、氏名についても全部書く必要があります。ご自身はもちろん、相続人についてもきちんとフルネームで書くようにしましょう。

 

財産目録や通帳のコピーなどを準備した場合は、そちらにも署名・押印が必要です。

押印をしましょう

押印を忘れないようにしましょう。財産目録や通帳のコピーなどを準備した場合は、そちらにも押印をお忘れなく。
実印でも認印でも問題ありませんが、シャチハタなどのスタンプ印は避けましょう。

書き間違えたときの訂正は複雑なので、書き直しが安心です

書き間違えたときは、その場所が分かるように記載して署名し、訂正箇所にも押印が必要です。複数個所にわたる訂正で遺言書が分かりづらい場合や、遺言書が無効にならないか心配な場合は、すべて書き直すことをおすすめします。

自筆証書遺言作成の流れ

自筆証書遺言作成の流れは、以下のとおりです。

①遺言書の内容を決める
所有する不動産や預貯金などをまとめる、財産目録を作成すると良いでしょう。
財産目録はパソコンで作成できます。また、通帳のコピーでも問題ありません。
②下書きを書いてから清書する
遺言書の訂正は難しいため、訂正しないために下書きをしっかりしましょう。
③自宅もしくは法務局で保管する
遺族の負担軽減・遺言書の改ざん防止のためにも、法務局への保管が安全です。

法務局への保管申請については、次の項目で詳しく解説いたします。

自筆証書遺言書保管制度

2020年7月より、自筆証書遺言書保管制度がはじまりました。自筆証書遺言が、法務局の遺言保管所で保管してもらえるようになったのです。


(出典:東京法務局|自筆証書遺言書保管制度の利用をお考えの方へ

この自筆証書遺言書保管制度を利用することで、下記のようなメリットがあります。

  • 紛失したり、発見されないままになったりする事態を防止できる
  • 他人に遺言書を見られずに保管できる
  • 遺言書に必要な形式を確認してもらえる(※)
  • 検認手続きが不要になり、家族や相続人の負担が軽減できる

(※外形的な形式の確認のみで、遺言書の内容は確認されません)

それでは、そんな有用な自筆証書遺言書保管制度の利用方法をご紹介します。

①自筆証書遺言を書く
先ほど解説した内容にそって準備しましょう。
②どこの遺言書保管所に保管するか決める

  • ご自身の本籍地
  • ご自身の住所地
  • ご自身の所有する不動産の住所地

上記いずれかの遺言書保管所に申請できます。

③申請書を作成する
申請書は窓口でもらうほか、法務局ホームページよりダウンロードが可能です。
法務局|05:自筆証書遺言書保管制度で使用する申請書等
③保管の予約をする
下記のホームページのほか、管轄の法務局へ電話でも予約可能です。
ネット予約:法務局手続き案内予約サービス
電話予約:全国の法務局(遺言書保管所)一覧
⑤保管の申請をおこなう
下記のものを持って、予約日時に法務局の遺言書保管所に行って申請します。

  • 自筆証書遺言書(用紙の大きさはA4片面で、ホッチキス止め不可、封筒不要。)
  • 申請書
  • 添付書類(本籍の記載のある作成後3ヶ月以内の住民票の写しなど)
  • 本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証などの顔写真付)
  • 手数料 3,900円

※遺言者本人が直接窓口で申請すること。

⑥保管証を受け取る
保管証には、遺言者の氏名、生年月日、遺言書保管所の名称ならびに保管番号が記載されています。
※閲覧や撤回などの手続きには、保管番号が必要です。大切に保管しておきましょう。

自宅で保管するよりも、安心できる自筆証書遺言書保管制度。ぜひ活用したいですね。

公正証書遺言の書き方

続いては、公正証書遺言の書き方を紹介します。
公正証書遺言は、公証人に依頼し、証人2人を同行した上で、遺言について公証人に伝え書面に残す方法です。

 

書き方と申し上げましたが、公正証書遺言についてはご自身で書く必要がありません。公証役場へ行き、公証人に対し自分が考えている遺言の内容を伝えれば、公証人がその内容を書面(公正証書)にしてくれます。

 

公証人は、長年、裁判官や検察官などの法律実務に携わってきた法律の専門家です。遺言が複雑な内容であっても、法律的に見てきちんと内容を整理して書面にしてくれます。その分、費用や時間がかかりますが、遺言が無効になるおそれもありませんので、安全確実な遺言方法であるといえますね。

 

また、病気などで公証役場へ出て行けないときには、公証人に自宅や病院に出張してもらうこともできます。病気で自筆が難しい・公証役場にいくのが難しい、そういった面でご不安な方にもおすすめ方法です。

 

公正証書遺言は、公証人や証人に立ち会ってもらう必要があり、遺言内容が漏れる心配があるとお考えの方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、そこはご安心ください。

 

公証人には、法律上の守秘義務が課されています。同様に、公証人を補助する書記も、職務で知った秘密を他に漏らさないことを宣誓し、採用されています。

 

証人についても、他に漏らさないように表明しなくとも、民法上の秘密保持義務があると考えて良いでしょう。(参考:日本公証人連合会|Q. 遺言は、どのような手続きでするのですか?

以上のことから、公正証書遺言は、確実に秘密を守ることができる遺言といえるでしょう。安心してご利用ください。

公正証書遺言の手続き方法

公正証書遺言の手続きについて、流れを紹介します。

①公証役場に相談の予約をする
ご自身が出向く場合は、全国どこの公証役場でも作成可能です。お住まいに近い場所が便利でしょう。
日本公証人連合会|公証役場一覧
②公証役場に相談に行く
下記のような書類を揃えていくと、スムーズに進みます。

  • 遺言者本人の本人確認資料(戸籍謄本、運転免許証などの顔写真入りの公的機関の発行した証明書のいずれか一つ。)
  • 遺言者と相続人との続柄が分かる戸籍謄本
  • 財産を相続人以外の人に遺贈する場合には、その人の住民票(法人の場合には資格証明書)
  • 財産の中に不動産がある場合には、その登記事項証明書(登記簿謄本)と、固定資産評価証明書又は固定資産税・都市計画税の課税明細書
  • 遺言者の方で証人を用意する場合、証人予定者のお名前、住所、生年月日及び職業をメモしたもの

遺言の内容によって異なる場合もありますので、予約時に確認しておきましょう。

③不足書類を送付
足りなかった書類を持参、郵送などで送付します。
④公証人が作成した原案を確認する。
遺言の内容・役場の混み具合等にもよりますが、2~3日から1週間ほどかかります。
⑤公証役場において署名・捺印
自身で証人を手配する場合は、証人とともに公証役場に行き、手続きを行いましょう。
実印を持参します。
証人は、運転免許証もしくは健康保険証などの氏名・住所・生年月日を確認することができる資料と認印を持参する必要があります。

このように公正証書遺言はご自身での手続きが可能です。しかしながら、本人からの聞き取りでの作成となりますので、財産に関して取りこぼす可能性は否定できません。

  • お持ちの財産が複雑である
  • 不動産の把握に自信がない

などのご事情があるようでしたら、事前に弁護士や司法書士などの専門家に相談を検討してみてはいかがでしょうか。別途費用はかかりますが、より安心につながるでしょう。

公正証書遺言に関わる手数料

公正証書遺言の作成費用は、遺言の目的になる財産の価額によって変わります。

 

公証人手数料令第9条別表にて、以下のとおり基準が定められています。

目的の価額 手数料
100万円以下 5,000円
100万円を超え200万円以下 7,000円
200万円を超え500万円以下 11,000円
500万円を超え1,000万円以下 17,000円
1,000万円を超え3,000万円以下 23,000円
3,000万円を超え5,000万円以下 29,000円
5,000万円を超え1億円以下 43,000円
1億円を超え3億円以下 4万3,000円に超過額5,000万円までごとに1万3,000円を加算した額
3億円を超え10億円以下 9万5,000円に超過額5,000万円までごとに1万1,000円を加算した額
10億円を超える場合 24万9,000円に超過額5,000万円までごとに8,000円を加算した額

上記の基準に、遺言加算や正本や謄本の交付手数料など、さまざまな加算事項があります。具体的な手数料については、それぞれの公証役場にてご確認ください。

公正証書遺言の文例

公証人が書面にしてくれますので、ご自身では文面を意識しなくてもかまいません。

 

一例として、下記のような書面にまとめてくれます。どのような資料を準備しておけば良いか、把握するひとつの材料としてご確認ください。


(出典:りそな銀行|公正証書遺言とは

公正証書遺言作成時の証人(立ち合い人)について

証人については、ご自分で知り合いにお願いしても良いですが、信頼できる人にお願いするようにしましょう。
証人になれない人は以下のとおりです。

証人になれない人

  • 未成年者
  • 推定相続人および受遺者(遺産を受け取る人)やこれらの配偶者及び直系血族
  • 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

証人に心当たりがない方は、費用がかかりますが公証役場で紹介してもらうことも可能です。

秘密証書遺言の書き方

秘密証書遺言は、遺言があるということを証明する方法です。

 

自筆証書遺言の法務局保管制度がはじまったこともあり、利用される方の減少が見込まれます。しかしながら、秘密証書遺言はパソコンや代筆での作成が可能ですので、自筆証書遺言を自筆する力がない方にも作成できるメリットがあります。

書き方・文例は自筆証書遺言と同様です。文面はパソコンや代筆での作成は可能ですが、署名・押印はご自身で行ってください。

 

手続きの流れを確認してみましょう。

①自筆証書遺言と同様に遺言を作成し、遺言者が署名・押印をする
②遺言書を封筒に入れ、遺言者が遺言で用いた印で封印をする。
③公証役場にて、公証人と証人2人以上の前に封筒を提出し、自己の遺言であることと氏名住所を伝えます。
④公証人が、その遺言に提出した日付及び、遺言の申述(自己の遺言であること及び氏名住所)を封筒に記載し、公証人、証人、遺言作成者本人が封筒に署名押印します。
⑤ご自身で遺言書を保管する。

このように、秘密証書遺言は誰にも遺言の内容を公開せずに遺言を作成でき、かつ遺言の存在を証明できます。しかし、内容について公証人は確認しませんので、不備がある場合は遺言書が無効になる恐れがあります。

 

2020年7月に自筆証書遺言の法務局保管制度がはじまったこともあり、遺言書の存在だけを証明したい場合は、自筆証書遺言がおすすめです。

秘密証書遺言は、相続開始後に遺言の検認を家庭裁判所に請求しなくてはいけない点に注意しましょう。

秘密証書遺言の手数料

公証役場にて手続きを行う際の手数料は、11,000円です。

遺言書でお悩みのときは

近年、さまざまな家族のかたちがあります。遺言書ひとつとっても「事実婚の相手に相続したい」「老後の面倒をみてくれている息子の嫁にも渡したい」など、さまざまな希望があることでしょう。

 

そんなときは、弁護士・司法書士などの専門家への相談をおすすめします。

 

当サイト「終活の相談窓口」を運営しております一般社団法人 終活協議会でも、遺言書はもちろん、生前整理や、医療、介護、お墓などの終活全般に関わるご相談を承っております。

遺言書で何かご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください

動画でも、遺言書の書き方や遺言書について解説しています。あわせてご覧ください!

まとめ:【徹底解説!】遺言書(自筆・公正・秘密遺言証書)の書き方【法務局保管にも対応】

今回は、遺言書の書き方について解説しました。

 

「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」それぞれに特徴がありますので、ご自身に合う遺言書の種類を選んで、あなたの意思を遺言書にまとめてみましょう。

 

いずれの場合でも、ご家族や相続人に「遺言書がある」旨を伝えることをお忘れなく。せっかく残した遺言書、あなたの意思が伝わらないままでは悲しいですよね。

  • 法務局に保管してある
  • 公証役場に確認して欲しい
  • 自宅のここに封をして保管してあるから、検認するまで開封してはいけない

 

など、分かりやすいように伝えておきましょう。残された家族のことを考えて、遺言書の作成に取り組んでみてくださいね!

相続やお金のことについてさらに詳しく知りたい方は

相続関連記事一覧 

「終活の相談窓口」では終活に関する様々なサポートを行なっております。

竹内

  • エンディングノートの書き方サポート
  • 終活に関するご相談(無料)
  • おひとりさまの終活サポート

終活に関するご相談は以下からお願いいたします。

無料で受けられる「終活ガイド初級」で、終活の基礎知識を学びませんか?

エンディングノートの細かな部分をしっかり理解し、”『エンディングノート』を通じて豊かな人生のお手伝いをする”やり甲斐、使命感を感じられる仕事『エンディングノート認定講師講座』については以下をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 終活の相談窓口 , 2021 All Rights Reserved.